三菱がバンコクショーの出展概要を発表

2013.03.04 自動車ニュース

三菱、バンコクショーにコンパクトセダンのコンセプトカー出展

三菱自動車のタイ現地法人であるミツビシ・モーターズ・タイランドは2013年3月4日、第34回バンコク国際モーターショー(会期:2013年3月25日〜4月7日)に、コンパクトセダンのコンセプトカー「三菱コンセプトG4」を出展すると発表した。

「三菱コンセプトG4」は、同社が世界展開を計画している小型セダンのコンセプトモデルである。エクステリアには、ダイヤモンドカットをモチーフとしたフロントグリルやヘッドランプ、リアコンビランプを採用。広い前方視界と取り回しの良さに寄与するショートノーズや、後方に向かって切れ上がるキャラクターライン、優れた居住空間と空力特性を両立するサイドプロポーションなどが特徴とされている。

また、高張力鋼板を積極的に採用した軽量ボディーや、軽くてコンパクトな1.2リッターMIVECエンジン、副変速機付きCVTなどにより、優れた燃費性能を追及。着座位置の高さや広いドア開口部、ゆとりある後席の足元スペースなど、乗員の快適性も重視されている。

三菱ではこのほかにも、ディーゼルハイブリッドシステムを採用したピックアップトラック「三菱コンセプトGR-HEV」の出展を予定。「ミラージュ」や「ランサーEX」「トライトン」「パジェロスポーツ」といった市販車と合わせ、計23台の展示を予定している。

(webCG)

「三菱コンセプトG4」
車名の「G4」は「Global 4-door Sedan」の略。
「三菱コンセプトG4」
車名の「G4」は「Global 4-door Sedan」の略。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。