ハイブリッド版「アウディA6」日本上陸

2012.09.24 自動車ニュース

ハイブリッド版「アウディA6」日本上陸

アウディジャパンは2012年9月24日、プレミアムミディアムセダン「A6」にフルハイブリッドシステムを搭載した「A6ハイブリッド」を日本に導入、同日販売を開始した。

■2リッター直4エンジンとモーターの組み合わせ

エンジンの“ダウンサイジング”やトランスミッションの効率化、ボディーの軽量化などにより、積極的に燃費向上を図るアウディが、さらなる低燃費を目指し取り組むのがハイブリッド技術だ。それに伴ない日本に導入されるのがこの「A6ハイブリッド」である。

アッパーミディアムクラスのボディーに、211ps/35.7kgmの2リッター直列4気筒直噴ターボと、54ps/21.4gkmの電気モーターを搭載。システム合計では245ps/49.0kgmを達成する。6気筒エンジン並みのパワーを、8段オートマチックにより前輪に伝える。

トルクコンバーターの代わりにクラッチと電気モーターからなるハイブリッドユニットが搭載され、モーターはエンジンのアシストや、制動時のエネルギーを回収する回生ブレーキとして機能する。
さらに、モーターだけで走る「EVモード」にも対応。EVモードでは、最高100km/hまでスピードを上げることができ、また、60km/hの定速なら最大3kmのEV走行が可能である。

容量1.3kWhのリチウムイオンバッテリーはラゲッジスペース下に搭載。そのぶん、通常のセダンに比べてラゲッジ容量は減少するが、それでも375リッターの広さを確保。リアシートを倒せば最大850リッターまで拡大することができる。

ハイブリッドシステムの運転状況は、メーターパネル内のディスプレイやダッシュボード中央にある“MMIモニター”により確認が可能。気になる燃費は13.8km/リッター(JC08モード)を達成する。

装備は、LEDヘッドライトと電動ガラスサンルーフを標準装着するほか、オーディオとカーナビを統合した「MMI」やBOSEサラウンドサウンドシステム、レザーシート、4ゾーンオートエアコンなど、プレミアムミディアムセダンにふさわしい内容を誇る。

価格は690万円で、「A6 2.8 FSI クワトロ」(610万円)と「A6 3.0 TFSI クワトロ」(835万円)のギャップを埋める存在となる。

アウディジャパンは、このA6ハイブリッドに続き、「Q5」や「A8」にもハイブリッドモデルを追加する予定だ。ハイブリッドレーサーで2012年のルマン24時間を制したアウディが、市販車でもハイブリッドのイメージを強めたい考えだ。

(文=生方聡)


ハイブリッド版「アウディA6」日本上陸の画像
エンジンおよびドライブトレーンは、アウディならではの縦置きを踏襲。駆動方式はFF。リアアクスル上に駆動用バッテリーを搭載する。
エンジンおよびドライブトレーンは、アウディならではの縦置きを踏襲。駆動方式はFF。リアアクスル上に駆動用バッテリーを搭載する。

ハイブリッド版「アウディA6」日本上陸の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • 「アウディTT」にスポーティーさを強調した限定車登場 2017.7.11 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年7月11日、コンパクトスポーツカー「TTクーペ」に特別仕様車「lighting style edition(ライティングスタイルエディション)」を設定し、110台の台数限定で発売した。価格は529万円。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
ホームへ戻る