日産と三菱が新しい軽乗用車のデザインを公開

2013.03.08 自動車ニュース
「日産デイズ」
日産と三菱が新しい軽乗用車の外観を公開

日産と三菱が新しい軽乗用車のデザインを公開

日産自動車と三菱自動車は2013年3月8日、同年6月に発売を予定している新型軽乗用車の外観デザインを発表した。

「日産デイズハイウェイスター」
日産と三菱が新しい軽乗用車の外観を公開
「三菱eKワゴン」
日産と三菱が新しい軽乗用車の外観を公開
「三菱eKカスタム」
日産と三菱が新しい軽乗用車の外観を公開

このクルマは、日産と三菱が軽自動車事業のために設立した合弁会社NMKVによって企画・開発されたもので、優れた燃費性能や広く快適な室内空間など、高い商品競争力を備えているとされる。

また、商品の企画段階から協業を推し進めることで、両メーカーで異なるテイストを備えた、それぞれのブランドアイデンティティーを体現する革新的なデザインを実現したという。

車名については、日産は「毎日(DAYS)を、昨日までと違う楽しい日々に変えていく」という意を込めて、「DAYZ(デイズ)」「デイズハイウェイスター」という新しいモデルネームを採用。三菱からは新型「eKワゴン」および「eKカスタム」として発売される。

なお、NMKVでは今回発表された第1弾モデルに続き、第2弾モデルとしてトールワゴン型軽乗用車を開発中。2014年初頭の市場投入を予定している。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

eKワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • 三菱eKスペース カスタムT e-Assist(FF/CVT)/eKスペースG e-Assist(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.26 試乗記 三菱が軽スーパーハイトワゴン「ekスペース」に年次改良を実施。燃費の改善やカラーバリエーションの追加など、細部にわたり改良が施された同車の実力に触れるとともに、解決すべき課題を探った。
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
ホームへ戻る