【スペック】E63 AMG S 4MATIC:全長×全幅×全高=4892×1873×1466mm/ホイールベース=2874mm/車重=1940kg/駆動方式=4WD/5.5リッターV8DOHC32バルブターボ(585ps/5500rpm、81.6kgm/1750-5000rpm)/燃費=9.7km/リッター(NEDC<新欧州ドライビングサイクル>)(欧州仕様)

メルセデス・ベンツE250(FR/7AT)/E63 AMG S 4MATIC(4WD/7AT)【海外試乗記】

内に秘めたものがある 2013.03.11 試乗記 メルセデス・ベンツE250(FR/7AT)/E63 AMG S 4MATIC(4WD/7AT)

フロントマスクの変更に加え、新開発のエンジンユニットや先進の安全システムを採用したという最新型「Eクラス」のその内容とは? バルセロナからのリポート。

最新の安全システムが満載

量的にも質的にもメルセデスにとってど真ん中を担う立場にいることはもちろん、長年世界のパッセンジャーカーの範であり続けてきたモデルといえば、ミディアムセダンの「Eクラス」。その現行型、W212系が登場してはや4年の時がたとうとしている……とあらば、タイミング的にはいつ大きなテコ入れが入ってもおかしくない頃合いだ。というわけで満を持して登場した新しいEクラスは「マイチェン」と通り一遍で片付けるにはもったいないと思えるほどの進化を遂げていた。

中でも大きなトピックは2つ。1つは新規導入やバージョンアップを含めた先進安全デバイスの充実が挙げられる。
衝突回避・軽減の制動介入を行う「プレセーフブレーキ」は、センシング系統にステレオカメラが追加されたことにより、歩行者の種別・距離判定が可能になった最新バージョンへと進化。50km/h以内の速度であれば歩行者との衝突もほぼ回避できるようになっている。

また、全車電動パワステ化に伴い、車線逸脱が予想される時に、ステアリングに微舵(びだ)を加えて運転支援を行う「ステアリングアシスト」をメルセデス・ベンツとしては初採用。こちらもさらに進化したディストロニックプラスと連動させることで、巡航時のドライバー負担を低減している。

加えて車線逸脱に関してはESPの機能を使ってブレーキを片効きさせることにより、車両を車線内へと戻す「アクティブレーンキーピングアシスト」も継承されており、二段構えでの制御によって半自動ともいえるコーナーのトレースが既に実現しているというわけだ。

他にもステレオカメラを用いて前方の車両や歩行者の飛び出しを検知し、ブレーキの効きを強める「クロストラフィックアシスト」や、後方レーダーとの連携による追突時の乗員保護および、二次被害の軽減を促す「プレセーフプラス」、ハイビーム時に対向車両のみへの照射を遮光する「アダプティブハイビームアシストプラス」など、実用として考えられるアドバンスドセーフティーシステムを新しいEクラスは余さず網羅している。

これらは近々登場する新型「Sクラス」に搭載されるだろう技術の一部を前倒し採用したという見方もできなくはない。大物のデビュー前に市場に晒(さら)しての露払い役を……というのは欧州メーカーではよくあるパターンだ。

「アクティブレーンキーピングアシスト」
「アクティブレーンキーピングアシスト」
「アダプティブハイビームアシストプラス」
「アダプティブハイビームアシストプラス」
「E63 AMG S 4MATIC」
「E63 AMG S 4MATIC」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
ホームへ戻る