新型「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」は230ps【ジュネーブショー2013】

2013.03.08 自動車ニュース
「ゴルフGTI」
新型フォルクスワーゲン・ゴルフGTIは最高出力230ps

【ジュネーブショー2013】新型「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」は最高出力230ps

日本では2013年中の発売が予定されている、第7世代の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。そのハイパフォーマンスバージョン「GTI」がジュネーブショーでデビューした。

新型「ゴルフGTI」のエクステリアは、「ハニーコーム(蜂の巣)」グリルなど“GTIの伝統”を守りつつ、フロントグリル下端の赤いストライプを左右のヘッドランプまで延長したり、フロントバンパーにカナード状のパーツを取り入れるなど、大胆な試みも見られる。お約束のタータンチェック柄シートは健在だ。

2リッター直4ターボエンジンは第6世代が積む「EA888」型のキャリーオーバー。第6世代と同一の燃費性能を維持しつつ、最高出力は220psと10psアップした。さらに、最高出力が10ps追加されて230psとなるほか、フロントアクスルに電子的デフロックの「VAQ」が装着される「パフォーマンスパック」というオプションが「GTI」史上初めて設定される。

このほかジュネーブショーの会場では、欧州市場で2013年8月に投入される新型「ゴルフヴァリアント」(ワゴン)もデビューした。

(文と写真=塩見 智)

「ゴルフヴァリアント コンセプトRライン」
「ゴルフヴァリアント コンセプトRライン」

新型「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」は230ps【ジュネーブショー2013】の画像
新型「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」は230ps【ジュネーブショー2013】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6MT)【試乗記】 2016.1.19 試乗記 220psのエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のスポーツグレード「GTI」に、3ペダルの6段MT仕様が登場。そこに優秀なデュアルクラッチ式AT仕様を避けてまで選ぶほどの“操る喜び”はあるか。箱根のワインディングロードで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る