第286回:ヒトもクルマも「サマータイム」に備えよ!

2013.03.08 エッセイ

第286回:ヒトもクルマも「サマータイム」に備えよ!

イタリアのサマータイム

「サマータイム」と聞いて、ボクがとっさに思い出すのは、3代目「ホンダ・アコード」(1985-89年)だ。なぜならそのテレビCMソングは、オペラ「ポーギーとベス」のためにG.ガーシュウィンが作曲したアリア「Summertime」で、歌っていたのは、なんとあの演歌歌手、森進一だったからである。

今回はサマータイム(夏時間)の話だ。「まだ夏でもないのに、サマータイムの話かよ」と言うなかれ。イタリアの夏時間は、毎年3月の最終日曜日から始まる。イタリアにやってきてすぐ、サマータイムは夏真っ盛りだけだろうと思っていたボクは、その始まりの早さに驚いたものだ。そして夏時間は10月最終土曜日まで続く。こちらも最初は「こんなに時期まで続くのか」とびっくりした。つまり、1年のうち半分以上にあたる7カ月間が夏時間なのである。

冬時間から夏時間への切り換えは、時計を1時間進める。毎朝7時起床を守っていた人は、夏時間になった日から、前日でいう6時に起きることになる。そして6時に仕事を終えていた人は、夏時間になった日から冬時間でいう5時に仕事を終えることになる。だから夏は日が長くなることと相まって、夜がかなり長く明るいことになる。
ボクが住むシエナの場合だと、最も日が長い時期は、夜の9時半近くまで明るい。人々は会社を終えてそのまま街中を散歩し、一旦家に帰って家族と夕食を食べてから、ふたたび街で友達と待ち合わせ、一緒にジェラートを食べたりする。

3代目「ホンダ・アコード」(写真=本田技研工業)
3代目「ホンダ・アコード」(写真=本田技研工業)
夏→冬および冬→夏時間の切り換え時期が近づくと、テレビニュースではさかんに告知されるようになる。
夏→冬および冬→夏時間の切り換え時期が近づくと、テレビニュースではさかんに告知されるようになる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。