クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4355×1780×1420mm/ホイールベース=2700mm/車重=1440kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(122ps/5000rpm、20.4kgm/1250-4000rpm)/燃費=15.9km/リッター(JC08モード)/価格=335万円(テスト車=364万円/セーフティーパッケージ=17万円/ナイトパッケージ=12万円)

メルセデス・ベンツA180ブルーエフィシェンシー スポーツ(FF/7AT)【試乗記】

別モノに変わった 2013.03.14 試乗記 A180ブルーエフィシェンシー スポーツ(FF/7AT)
……364万円

旧モデルから大きくスタイリングの変化を遂げた新型「Aクラス」。中身はどう変わったのか。その魅力を確かめた。

老成を拒否した

これはヴァカモノのクルマである。と、私は走り出して数秒後に脳内で断じた。ヴァカモノとは、たいてい若者で、粋がる人のことである。スティーブ・ジョブズの言葉を思い出していただきたい。ステイ・フーリッシュ! アントニオ猪木だって、言っている。「馬鹿になれ」。それにしても、自動車を発明した、自動車界の老舗中の老舗、帝王メルセデス・ベンツがかくも老成を拒否し、フーリッシュたらんと欲したとは!

京塚昌子的「Aクラス」は消え、浜崎あゆみになってしまった。「Sクラス」とぶつかってもダイジョウブ、という初代Aの精神はここにはない。いまやレーダーで衝突を防ぐ時代であるにしても、あんまりではないか。新しいデザインのテーマは「情感に訴える」である。いわば王道に反旗を翻す、戦国時代の傾奇者(かぶきもの)的スピリット。クリス・バングル時代のBMWもかくやのコンケーブ・コンベックス(凹凸)サーフェイスで、ワイド&ローのプロポーションはスポーツカーのデザイン文法の2ボックスへの適用なわけである。さよなら、サンドイッチ構造。

新型Aクラスの日本仕様は「A180」と「A250」に大別される。前者は1.6リッター、後者は2リッターで、いずれも直噴4気筒ガソリンターボとなる。A250はAMGが開発の初期段階から関わったという210psの高性能モデルで、「シュポルト」というサブネームがつく。A180にはスタンダードと、AMGスタイリングパッケージ、15mmシャコタンの「スポーツ」があり、私が試乗したのはこちらである。122psしかないのに、見た目はアーエムゲー。なんたる傾奇ぶり!

「A180ブルーエフィシェンシー スポーツ」にはAMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラーとサイド&リアスカート)が装着される。
「A180ブルーエフィシェンシー スポーツ」にはAMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラーとサイド&リアスカート)が装着される。 拡大
搭載されるエンジンは1.6リッター直4ターボ。122psと20.4kgmを発生する。
搭載されるエンジンは1.6リッター直4ターボ。122psと20.4kgmを発生する。 拡大

メルセデス・ベンツA180ブルーエフィシェンシー スポーツ(FF/7AT)【試乗記】の画像 拡大

真価はアクセルを踏んだときに

AMGステアリングホイールに丸形ベンチレーション、先代比18cmも地面に近づいた着座位置もあって、コクピットは「SLS AMG」を思わせる。まず申し上げたいのは、低速での乗り心地である。大磯プリンスホテル周辺の舗装路がとりわけヒドかったことを差し引いても、快適御免。18インチのタイヤが胃の腑(ふ)を揺する。傾(かぶ)いて候。ステアリングのいわゆるゲインは高く、馬上、手綱をちょいと動かしただけで、ピピッと反応する。そのくせ、この馬は「ハイヨッ」と気合を入れても、いささか茫洋(ぼうよう)としている。愚馬か。と前田慶次郎なら思ったかもしれない。新開発の1.6リッター直噴ターボ、3000rpmあたりに達しないことには、のろまな農耕馬に等しい。遅い。

これが2012年のジュネーブショーでデビューした新型Aクラスの実体なのか? 「AはアタックのA」ではなかったのか? アタックといえばナンバーワン。サインはVではないか。

真価は、アクセルをガバチョと踏んだときに現れた。電子制御のモードをEからSに切り替えるや、7段DCTのギアが1段低くなって高回転でホールドするのはこれまでのメルセデスと同様である。ところが俄然(がぜん)、エンジンのレスポンスが鋭くなる、わけではない。問題はアクセル開度にある。「超高効率」を目標に新開発された直噴1.6リッターターボエンジンは、中低速トルクが細く、パーシャル領域だとリーンバーンみたいに感じる。それゆえ、運転快楽派はアクセルをガバチョと踏み込むべきなのだ。さすれば、ガソリンがガバチョと送り込まれ、薄い空燃比で消えそうだった炎くんたちが生き生きと燃えだす。やがて1.4トン超の馬体は慣性の法則の虜(とりこ)となり、駄馬から悍馬(かんば)に豹変(ひょうへん)するのだ。

