第47回:「飲んだら乗るな!」が身にしみる怖い映画
『キング・オブ・マンハッタン −危険な賭け−』

2013.03.13 エッセイ

第47回:「飲んだら乗るな!」が身にしみる怖い映画 『キング・オブ・マンハッタン −危険な賭け−』

マンハッタンでマイバッハに乗る

免許証の更新に行くと、“事故を起こすとこんな悲惨なことになりますよ”と教える啓蒙(けいもう)映画を見せられる。ドキュメンタリーが多いが、中にはドラマ仕立てのものもある。わざとらしい演技とチープな作りがなかなか味わい深いのだが、正直言って眠くなる。教育効果を高めるためには、思い切ってこの映画を上映するといいのではないか。『キング・オブ・マンハッタン』は、成功した富豪が交通事故を起こしたことで窮地に陥っていく物語だ。

ロバート・ミラーは投資会社の経営者で、雑誌『フォーブス』の表紙を飾るほどの大物だ。演じるのはリチャード・ギア。彼ももう63歳になった。『アメリカン・ジゴロ』や『愛と青春の旅だち』で色気を振りまいたのは、30年以上も前のことだ。最近は犬大好き老人の役をやったりしていて、枯れてしまったのかと心配した。大丈夫、ギラギラした男がまだまだ似合う。「世界は5つの文字で回っている。M-O-N-E-Y、金だ」なんていうセリフがハマっていた。

映画の中で彼が着るスーツは、すべてブリオーニが提供している。富裕層にふさわしい装いだ。マンハッタンを移動するときは、「マイバッハ」のリアシートでくつろぐ。仕事のデキる男は、プライベートも充実している。誕生日には、家族がバースデーケーキで祝ってくれる。「君たちが私の一番の業績だ」とスピーチする姿は、慈愛にあふれた良き夫であり、良き父だ。とは言っても、器の大きい男は家庭の中には収まりきらない。もちろん、愛人がいる。ギャラリーのオーナーを任せているジュリー(レティシア・カスタ)だ。

© 2012 ARBITRAGE LLC.
© 2012 ARBITRAGE LLC.

第47回:「飲んだら乗るな!」が身にしみる怖い映画 − 『キング・オブ・マンハッタン −危険な賭け−』の画像
第47回:「飲んだら乗るな!」が身にしみる怖い映画 − 『キング・オブ・マンハッタン −危険な賭け−』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。