クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4920×1860×1470mm/ホイールベース=2970mm/車重=1760kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブ ディーゼルターボ(184ps/4000rpm、38.7kgm/1750-2750rpm)/燃費=16.6km/リッター(JC08モード)/価格=633万円(テスト車=777万1000円)

BMW 523dブルーパフォーマンス Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】

オトナ味のBMW 2013.03.07 試乗記 BMW 523dブルーパフォーマンス Mスポーツ(FR/8AT)
……777万1000円

2リッター直4ディーゼルターボを搭載したミドルクラスセダン「523dブルーパフォーマンス」に試乗。環境性能と走りのバランスを確かめた。

時代にふさわしい価値

「X5」にて口火を切って以降、ブルーパフォーマンスの名で展開するディーゼルエンジン搭載車のラインナップを瞬く間に充実させたBMWは、今までの、何より走りが前面に出ていたブランドイメージを急速に転換させているように見える。従来だってBMWは、環境への配慮という今の時代においては必須の価値をないがしろにしていたわけではない。むしろ先んじていたブランドである。しかし、それがディーゼルというある意味で分かりやすい商品にて訴求されたことによって、より明確にユーザーへと伝わった。そう感じられるのだ。

うれしいのは、そこはBMWの仕事だけに、代償として走りの良さを差し出すようなことはしてないということ。新しいかたちの“駆けぬける歓び”が高い環境性能と一体になって、時代にふさわしい価値を生み出している。そんなふうに見えるのである。

これらBMWのディーゼルモデルの中でも、個人的にイチ推しとしたいのが今回試乗した「523dブルーパフォーマンス」だ。その心臓となる直列4気筒2リッターディーゼルターボエンジンは、6気筒エンジンを積むX5以外のブルーパフォーマンスモデルに共通するもので、最高出力184ps/4000rpm、最大トルク38.7kgm/1750-2750rpmのスペックにも変わりはない。トランスミッションは8段AT。エンジン・オート・スタート/ストップシステムが備わるのも、やはり共通だ。しかしドライブフィーリングは、これが想像以上に違った印象をもたらすものとなっている。

搭載される2リッター直4DOHC16バルブ ディーゼルターボエンジンは、184psと38.7kgmを発生する。
搭載される2リッター直4DOHC16バルブ ディーゼルターボエンジンは、184psと38.7kgmを発生する。 拡大
アルミのインテリアトリムはオプションのMスポーツパッケージ(49万円)に含まれる。
アルミのインテリアトリムはオプションのMスポーツパッケージ(49万円)に含まれる。 拡大

BMW 523dブルーパフォーマンス Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】の画像 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

ジェントルでスムーズ

スタートボタンを押してエンジンを始動する。ここでまず、ディーゼルエンジン特有のカラカラという音や振動がほとんど伝わってこないことにうならされる。率直に言って、「3シリーズ」や「X3」ではこれが結構盛大で、いかにもディーゼルという感じなのだが、このクルマの場合は、確かに遠くでそれっぽい音がしてはいるが、それだけ。音量は小さいし、ステアリングが震えることもない。これで不快に思う人は、まずいないはずだ。

一方、トルクフルな加速感は、いかにもディーゼルエンジンらしい。発進の際には、アクセルペダルを深く踏み込むまでもなく、スッと軽やかにクルマが動きだす。さらに80kgも車重のあるX3ですら十分な余裕を感じさせるエンジンだけに当然ではあるが、実際にトルクは「523i」とは比較にならず、「528i」すらもしのぐ分厚さなのである。

その後も、市街地で流れに乗る程度の加速ならば、エンジン回転数が2000rpmを超えることはめったにない。回転計の針がそこに達する前に8段ATが小刻みにシフトアップを繰り返しながら、気付けば速度が乗っているという感覚である。

信号などで停止すると、大抵の場合はエンジンが自動停止する。先述のように音や振動は気にならないレベルにあるのだが、停止してしまえばそれすらも皆無となる。また、再発進の際も、トルクがあるだけにアクセルを深く踏み込む必要がないから、アイドリングストップ状態のクルマで時々やってしまう、発進の際の一瞬のタイムラグに焦ってアクセルを踏み込み過ぎ、いきなり急加速するような事態も、ほとんど起きない。とてもジェントルでスムーズな運転へと自然に導いてくれるのだ。

