スマートから北欧ブランドとのコラボ限定車

2013.03.05 自動車ニュース

「スマート・フォーツー」にインテリアブランドとのコラボレーションモデルが登場

メルセデス・ベンツ日本は2013年3月5日、インテリアブランドである「BoConcept(ボーコンセプト)」とスマートとのコラボレーションモデル「スマート・フォーツー ボーコンセプト シグネチャースタイル」を、公式ウェブサイトを通じて1台限定で発売した。

ボーコンセプトとはデンマークのインテリアブランドであり、都会の限られた生活空間を有効に活用する、機能的でモダンなデザインを特徴としている。

今回の特別限定車は、最高出力102psを発生する1リッター直3DOHCターボエンジンを搭載した「スマート・フォーツーカブリオ BRABUSエクスクルーシブ」をベースに、ボーコンセプトと共同でデザインした内外装を採用したものである。

具体的な内容は以下の通り。
≪カラー≫
ボディー:マットクリスタルホワイト
トリディオンセーフティセル:マットオリエンタルブラウンメタリック
インテリア:タバコブラウン/グレー(本革/フェルトファブリック)

≪エクステリア≫
・BRABUSスポーツサスペンション
・BRABUSスタイリングパッケージ
(フロントスポイラー、サイド&リアスカート)
・マットオリエンタルブラウンメタリックドアミラーカバー
(ライトレモンカラーライン入り)
・BRABUS 6ツインスポークアルミホイール
(マットオリエンタルブラウンメタリックペイント、ライトレモンカラーライン入り)
・ワイドタイヤ
・BRABUSダークヘッドライトユニット
・BRABUSスポーツエキゾーストシステム&デュアルクロムエキゾーストエンド
・ “BRABUS”エンブレム(フロント、サイドスカート、リア)
・ “BoConcept signature style” エンブレム(ドアミラー)

≪インテリア≫
・タバコブラウンレザーダッシュボード(ライトレモンカラーステッチ入り)
・パドルシフト付きタバコブラウン本革巻きBRABUSスポーツステアリング
(クルーズコントロールスイッチ付き、ライトレモンカラーステッチ入り)
・“BoConcept ソファスタイル”本革/フェルトファブリックシート&ドアトリム(シートヒーター付き)
・マットオリエンタルブラウンメタリックアクセントパーツ
・専用デザインBRABUSシフトノブ(アルミ+本革+オークウッド)
・BRABUSパーキングブレーキハンドル(アルミ+本革)
・BRABUSステンレスアクセル&ブレーキペダル
・BRABUSメーターパネル(トリップコンピューター付き)
・ライトレモンカラーリング付きBRABUSコックピットクロック&レブカウンター
・アンビエントライト
・グローブボックス(助手席・ロック付き)
・マットオリエンタルブラウンメタリックデコレーティブトリム
・アームレスト(運転席)
・“BoConcept” ロゴ入り専用ベロアマット

ステアリング位置は右で、価格は385万円

(webCG)

「スマート・フォーツー ボーコンセプト シグネチャースタイル」
「スマート・フォーツー ボーコンセプト シグネチャースタイル」 拡大

スマートから北欧ブランドとのコラボ限定車の画像 拡大

スマートから北欧ブランドとのコラボ限定車の画像 拡大

スマートから北欧ブランドとのコラボ限定車の画像 拡大

関連キーワード:
フォーツースマート自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る