ホンダは「シビック」のワゴン版で勝負【ジュネーブショー2013】

2013.03.06 自動車ニュース

【ジュネーブショー2013】ホンダは「シビック ツアラー コンセプト」を出展

本田技研工業は、2013年3月5日に開幕したジュネーブモーターショーに、コンセプトモデル「シビック ツアラー コンセプト」などを出展した。

「シビック ツアラー コンセプト」は、欧州専用「シビック」をベースとしたワゴンタイプのコンセプトモデル。「シビックが持つスポーティーなデザインと、ワゴンならではの実用性を両立した」とのことで、そのプロダクトモデルは、2014年初頭の発売が予定されている。

そのほかホンダは、1.6リッターディーゼル「i-DTEC」を搭載した「CR-V」(2013年秋に発売予定)や、2013年1月の北米国際自動車ショーに出展した「NSXコンセプト」のホンダ仕様を初披露。
あわせて、2015年の市場投入を前提に新たな「シビック タイプR」を開発しており、2013年中にはドイツのニュルブルクリンクでテストを開始することもアナウンスされた。

(webCG)

「シビック ツアラー コンセプト」。傍らに立つのは、ホンダモーターヨーロッパ・リミテッド取締役社長の西前学氏。
ホンダは「シビック ツアラー コンセプト」を出展【ジュネーブショー2013】
「シビック ツアラー コンセプト」のサイドビュー。前出の西前氏は「Cセグメントワゴン市場は欧州で拡大傾向にある」と、その商品力に自信をみせる。
ホンダは「シビック ツアラー コンセプト」を出展【ジュネーブショー2013】
「ホンダNSXコンセプト」
ホンダは「シビック ツアラー コンセプト」を出展【ジュネーブショー2013】
ホンダは「シビック ツアラー コンセプト」を出展【ジュネーブショー2013】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。