このクルマはアウトバーンに住む魚であり、スピードこそが生存に必要な水であった。低速領域は水のないプールであるのに対し、アウトバーンの推奨制限速度(130km/h)に至ると、直噴ターボはいや応なくスタンバイとなって豊かなトルクを生み出し、スムーズな回転感覚とあいまって、ドライバーをストレスから解放する。ロールを拒否すべく固められた足まわりは、ボディーをフラットに保つことに貢献し、過去を置き去りにして未来へと一直線に突き進む! そこにクールミントのような爽快感がある。

近ごろのエンジンらしくエンジンブレーキという概念はないに等しいけれど、ブレーキはフィールも効きも素晴らしい。新開発の7段DCTは、VWグループのDSGのようなキレ感とは違う作動マナーで、特に感興があるわけではないけれど、特に不満があるわけでもない。


メルセデス・ベンツA180ブルーエフィシェンシー スポーツ(FF/7AT)【試乗記】の画像 拡大
レッドステッチ入りのステアリングホイールが「A180ブルーエフィシェンシー スポーツ」では標準装備となる。
レッドステッチ入りのステアリングホイールが「A180ブルーエフィシェンシー スポーツ」では標準装備となる。 拡大
タイヤサイズは225/40R18。試乗車にはオプションのナイトパッケージ(12万円)に含まれる18インチAMGツインスポークアルミホイールが装着されていた。
タイヤサイズは225/40R18。試乗車にはオプションのナイトパッケージ(12万円)に含まれる18インチAMGツインスポークアルミホイールが装着されていた。 拡大
「A180ブルーエフィシェンシー スポーツ」ではトランクスルーが標準装備となる。(写真をクリックするとシートアレンジの様子が見られます)
「A180ブルーエフィシェンシー スポーツ」ではトランクスルーが標準装備となる。(写真をクリックするとシートアレンジの様子が見られます) 拡大

心に訴えかけるクルマ

かくして、安全第一の優等生的ファミリーカーから、欲望という名の情感に訴えるスペシャルなパーソナルカーへ、と同じ名称を引き継ぎながら、Aクラスは別モノに変わった。ファミリーというカタチ、結婚という制度が変わりつつあるのがいまという時代である。当然といえば当然、と解するべきだろう。居住空間や快適性はあえて優先せず、そのことよって個性を際立たせる。自動車なんてものはあなた、トヨタ、フォルクスワーゲン、GMの3社だけでも年間3000万台近くホイホイつくっている。それも素晴らしく快適で機能的なクルマを。プレミアムブランドたるメルセデス・ベンツはそれらとは異なる価値を提供しなければならないのだ。

そういうわけで、メルセデス・ベンツAクラスはこれまでの糟糠(そうこう)の妻をやめた。「ベンツを選んでいれば安心」という鉄板保守のイメージを変える、というのが新型Aクラスの使命のひとつなのだ。それもこれも、ユーザーの高齢化、という積年の課題をメルセデスは抱えているからである。

で、私は思うのです。A180スポーツの最大の美点は、乗り手に若々しい活力を生み出してくれるところにある、と。実用車でありながら、ぶっ飛ばすと気持ちイイ方向に専念したスポーツカー的粋がりが乗り手に伝わり、老いも若きもステイ・フーリッシュ、ステイ・ハングリーな気分になれるのである。スティーブ・ジョブズはスタンフォード大学の卒業式で、ガンの告白をしたあと、こう語った。

「自分はいつか死ぬという意識があれば、なにかを失うと心配する落とし穴にはまらずにすむのです。人とは脆弱(ぜいじゃく)なものです。自分の心に従わない理由などありません」(『スティーブ・ジョブズ』ウォルター・アイザックソン著 /井口耕二訳/講談社)

心こそが大切なのである。新型Aクラスはその心に訴えかけるのだ。もちろんこれは、素晴らしいことである。

(文=今尾直樹/写真=荒川正幸)

試乗車に装着されるメモリー付きパワーシートもオプションのナイトパッケージに含まれる。
試乗車に装着されるメモリー付きパワーシートもオプションのナイトパッケージに含まれる。 拡大

メルセデス・ベンツA180ブルーエフィシェンシー スポーツ(FF/7AT)【試乗記】の画像 拡大

メルセデス・ベンツA180ブルーエフィシェンシー スポーツ(FF/7AT)【試乗記】の画像 拡大

メルセデス・ベンツA180ブルーエフィシェンシー スポーツ(FF/7AT)【試乗記】の画像 拡大