メタンガスも使える“環境型アウディ”登場

2013.03.04 自動車ニュース

メタンガスも使える“環境型アウディ”登場

独アウディは2013年3月1日、環境対応型の新型車「アウディA3スポーツバック g-tron(ジートロン)」の概要を発表した。

「A3スポーツバック g-tron」は、持続可能なモビリティーを目指してアウディが開発した、新たな環境対応型モデルだ。

ベースとなるのは、5ドアハッチバックの「A3スポーツバック」。1.4リッターTFSIユニットには、シリンダーヘッド、ターボチャージャー、インジェクションシステム、触媒コンバーターを変更するなど手が加えられており、通常のガソリンに加えて、アウディが製造を手掛ける合成メタンガス「e-gas(イーガス)」も燃料として使用できる。

ガス充填直後やエンジンが冷えている間は、まずガソリンが使用されるものの、可能な限り早いタイミングでe-gasを用いたCNGモードへと移行する。そのアウトプットは、110hpと20.4kgm。いずれの燃料を用いた場合もパフォーマンスは変わらず、最高速度は190km/h、0-100km/h加速は11秒となっている。
トータルでの環境負荷が少ないという点はもちろん、ガソリンモード(900km)とCNGモード(400km)を合わせた最長1300kmの航続距離もまた、g-tronの長所とされる。

アウディは、車両の開発と並行してインフラの整備も進めており、2012年9月には、ドイツ国内(ヴェルルテ)で、二酸化炭素と再生可能電力を用いてe-gasを精製するプラントの建設に着手。2013年夏には、公共の天然ガスネットワークにこの燃料を供給する計画だ。
「A3スポーツバック g-tron」そのものも、2013年末の正式デビューが予定されている。

(webCG)

「アウディA3スポーツバック g-tron」
「アウディA3スポーツバック g-tron」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A3スポーツバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る