トヨタ、2人乗りEVのコンセプトカーを出展【ジュネーブショー2013】

2013.03.04 自動車ニュース

【ジュネーブショー2013】 トヨタ、2人乗りEVのコンセプトカーを出展

トヨタ自動車は2013年3月4日、ジュネーブモーターショー(会期:2013年3月5日〜3月17日)でパーソナルモビリティーのコンセプトカー「i-ROAD」を出展すると発表した。

今回、世界初公開される「i-ROAD」は超小型の2人乗り電気自動車(EV)だ。
ボディーは、全長×全幅×全高=2350×850×1445mm、ホイールベース=1700mmというコンパクトサイズで、駆動用の電動モーター(2kW)2個と、リチウムイオン電池を搭載する。車重は300kg。最高速は45km/h、一充電あたりの走行可能距離は50km(30km/h定速走行時)と公表されている。

2名の乗員は前後に並ぶタンデムスタイルで乗車し、ヘルメットは不用。屋根とドアが備わるため、天候に左右されずに移動することが可能となる。
旋回Gに合わせて車体の傾きを自動的に制御する「アクティブリーン機構」を採用することで、「クルマやバイクとは全く別次元の一体感のある爽快な走りを実現」(プレスリリース)するという。

(工藤考浩)

「i-ROAD」
「i-ROAD」

トヨタ、2人乗りEVのコンセプトカーを出展【ジュネーブショー2013】の画像

トヨタ、2人乗りEVのコンセプトカーを出展【ジュネーブショー2013】の画像

トヨタ、2人乗りEVのコンセプトカーを出展【ジュネーブショー2013】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。