第18回:気分はセナかジェンソン・バトン!? 
インポーターに聞きました〜マクラーレン編〜

2013.03.18 特集

第18回:気分はセナかジェンソン・バトン!? インポーターに聞きました〜マクラーレン編〜

F1で名をはせる英国の名門マクラーレンが、話題の高性能スポーツカー「MP4-12C」を引っ提げて日本上陸。「MP4-12Cスパイダー」のデリバリー開始や「P1」の発表など、今年の動向も気になるところだが、まずは「そもそもマクラーレンって、どんなメーカーなの?」という話から聞いてみよう。

いま最も注目を集めるブリティッシュ・スーパースポーツ

――2012年はマクラーレンにとってどんな年でしたか?

正規販売拠点がオープンし、「マクラーレンMP4-12C」の販売が開始されるなど、本格的にサービスがスタートした年といえるでしょう。
また10月には、オープンモデルである「マクラーレンMP4-12Cスパイダー」も発表させていただきました。
おかげさまで、受注については当初の計画通りに推移しています。

――日本では昨年デビューしたばかりとのことですが、そもそもマクラーレンとはどんなクルマですか?

フェラーリやランボルギーニとは違う、英国的で非常にまじめな造り込みがプロダクトの特徴といえるでしょう。
例えば上に開くディヘドラルドアは、「ヒンジが1つで済むから、軽量化につながる」という理由で採用されたそうです。モータースポーツを本職とする人が造っているからでしょうか。「EVERY PART TELLS A STORY」という言葉にも表れている通り、本当にクルマに無駄がなく、部品1つ1つに意味が込められています。

お客さまにつきましても、他のスーパーカーブランドと比べると、より「クルマ好き」な方が多いように感じられます。

F1での活躍もあり、日本でも存在自体はよく知られているのですが、ロードカーも造っているということはご存じではない方も多くいらっしゃいます。そういった部分も含めて、まずはブランドの認知度を高めていきたいですね。

――イチオシの車種や今年導入予定のモデルはありますか?

今年(2013年)から日本でのデリバリーが開始になる、リトラクタブルハードトップの「MP4-12Cスパイダー」です(2月にデリバリー開始)。
「MP4-12C」に続くマクラーレン・オートモーティブの第2弾モデルなのですが、オープンモデルであるにも関わらず、最高速度は329km/h、0-100km/h加速は3.1秒(ピレリ Pゼロコルサ装着時)と、クーペにそん色のない優れたパフォーマンスを誇ります。

――全国のwebCG読者に一言お願いします。

マクラーレン・グループは、今年創立50周年を迎えます。この50年の間に、F1をはじめとするレース活動、ハイパフォーマンススポーツカーの開発など、さまざまなことに取り組んできました。
記念すべき年を迎えたマクラーレンに、ぜひ注目してください。

また、一般道路およびサーキットにおける世界最高のドライバーズカー「マクラーレンP1」にもどうぞご期待ください。

(インタビューとまとめ=webCG 堀田/写真=田村弥)

第18回:気分はセナかジェンソン・バトン!? インポーターに聞きました〜マクラーレン編〜
マクラーレン久々のロードカーである「MP4-12C」。カーボン製のシャシーに625psの3.8リッターV8ツインターボを搭載する、ミドシップスーパースポーツだ。
「JAIA合同試乗会2013」 第18回:気分はセナかジェンソン・バトン!? インポーターに聞きました〜マクラーレン編〜
電動ハードトップを備えた「MP4-12Cスパイダー」。重量やボディー剛性などの面で不利なオープンカーでありながら、クーペとほぼ同等に保たれた動力性能が自慢。(写真=マクラーレン・オートモーティブ)
「JAIA合同試乗会2013」 第18回:気分はセナかジェンソン・バトン!? インポーターに聞きました〜マクラーレン編〜
注目の「マクラーレンP1」については、2013年3月のジュネーブショーで詳細が発表された。パワーユニットは3.8リッターV8ツインターボと電動モーターの組み合わせで、最高出力916ps、最大トルク91.8kgmを発生。お値段は86万6000ポンド(約1億2470万円/1ポンド=144円換算)なり。(写真=マクラーレン・オートモーティブ)
「JAIA合同試乗会2013」 第18回:気分はセナかジェンソン・バトン!? インポーターに聞きました〜マクラーレン編〜
今回お話をうかがったのは、マクラーレンの正規輸入販売を行うエムティーインターナショナル セールスマネージャーの平野徹さん。インタビューでも出てきた「EVERY PART TELLS A STORY」とは、「MP4-12Cスパイダー」の魅力を紹介するのに用いられた標語だが「マクラーレンのプロダクトの特徴もよく表している」とのこと。
「JAIA合同試乗会2013」 第18回:気分はセナかジェンソン・バトン!? インポーターに聞きました〜マクラーレン編〜

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「JAIA輸入車試乗会2013」の過去記事リストへ