ボルボ、直4ターボ用の性能向上プログラム発売

2013.03.06 自動車ニュース

ボルボ、1.6リッター直噴ターボエンジン用のチューニングプログラムを発売

ボルボ・カー・ジャパンは2013年3月5日、「V40」や「V60」などに搭載される、1.6リッター直4直噴ターボエンジンの専用チューニングプログラム「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」を発売した。

「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」とは、ボルボおよび同社のモータースポーツ公式パートナーであるポールスター・レーシングが共同開発した、エンジンマネジメントプログラムである。

プログラムの内容は、燃費性能や快適さを損なわずにエンジンの出力やトルクを高めるというもので、昨年11月には3リッター直6直噴ターボエンジン「T6」用を発売。今回、1.6リッター直4直噴ターボ「T4」用のプログラムが追加されることとなった。

このプログラムを導入することで、「T4」エンジンは実用域を含む幅広い回転域でパフォーマンスが向上。インストール後の最高出力は200ps/5750rpm(標準モデルより+20ps)、最大トルクは29.1kgm/2000-4250rpm(同+4.6kgm)となる。(数値はいずれも目安)

現在のところ、今回の「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」が対応するのは「T4」エンジンを搭載した「V40」「S60」「V60」「V70」の2013年モデル。本年4月からは、2011年モデル、2012年モデルにも対応する予定だ。

価格はエンジンマネジメントプログラムのほか、付属の「POLESTAR」リアエンブレム、英語版オーナーズブック、ポールスター・パフォーマンス認定証も含めて20万円(作業工賃込む)。プログラムのインストール作業は全国のボルボ正規販売店で行われ、施工後も車両の新車保証は適用される。

(webCG)

ボルボ、直4ターボ用の性能向上プログラム発売の画像
ポールスター・レーシングはBTCCやWTCCで活躍してきたレーシングチーム。最近ではスウェーデンのツーリングカーレスに「S60」で参戦し、活躍を続けている。
ポールスター・レーシングはBTCCやWTCCで活躍してきたレーシングチーム。最近ではスウェーデンのツーリングカーレスに「S60」で参戦し、活躍を続けている。
パッケージに付属する、「POLESTAR」のリアエンブレムと英語版オーナーズブック、ポールスター・パフォーマンス認定証。
パッケージに付属する、「POLESTAR」のリアエンブレムと英語版オーナーズブック、ポールスター・パフォーマンス認定証。
標準車の「T4」エンジンと、ポールスター・パフォーマンス・パッケージのエンジンマネジメントプログラムを導入した「T4」エンジンの性能曲線。
標準車の「T4」エンジンと、ポールスター・パフォーマンス・パッケージのエンジンマネジメントプログラムを導入した「T4」エンジンの性能曲線。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • ボルボV90クロスカントリー 2016.9.28 画像・写真 スウェーデンのボルボはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で「V90クロスカントリー」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
ホームへ戻る