クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】ハイブリッド アスリートS:全長×全幅×全高=4895×1800×1450mm/ホイールベース=2850mm/車重=1660kg/駆動方式=FR/2.5リッター直4DOHC16バルブ(178ps/6000rpm、22.5kgm/4200-4800rpm)+交流同期電動機(143ps、 30.6kgm)/燃費=23.2km/リッター(JC08モード)/価格=469万円(テスト車=475万3000円/ドライブサポートパッケージ=2万1000円/クリアランスソナー&バックソナー=4万2000円)

トヨタ・クラウン ハイブリッド アスリートS/ハイブリッド ロイヤルサルーンG【試乗記】

かつてない変化 2013.03.12 試乗記 トヨタ・クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG(FR/CVT)/ハイブリッド アスリートS(FR/CVT)
……567万9200円/475万3000円

最新型「クラウン」のハイブリッドモデルに試乗。先代からは、どのような進化を遂げたのか? 「ロイヤルサルーン」と「アスリート」、二つのモデルでチェックした。

燃費はアップ、価格はダウン

2割から7割にアップしたのが、「クラウン」のハイブリッド比率である。初期受注の段階とはいえ、新型クラウンは一気に「ハイブリッドのクルマ」になったのだ。

新型初のプレス向け公道試乗会にはハイブリッドと「それ以外」がほぼ半々で用意されていた。だが、メディアの人気も圧倒的にハイブリッドである。ひとコマ1時間の試乗で最初、ハイブリッドの「ロイヤルサルーンG」に乗ると、次の枠ではハイブリッドはとれず、2.5リッターV6の「ロイヤルサルーンG」になった。
同一グレードだから比較ができて、ま、いっか、と、乗り込んでエンジンをかけると、車載コンピューターの平均燃費は7.3km/リッターと出ていた。エーッ、それまで乗っていたハイブリッドは13.6km/リッターだったのにィ! 
ついでに言うと、新車購入時に2.5リッターV6ロイヤルサルーンGは4万9200円の重量税をとられるが、ハイブリッドはもちろん全モデル免税、タダである。

「手が届く、驚き燃費のFRハイブリッド」というのが、今度のクラウンハイブリッドのキャッチフレーズだという。3.5リッターV6がベースだった旧型ユニットを捨て、エンジンを2.5リッターの4気筒にダウンサイジングした。
といっても、「カムリハイブリッド」用と同じではなく、ポート噴射と筒内噴射二刀流の「D-4S」を採用するなど、低燃費化をさらに突き詰めた結果、JC08モードの燃費値は23.2km/リッター。カムリの23.4km/リッターに肉薄した。車重はクラウンのほうが100kg以上重いのに、だ。ちなみに、旧型クラウンハイブリッドは14.0km/リッターだった。

エンジンを小さくしたために、コストは下がり、スタート価格は旧型の540万円から410万円に急降下した。発売直後の人気がハイブリッドに集中するのも当然だ。トヨタ、してやったり!である。


トヨタ・クラウン ハイブリッド アスリートS/ハイブリッド ロイヤルサルーンG【試乗記】の画像 拡大
「ハイブリッド ロイヤルサルーンG」のインテリア。デザインに際し、日本の美意識を織り込んだという。
「ハイブリッド ロイヤルサルーンG」のインテリア。デザインに際し、日本の美意識を織り込んだという。 拡大
ハイブリッドモデルのメーターパネル。中央の液晶画面には、エネルギーフローや燃費などの車両情報が表示される。
ハイブリッドモデルのメーターパネル。中央の液晶画面には、エネルギーフローや燃費などの車両情報が表示される。 拡大

パワーは減ってもスイスイ走る

直噴2.5リッター4気筒は178ps。モノとしては旧型クラウンハイブリッド用と同じだというモーターの最高出力は、143ps(旧型は200ps)。システム出力220psの新ユニットを搭載する新型クラウンハイブリッドは、史上最もスイスイ走るクラウンである。今の言い方をすると、サクサク走る、だろうか。

好燃費を狙ったエンジンのダウンサイジングで、0-100km/h加速は旧型の6秒台から8秒台に落ちている、だから、もう3.5リッターV6の「フーガハイブリッド」と同じクラスではありませんと、試乗後に開発者からそう聞いて驚いた。そんな印象はなかったからだ。
むしろ旧型よりピックアップが鋭くなり、はるかにキビキビ走るようになったと感じた。今回はワインディングロードで堪能するようなことはできなかったが、右左折の立ち上がりでちょっと深めに右足を踏み込むと、後輪がウリウリとむずがるような力強さも見せた。

実際、今度のハイブリッドは、動力性能的ヒエラルキーにおいても203psの2.5リッターV6モデルをしのぐ位置づけだ。旧型にあった3リッターV6モデルがカタログから落とされたのはそのせいでもある。

ダッシュ中央にある8インチディスプレイにはハイブリッドユニットのパワーフローや充電の様子がリアルタイムで表示される。それを見ていないと、システムのやりとりをいちいち体感するのは不可能だ。停車直前に回生ブレーキのヒューンという音が聞こえることを除くと、およそ違和感のないハイブリッドである。4気筒化でエンジン自体の音は旧型より聞こえるようになったから、その点では、よりふつうのエンジン車っぽくなったとも言える。

