【スペック】A6ハイブリッド(写真左):全長×全幅×全高=4930×1875×1465mm/ホイールベース=2910mm/車重=1850kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ(211ps/4300-6000rpm、35.7kgm/1500-4200rpm)+交流同期電動機(54ps、21.4kgm)/燃費=13.8km/リッター(JC08モード)/価格=690万円(テスト車=772万円)

アウディハイブリッドモデル試乗会【試乗記】

プレミアムエコカー 2013.03.10 試乗記 アウディA6ハイブリッド(FF/8AT)/A8ハイブリッド(FF/8AT)/Q5ハイブリッド クワトロ(4WD/8AT)
……772万円/948万円/789万円


アウディにラインナップされる、車型もサイズも違う3つのハイブリッドモデルを一気乗り! アウディにおけるハイブリッドカーの魅力とは。

アウディの「ハイブリッド」

アホ私大生だった80年代――。『ポパイ』だか『メンズノンノ』だかで、「西海岸でカリフォルニアロールがはやっている」という記事を読んでゲッと思った。そんなのがすしだとは絶対に認めない! 少なくともおれは食わんぞ! 十数年後、出張で訪れたシアトルで生まれて初めてカリフォルニアロールを食ったら、うまかった……。あの時に学んだのは、自分が知っているにぎりずしだけがすしではないということだ。世界各地に、自分が慣れ親しんだのとは別の形のすしがある。

アウディの3台のハイブリッド車に乗って、カリフォルニアロールを思い出した。アウディのハイブリッド車は、自分がよく見知っているハイブリッド車(つまり『トヨタ・プリウス』)とは明らかに違う。プリウスだけが正しいハイブリッド車であるという見方をすると、頭上に「?」が5つも6つも浮かぶクルマだ。
でも世界各地に自分が慣れ親しんだのとは別の形のハイブリッド車がある、という目で見ると、この3台はすとんとふに落ちる。

アウディの3台のハイブリッドとは、「Q5ハイブリッド」「A6ハイブリッド」「A8ハイブリッド」だ。先行したA6ハイブリッドに続いて、Q5とA8にハイブリッドモデルが設定されたことを受け、アウディジャパンがまとめて試乗できる機会を設けたのだ。

車型もサイズも異なる3台であるけれど、基本的なハイブリッドシステムは共通である。エンジンは211psを発生する直列4気筒の直噴ターボで、トランスミッションは8段ティプトロニック。これに最高出力54psのモーターを組み合わせ、システム全体の最高出力は245psとなる。
「211ps+54ps=265ps」にならないのは、エンジンのピークとモーターのピークが一致しないから。バッテリーはリチウムイオン電池で、荷室部分に搭載される。

【スペック】Q5ハイブリッド クワトロ:全長×全幅×全高=4630×1900×1630mm/ホイールベース=2810mm/車重=1910kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ(211ps/4300-6000rpm、35.7kgm/1500-4200rpm)+交流同期電動機(54ps、21.4kgm)/燃費=12.5km/リッター(JC08モード)/価格=715万円(テスト車=789万円/電動パノラマサンルーフ=24万円/オートマチックテールゲート=9万円/バング&オルフセン サウンドシステム=15万円/レザーパッケージ=35万円 )
【スペック】Q5ハイブリッド クワトロ:全長×全幅×全高=4630×1900×1630mm/ホイールベース=2810mm/車重=1910kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ(211ps/4300-6000rpm、35.7kgm/1500-4200rpm)+交流同期電動機(54ps、21.4kgm)/燃費=12.5km/リッター(JC08モード)/価格=715万円(テスト車=789万円/電動パノラマサンルーフ=24万円/オートマチックテールゲート=9万円/バング&オルフセン サウンドシステム=15万円/レザーパッケージ=35万円 )
アウディのハイブリッドモデルはすべて2リッター直列4気筒直噴ターボエンジンが搭載される。
アウディのハイブリッドモデルはすべて2リッター直列4気筒直噴ターボエンジンが搭載される。
「Q5ハイブリッド」は、ガソリンモデルより全高が30mm低められている。「A8ハイブリッド」と同じく、新たに電動パワーステアリングを採用しているがステアリングフィールは上々だった。
「Q5ハイブリッド」は、ガソリンモデルより全高が30mm低められている。「A8ハイブリッド」と同じく、新たに電動パワーステアリングを採用しているがステアリングフィールは上々だった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A6の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
  • 【ジュネーブショー2017】アウディ、新型「RS 5クーペ」を世界初公開 2017.3.8 自動車ニュース 独アウディがジュネーブショーで高性能スポーツクーペの新型「RS 5クーペ」を発表した。エンジンには新開発の2.9リッターV6ツインターボを搭載しており、0-100km/h加速が 3.9秒、最高速が280km/hという動力性能を実現している。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
ホームへ戻る