【スペック】全長×全幅×全高=4165×1770×1570mm/ホイールベース=2530mm/重量=1400kg/駆動方式=4WD/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(200ps/6000rpm、25.5kgm/2400-4800rpm)燃費=12.6km/リッター(JC08モード)/価格=285万750円(テスト車=319万7250円)

日産ジュークNISMO(4WD/CVT)【試乗記】

NISMO印の痛快マシン 2013.03.20 試乗記 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)
……319万7250円

日産のモータースポーツ事業を担う「NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)」が、パワーユニットから内外装に至るまで、くまなく手を加えた「ジュークNISMO」。よりヤンチャに、より痛快に仕上げられたその走りを確かめた。

中身も外見もかなりのヤンチャ

日産の新作「ジュークNISMO」は思わずワハハ、なかなか愉快痛快なんである。抑揚たっぷりの迫力に愛嬌(あいきょう)も混ぜあわせた「ジューク」は、若者狙いのはずだったのに、街で見かけるオーナーには、30歳代とおぼしき男性も少なくない。毎日の会社勤めを実直にこなす中で、プライベートなクルマぐらい、ちょっとだけ勇気ふり絞って「こんなの、買っちゃった」みたいな感じだ。それはそれで素敵(すてき)な選択だが、もう少し翔んでごらんという提案がNISMO。

おおまかな輪郭を紹介すると、「ジューク16GT FOUR」が基本。そのMR16DDT型4気筒1.6リッターターボを190ps/5600rpmから200ps/6000rpmに強化し(トルクも24.5kgm/2000-5100rpmから25.5kgm/2400-4800rpmに増強)、ヨーロッパを徹底的に走り込んで仕上げた専用スポーツサスペンションで支えたのが新しいNISMO。たくましいSUV的スタンスを保つため車高は落としてないが、全長は30mm長く、全幅も5mmだけ広がった。抵抗軽減とダウンフォース確保のため、あたかもグラウンドエフェクトカーの気流取り込み口のように中央部を持ち上げた専用フロントバンパーが全長の差。トレッドは変わらないが、215/55R17 94Vから225/45R18 95Yへとサイズアップされたタイヤを覆うため、フェンダーに専用のリップが追加されたのが全幅の差。これだけで、けっこうヤンチャに見えるのは本当だ。

インテリアの雰囲気もしっかり盛り上がっている。その中心はスエード調の表面材で覆われた、両サイドの深い専用フロントシート。ステアリングホイールも本革とアルカンターラ(人造皮革)で巻かれ、確実な握り心地を保証する。その他センタークラスターからコンソールはもちろんシフトノブにまでNISMO専用のカラーリングが施され、要所要所にNISMOを象徴する真紅のアクセントが配されている。このあたりは、名うてのアドレナリン・ショップNISMOの得意技のオンパレードだ。

インパネまわりでは、本革とアルカンターラのステアリングホイール、文字盤が赤いタコメーターなどが「ジュークNISMO」の特徴。
インパネまわりでは、本革とアルカンターラのステアリングホイール、文字盤が赤いタコメーターなどが「ジュークNISMO」の特徴。
ボディーパーツはルックスだけでなく、いずれも機能性を意識したもの。例えばグリルの網目模様には、空気抵抗が最も少ないデザインを算出して採用。下部が切り込まれたオーバーフェンダーの形も、空力性能を考慮した結果だ。
ボディーパーツはルックスだけでなく、いずれも機能性を意識したもの。例えばグリルの網目模様には、空気抵抗が最も少ないデザインを算出して採用。下部が切り込まれたオーバーフェンダーの形も、空力性能を考慮した結果だ。
日産のモータースポーツ部門として、国内外で広く知られている「NISMO」。日産では、その知名度と技術力を生かしたスポーツモデルのブランド展開を計画しており、その第1弾となったのが今回の「ジュークNISMO」となる。
日産のモータースポーツ部門として、国内外で広く知られている「NISMO」。日産では、その知名度と技術力を生かしたスポーツモデルのブランド展開を計画しており、その第1弾となったのが今回の「ジュークNISMO」となる。
関連記事
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • ダイハツ、2代目となる新型「ミラ イース」を発売 2017.5.9 自動車ニュース ダイハツが新型「ミラ イース」を発表。経済性だけでなく「こだわり・安心・品質」についても重視したモデルとなっており、走りや乗り心地の改善に加え、最新の運転支援装備「スマートアシストIII」の採用もトピックとなっている。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
  • 「ダイハツ・ミラ イース」発表会の会場から 2017.5.9 画像・写真 「ダイハツ・ミラ イース」が2代目へと進化。従来型の特徴だった低燃費・低価格に加えて、新型では“+α”として先進安全装備「スマートアシストIII」の搭載や、内装の質感を向上させるなど、商品力を大幅に強化している。都内で行われた発表会の様子をリポートする。
ホームへ戻る