ハイブリッド版「アウディA6」日本上陸

2012.09.24 自動車ニュース

ハイブリッド版「アウディA6」日本上陸

アウディジャパンは2012年9月24日、プレミアムミディアムセダン「A6」にフルハイブリッドシステムを搭載した「A6ハイブリッド」を日本に導入、同日販売を開始した。

■2リッター直4エンジンとモーターの組み合わせ

エンジンの“ダウンサイジング”やトランスミッションの効率化、ボディーの軽量化などにより、積極的に燃費向上を図るアウディが、さらなる低燃費を目指し取り組むのがハイブリッド技術だ。それに伴ない日本に導入されるのがこの「A6ハイブリッド」である。

アッパーミディアムクラスのボディーに、211ps/35.7kgmの2リッター直列4気筒直噴ターボと、54ps/21.4gkmの電気モーターを搭載。システム合計では245ps/49.0kgmを達成する。6気筒エンジン並みのパワーを、8段オートマチックにより前輪に伝える。

トルクコンバーターの代わりにクラッチと電気モーターからなるハイブリッドユニットが搭載され、モーターはエンジンのアシストや、制動時のエネルギーを回収する回生ブレーキとして機能する。
さらに、モーターだけで走る「EVモード」にも対応。EVモードでは、最高100km/hまでスピードを上げることができ、また、60km/hの定速なら最大3kmのEV走行が可能である。

容量1.3kWhのリチウムイオンバッテリーはラゲッジスペース下に搭載。そのぶん、通常のセダンに比べてラゲッジ容量は減少するが、それでも375リッターの広さを確保。リアシートを倒せば最大850リッターまで拡大することができる。

ハイブリッドシステムの運転状況は、メーターパネル内のディスプレイやダッシュボード中央にある“MMIモニター”により確認が可能。気になる燃費は13.8km/リッター(JC08モード)を達成する。

装備は、LEDヘッドライトと電動ガラスサンルーフを標準装着するほか、オーディオとカーナビを統合した「MMI」やBOSEサラウンドサウンドシステム、レザーシート、4ゾーンオートエアコンなど、プレミアムミディアムセダンにふさわしい内容を誇る。

価格は690万円で、「A6 2.8 FSI クワトロ」(610万円)と「A6 3.0 TFSI クワトロ」(835万円)のギャップを埋める存在となる。

アウディジャパンは、このA6ハイブリッドに続き、「Q5」や「A8」にもハイブリッドモデルを追加する予定だ。ハイブリッドレーサーで2012年のルマン24時間を制したアウディが、市販車でもハイブリッドのイメージを強めたい考えだ。

(文=生方聡)


ハイブリッド版「アウディA6」日本上陸の画像
エンジンおよびドライブトレーンは、アウディならではの縦置きを踏襲。駆動方式はFF。リアアクスル上に駆動用バッテリーを搭載する。
エンジンおよびドライブトレーンは、アウディならではの縦置きを踏襲。駆動方式はFF。リアアクスル上に駆動用バッテリーを搭載する。

ハイブリッド版「アウディA6」日本上陸の画像

関連キーワード:
A6アウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • 5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場 2018.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年2月2日、「メルセデス・ベンツVクラス」のモデルラインナップに「V220dマルコ ポーロ ホライゾン」を追加設定し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年7月ごろとなる見込み。
  • 谷口信輝の新車試乗――アウディRS 5クーペ(後編) 2018.2.1 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が「アウディRS 5クーペ」に試乗。アウディのスポーツマインドを体現した“完全無欠のスポーツクーペ”は、一体どんなドライバーにお薦めか? 意外や谷口はこんなことを考えている!
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
ホームへ戻る