第171回:厳しい状況でこそ真価が問われる? 
スバルSUVシリーズの雪上走行イベントをリポート

2013.03.05 エッセイ

第171回:厳しい状況でこそ真価が問われる? スバルSUVシリーズの雪上走行イベントをリポート

スバルが、自慢の「シンメトリカルAWD」の実力を伝えるべく、2012年から開催している一般向け雪上試乗会「SUBARU SUV Snow Meeting」。2013年3月2日、3日の2日間にわたって開催された、群馬県は川場スキー場での試乗会の模様をリポートしよう。

4WDの実力を試すにはむしろ好都合?

「おかげさまで、全部で12のメディアから取材予約をいただいていたのですが、開始の時間に間に合ったのは、こちらにいる6社さんのみです……」
ブリーフィング会場となったセンターハウスのレストランに、スバル広報Yさんの残念そうな声が響く。遅れてしまった人を責めているわけではない。窓の外が猛吹雪なのだ。

スバルが、自慢のSUVシリーズの実力を知ってもらおうと開催している、一般向けの雪上試乗イベント「SUBARU SUV Snow Meeting」。北海道、福島に続く、今冬最後の開催地となったのがここ、群馬の川場スキー場だ。
ところが、イベントが開催される3月2日と3日のうち、取材日である3月2日の川場村は大寒波に見舞われてしまったのだ。

「メディア向けの試乗枠も用意しているので、取材にきませんか?」という広報からのお誘いに、「ぜひに」と即答したはいいが、どうにもイヤな予感がしたリポーターは、クルマではなく公共交通機関で会場に行こうと判断。結果的にはそれが大正解だった。
雪道が苦手な私のこと、もしクルマで強行軍を敢行していたら、今頃JAFのお世話になっていたに違いない。

しかし、こうした悪天候でこそ力を発揮するのがスバルの4WDというもの。それに、このような状況下でもスキーを楽しむ人、そして試乗会の申し込みをする猛者はいる。かくして雪上試乗会は、吹雪の合間を縫って開催されることとなった。

ちなみに、今回準備されていたクルマは新型「フォレスター」「アウトバック」「インプレッサXV」の3車種。コースは数百メートルほどの雪上スラロームで、雪上走行を気軽に楽しみつつ、4WDやVDCの効果も体感できるというものだ。また、悪路走破用の新機能「X-MODE」を備えたフォレスターには、スラロームとは別に登坂路コースも準備。下り坂でヒルディセントコントロールを試せるようになっている。
私たちはX-MODEの機能を体感すべく、フォレスターでスラロームと登坂路の両方を走る予定となっていた。

試乗内容とスケジュールの説明を終え、試乗会場である屋外駐車場へと向かう。一時より風は落ち着いていたが、雪の粒はまだまだ大きめ。歩いていると、さらさらの積雪と時折顔をのぞかせる氷に足を取られる。

千葉県生まれの千葉県育ちと、あまり雪に縁のない人生を送ってきた雪道ビギナーの私は、「スタックして恥かいたりしないかしら?」と、いささか尻込みしてしまった。

第171回:厳しい状況でこそ真価が問われる? スバルSUVシリーズの雪上走行イベントをリポートの画像
川場スキー場のセンターハウス「KAWABA CITY」内に開設された、雪上試乗会の受付スペース。ゲレンデに出ていく人が、気になる様子で看板に目をやる。
川場スキー場のセンターハウス「KAWABA CITY」内に開設された、雪上試乗会の受付スペース。ゲレンデに出ていく人が、気になる様子で看板に目をやる。
試乗会場はゲレンデのふもとの屋外駐車場。写真は待合場のとなりで参加者を待つ「インプレッサXV」と「アウトバック」。
試乗会場はゲレンデのふもとの屋外駐車場。写真は待合場のとなりで参加者を待つ「インプレッサXV」と「アウトバック」。
「フォレスター」のテールゲートに誇らしげに飾られている「SYMMETRICAL AWD」のロゴ。この日ほど、このロゴが頼もしく思えた日はなかった。
「フォレスター」のテールゲートに誇らしげに飾られている「SYMMETRICAL AWD」のロゴ。この日ほど、このロゴが頼もしく思えた日はなかった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