第17回:スパルタンなエキシージがいよいよ復活 
インポーターに聞きました〜ロータス編〜

2013.03.14 特集

第17回:スパルタンなエキシージがいよいよ復活 インポーターに聞きました〜ロータス編〜

ライトウエイトスポーツの本家として、ツウなファンをうならせるロータス。今年は定番モデルの「エリーゼ」とラグジュアリー志向(それでも十二分にスポーティーだが)の「エヴォーラ」に加え、より走りに特化したスパルタンなモデルが導入されるという。

人気のライトウエイトスポーツに350psの高性能版が登場

――2012年の日本における販売はいかがでしたか?

7月に発表した「エリーゼS」の販売が大変好調で、2011年とほぼ変わらない登録台数となりました。

――現在、販売をけん引している車種、イチオシの車種はどのモデルですか?

販売台数の上はやはり「エリーゼ」シリーズですね。現在の販売全体の7割強、月によっては8割に迫る時もあるほどです。

とはいえ「エヴォーラ」も重要な車種であることにかわりはありません。
エリーゼは「ロータスが好き!」「走るのが好き!」という昔からのファンの方が中心なのですが、エヴォーラは今までロータスに乗っていなかったような方、クルマを買ううえで、ドライビングだけでなくライフスタイルも尊重するような方からも選ばれています。
中には「ずっとBMWに乗ってきた」という方や、「『アウディTT』と比較検討している」という女性の方もいらっしゃいました。
新しいお客さまから興味を頂いているという意味で、エリーゼとはまた違う役割を果たしているモデルと言えるでしょう。

――今年導入を予定している車種、注目の車種はありますか?

今春に「エキシージS」を発売します。
本国の情報に詳しい方ならすでにご存じとは思いますが、新型のエキシージSはエリーゼよりホイールベースを若干延長し、最高出力350psの3.5リッターV6スーパーチャージャーを搭載したハイパフォーマンスモデルです。
エリーゼやエヴォーラより、よりスパルタンなクルマとなっておりますので、期待していてください。

また時期は未定ですが、「エヴォーラS」のAT仕様である「エヴォーラS IPS」も発売を予定しています。

――全国のwebCG読者に一言お願いします。

今年のロータスの主役が「エキシージS(V6)」になることは間違いないでしょう!

またクルマのラインナップはもちろん、今年は走行会やドライビングレッスンなど、お客さまにロータスならではの走りを味わっていただけるイベントも充実させていきたいと思います。もちろん、毎年恒例の「ジャパン・ロータスデー」も開催しますので、楽しみにしていてください。

(インタビューとまとめ=webCG 堀田/写真=田村弥)

第17回:スパルタンなエキシージがいよいよ復活 インポーターに聞きました〜ロータス編〜の画像
変わらぬ人気を誇るライトウエイトミドシップスポーツの「エリーゼ」シリーズ。ベーシックな「エリーゼ」とクラブレーサー風の「エリーゼCR」、過給機付きエンジンを搭載した「エリーゼS」の3モデルをラインナップ。
変わらぬ人気を誇るライトウエイトミドシップスポーツの「エリーゼ」シリーズ。ベーシックな「エリーゼ」とクラブレーサー風の「エリーゼCR」、過給機付きエンジンを搭載した「エリーゼS」の3モデルをラインナップ。
新しいユーザーにうけているという「エヴォーラ」。「エリーゼ」とオーナー層が違うのはもちろん、エヴォーラの中でもAT仕様とMT仕様でずいぶん違うのだとか。
新しいユーザーにうけているという「エヴォーラ」。「エリーゼ」とオーナー層が違うのはもちろん、エヴォーラの中でもAT仕様とMT仕様でずいぶん違うのだとか。
最高出力350ps/7000rpm、最大トルク40.8kgm/4500rpmを発生する3.5リッターV6スーパーチャージャーを積んだ「エキシージS」。日本仕様は正式なアナウンス前だというのに、すでに販売店には問い合わせが集まっているという。
最高出力350ps/7000rpm、最大トルク40.8kgm/4500rpmを発生する3.5リッターV6スーパーチャージャーを積んだ「エキシージS」。日本仕様は正式なアナウンス前だというのに、すでに販売店には問い合わせが集まっているという。
お話をうかがった、エルシーアイ PR&セールスプロモーション マネージャーの谷田恵美さん。「今年は『エキシージS』にぜひ注目してください!」
お話をうかがった、エルシーアイ PR&セールスプロモーション マネージャーの谷田恵美さん。「今年は『エキシージS』にぜひ注目してください!」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「JAIA輸入車試乗会2013」の過去記事リストへ