BMW 523dブルーパフォーマンス Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】の画像 拡大
試乗車にはダコタレザーシート、電動フロントシートなどが含まれるオプションのハイラインパッケージ(39万円)が装着されていた。
試乗車にはダコタレザーシート、電動フロントシートなどが含まれるオプションのハイラインパッケージ(39万円)が装着されていた。 拡大
BMW 523dブルーパフォーマンス Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】の画像 拡大
荷室の容量は520リッター。後席は6:4の分割可倒式となる。
荷室の容量は520リッター。後席は6:4の分割可倒式となる。 拡大

飛ばさない時の気持ちよさ

こういう特性なので、少なくとも強力なエアコンの効きを必要としない季節であれば、通常の走行はほぼECO-PROモードのままで十分。つまり、さらに効率を究めることができる。

そもそも低速域からトルクがあるので、Mスポーツが備えるシフトパドルの出番はほとんどない。とは言え、その気になれば4000rpmを超えてもスムーズさを失うことはないから、思い切り引っ張ることもできる。ワインディングロードなどでは、そうやって走らせた方がリズムが取りやすいのは確かだ。

今回の試乗車はMスポーツということで、若干締め上げられたサスペンションに、前後異サイズの18インチタイヤを履いていた。かつてのMスポーツのように乗り心地が荒っぽいということはなく、これでも十分に快適ではあるが、個人的には選ぶならゆったりとしたストローク感を持つ5シリーズのサスペンションのうまみが生きるノーマルを選ぶ。その感触は絶品で、速度域や路面状況を問わず、しっとりとした乗り味を満喫できる。

いずれにしても、この523d ブルーパフォーマンスが本当に爽快なクルマであることに変わりはない。とりわけ飛ばさない時の気持ちよさがイイ。ゆっくり走らせていてもエンジンは力がみなぎっていて頼りがいがあり、上まで回そうという気にさせず、それでも十分に快感がある。

こんなふうにいい気持ちで走っていると、それはゆとりにつながり、周囲のクルマに対する譲り合いの気分が生まれる。それは安全にもつながるし、もちろん燃費にだって貢献するだろう。クルマにせかされないこの感じ、まさかBMWで味わえるだなんて思わなかった。

もちろん、そこはBMW。いざ鞭(むち)を入れてやれば、上々のスポーツ性を披露することに変わりはない。ディーゼルに懐疑的な人も、一撃でノックアウトされるだろうことは保証する。要するに523dブルーパフォーマンス、普段は悠然と構えつつ、でもやる時はやる。まさにオトナ味のBMWなのである。

(文=島下泰久/写真=郡大二郎)


BMW 523dブルーパフォーマンス Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】の画像 拡大
Mスポーツパッケージではタイヤサイズがフロント245/45R18、リア275/40R18(標準では前後共225/55R17)となる。
Mスポーツパッケージではタイヤサイズがフロント245/45R18、リア275/40R18(標準では前後共225/55R17)となる。 拡大
ドライビングパフォーマンスコントロールの表示画面。サスペンションのダンピング特性を自動的に制御するダイナミックダンピングコントロール(13万2000円)装着車には「コンフォートプラス」モードが追加される。
ドライビングパフォーマンスコントロールの表示画面。サスペンションのダンピング特性を自動的に制御するダイナミックダンピングコントロール(13万2000円)装着車には「コンフォートプラス」モードが追加される。 拡大
【テスト車のオプション装備】Mスポーツパッケージ=49万円/ハイラインパッケージ=39万円/ダイナミックダンピングコントロール=13万2000円/オートマチックトランクリッドオペレーション=8万1000円/ソフトクローズドア=9万3000円/ランバーサポート=5万4000円/BMWヘッドアップディスプレイ=20万1000円
【テスト車のオプション装備】Mスポーツパッケージ=49万円/ハイラインパッケージ=39万円/ダイナミックダンピングコントロール=13万2000円/オートマチックトランクリッドオペレーション=8万1000円/ソフトクローズドア=9万3000円/ランバーサポート=5万4000円/BMWヘッドアップディスプレイ=20万1000円 拡大

関連キーワード:
5シリーズ セダンBMW試乗記

あなたにおすすめの記事