「ハイブリッド アスリートS」のリアビュー。リアコンビランプの形状は「ロイヤル」シリーズとの識別点だ。
「ハイブリッド アスリートS」のリアビュー。リアコンビランプの形状は「ロイヤル」シリーズとの識別点だ。 拡大
新型のハイブリッド版「クラウン」では、ベースとなるガソリンエンジンが、これまでのV6の3リッターから直4の2.5リッターに変更された。
新型のハイブリッド版「クラウン」では、ベースとなるガソリンエンジンが、これまでのV6の3リッターから直4の2.5リッターに変更された。 拡大
二段構えの液晶画面。ナビ画面の下に別途設けられたタッチパネルでは、エアコンや走行モードの設定を行う。
二段構えの液晶画面。ナビ画面の下に別途設けられたタッチパネルでは、エアコンや走行モードの設定を行う。 拡大

「いつかは」から「いつでも」へ

この日乗ったのは、ハイブリッドのロイヤルサルーンGと「アスリートS」。今回はまずフロントグリルの好みでロイヤルサルーンかアスリートを決めるという人も多そうだが、足まわりは16インチのロイヤルサルーンGより17インチのアスリートSのほうがよりスッキリしていて好印象だった。

ただ、そのアスリートSにしても、乗り心地はいまひとつに思えた。実際、比べる人がいるかいないかは別にして、この価格だと「BMW 320i」や「メルセデス・ベンツC180」も候補に挙がるはずだが、乗り心地はライバルたちのほうがフラットで快適だ。わかりやすく言うと、「シャシーにお金のかかった感じ」は、これらのドイツ車にまだかなわない。

でも、新型ハイブリッドがクラウンの歴史に新しい1ページを加えるのは間違いないと思う。新しい4気筒ハイブリッドのおかげで、クラウンがかつてなくカジュアルになった。「いつかはクラウン」とお高く止まっていたクルマが、一転、「手が届く」というキーワードを掲げるようになった、その目的はユーザーの若返りだ。いつかは死んでく人ばっかりが乗っているクルマじゃあ、メーカーは困るわけである。そのためのエースとして登場したハイブリッドは、ユーザーの平均年齢を少なからず下げる効果がありそうだ。

となると、「クラウンワゴン」の復活もリクエストしたい。それもシューティングブレークみたいなカッコイイやつ。駆動用バッテリーの置き場がなくてワゴンのハイブリッドは無理というなら、V6モデルだけでもいい。このサイズの4ドアセダンを、若い人がそうそう求めるとは思えないからだ。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=峰昌宏)

「ハイブリッド アスリートS」のホイールサイズは、標準で17インチ。オプションで18インチも用意される。
「ハイブリッド アスリートS」のホイールサイズは、標準で17インチ。オプションで18インチも用意される。 拡大
「ハイブリッド アスリートS」の後席に着座したところ。ひざ周りのスペースは、前席シートバックの形状を工夫するなどして、これまでより20mm広げられた。
「ハイブリッド アスリートS」の後席に着座したところ。ひざ周りのスペースは、前席シートバックの形状を工夫するなどして、これまでより20mm広げられた。 拡大
ハイブリッドモデル(リアエアコン非装着車)の荷室容量は、「ロイヤル」「アスリート」両シリーズとも、床下の予備スペースを含め450リッターが確保される。
ハイブリッドモデル(リアエアコン非装着車)の荷室容量は、「ロイヤル」「アスリート」両シリーズとも、床下の予備スペースを含め450リッターが確保される。
拡大
【スペック】ハイブリッド ロイヤルサルーンG:全長×全幅×全高=4895×1800×1460mm/ホイールベース=2850mm/車重=1700kg/駆動方式=FR/2.5リッター直4DOHC16バルブ(178ps/6000rpm、22.5kgm/4200-4800rpm)+交流同期電動機(143ps、 30.6kgm)/燃費=23.2km/リッター(JC08モード)/価格=536万円(テスト車=567万9200円/ボディーカラー<プレシャスシルバー>=5万2500円/アドバンストパッケージ=10万5000円/リアオートエアコン<クーラー機能付き>=6万3000円/HDDナビゲーションシステム&トヨタプレミアムサウンドシステム=9万8700円)
【スペック】ハイブリッド ロイヤルサルーンG:全長×全幅×全高=4895×1800×1460mm/ホイールベース=2850mm/車重=1700kg/駆動方式=FR/2.5リッター直4DOHC16バルブ(178ps/6000rpm、22.5kgm/4200-4800rpm)+交流同期電動機(143ps、 30.6kgm)/燃費=23.2km/リッター(JC08モード)/価格=536万円(テスト車=567万9200円/ボディーカラー<プレシャスシルバー>=5万2500円/アドバンストパッケージ=10万5000円/リアオートエアコン<クーラー機能付き>=6万3000円/HDDナビゲーションシステム&トヨタプレミアムサウンドシステム=9万8700円) 拡大
あなたにおすすめの記事
車買取・中古車査定 - 価格.com