新型「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」は230ps【ジュネーブショー2013】

2013.03.08 自動車ニュース
「ゴルフGTI」
新型フォルクスワーゲン・ゴルフGTIは最高出力230ps

【ジュネーブショー2013】新型「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」は最高出力230ps

日本では2013年中の発売が予定されている、第7世代の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。そのハイパフォーマンスバージョン「GTI」がジュネーブショーでデビューした。

新型「ゴルフGTI」のエクステリアは、「ハニーコーム(蜂の巣)」グリルなど“GTIの伝統”を守りつつ、フロントグリル下端の赤いストライプを左右のヘッドランプまで延長したり、フロントバンパーにカナード状のパーツを取り入れるなど、大胆な試みも見られる。お約束のタータンチェック柄シートは健在だ。

2リッター直4ターボエンジンは第6世代が積む「EA888」型のキャリーオーバー。第6世代と同一の燃費性能を維持しつつ、最高出力は220psと10psアップした。さらに、最高出力が10ps追加されて230psとなるほか、フロントアクスルに電子的デフロックの「VAQ」が装着される「パフォーマンスパック」というオプションが「GTI」史上初めて設定される。

このほかジュネーブショーの会場では、欧州市場で2013年8月に投入される新型「ゴルフヴァリアント」(ワゴン)もデビューした。

(文と写真=塩見 智)

「ゴルフヴァリアント コンセプトRライン」
「ゴルフヴァリアント コンセプトRライン」

新型「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」は230ps【ジュネーブショー2013】の画像
新型「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」は230ps【ジュネーブショー2013】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.8 試乗記 「GTI」シリーズの誕生40周年を祝う限定モデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」に、第2弾となる「ストリートエディション」が登場。エンジンやドライブトレインなど、各所に施された独自のチューニングが織り成す走りを試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.12 試乗記 “GTI”の誕生40周年を祝うアニバーサリーモデルとして、パフォーマンスを突き詰めた「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション」が登場。専用の空力パーツや電子制御LEDで武装した、限定モデルの走りを試す。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る