メルセデス、「A45 AMG」を発表【ジュネーブショー2013】

2013.03.06 自動車ニュース

【ジュネーブショー2013】メルセデス・ベンツが「A45 AMG」を発表

独ダイムラーはジュネーブモーターショー開幕前夜の2013年3月4日、ショー会場近くの特設会場でメディアを集め、「AMGメディアナイト」を開催。「A45 AMG エディション1」を披露した。

AMGとしては初のコンパクトモデルとなる「A45 AMG」は、2リッター直噴直4エンジンを搭載。このエンジンは量産4気筒としては世界最高レベルの最高出力360ps/6000rpm、最大トルク45.9kgm/2250-5000rpmを発生する。

一方で、燃費はNEDC(新欧州ドライビングサイクル)総合で、6.9〜7.1リッター/100km(14.5〜14.1km/リッター)、排ガスはユーロ6に適合するなど、パワー、効率、エミッションを高次元でバランスさせた。

トランスミッションは7段AMGスピードシフトDCT(デュアルクラッチ・トランスミッション)を搭載。ギアボックスに小型・軽量のPTU(パワー・テイクオフ・ユニット)を内蔵し、プロペラシャフトを通じて後輪にも最大50%のトルクが配分される4MATIC(4WD)システムを採用した。

「エディション1」は大型リアスポイラーをはじめとする専用の内外装を備えたスペシャルモデル。ダイムラーはベースとなる「Aクラス」について、日本市場をドイツに次ぐ第2の市場と位置付けており(北米市場は未発売)、A45 AMGに関しても、エディション1を含むさまざまなバリエーションの導入が期待される。2013年内の日本発売が予想される。

AMGのオーラ・ケレニウス代表取締役社長は「AMGは2017年に50周年を迎える。アニバーサリーイヤーに向けた今後4年間を“AMGパフォーマンス50”と銘打ち、メルセデス・ベンツ全体の成長戦略である“メルセデス・ベンツ2020”の鍵となる要素としての役割を担う」と述べた。

(文=塩見智/写真=メルセデス・ベンツ日本)

「A45 AMG エディション1」
「A45 AMG エディション1」
「エディション1」はリアスポイラーなど専用の内外装を備えたスペシャルモデル。
「エディション1」はリアスポイラーなど専用の内外装を備えたスペシャルモデル。
スポーティーさが強調された室内。トランスミッションには7段AMGスピードシフトDCTを採用する。
スポーティーさが強調された室内。トランスミッションには7段AMGスピードシフトDCTを採用する。
リッター当たり181psを発生する2リッター直4ターボエンジン、7段デュアルクラッチ・トランスミッション、4MATICなどの組み合わせによって、「A45 AMG」は0-100km/h加速4.6秒、最高速250km/h(リミッター作動)の動力性能を実現した。
リッター当たり181psを発生する2リッター直4ターボエンジン、7段デュアルクラッチ・トランスミッション、4MATICなどの組み合わせによって、「A45 AMG」は0-100km/h加速4.6秒、最高速250km/h(リミッター作動)の動力性能を実現した。
「A45 AMG」デビューに際し、AMGモデルのオーナーで、「CLAクラス」のCMにも登場するミュージシャンのアッシャーが登場し、アンベールに花を添えた。
「A45 AMG」デビューに際し、AMGモデルのオーナーで、「CLAクラス」のCMにも登場するミュージシャンのアッシャーが登場し、アンベールに花を添えた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Aクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る