クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4615×1760×1495mm/ホイールベース=2700mm/車重=1240kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(131ps/6000rpm、17.7kgm/3600rpm)/燃費=15.6km/リッター(JC08モード)/価格=238万9800円(テスト車=同じ)

日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】

佳き時代のセダン 2013.03.06 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
……238万9800円

日本におけるコアターゲットは「60代の、妻とふたり暮らしの男性」。長年セダンを乗り継いできた熱心なオーナーへ向け、日産がささげる「アガリの一台」は、どのようなクルマに仕上がっているのか。

幸せってなんだっけ?

某日の朝6時50分頃、私は新型「シルフィ G」、238万9800円のステアリングを握って、都心へと向かう渋滞ラッシュのなかにいた。でもって、文化放送の「吉田照美ソコダイジナトコ」を聞いていた。日本柔道女子代表監督辞意のニュースが駆け巡った日で、体罰は脳を萎縮させるという医学データがある、という話を出演者のドクター某(なにがし)がしていた。新型シルフィの室内はたいへん静かで、ラジオを聞くには好適な環境であった。意外なのは、乗り心地が硬めなことで、やっぱりファームなんだなぁ、という感慨があった。といって硬すぎるわけではなくて、タイヤのゴツゴツ感はまるでなく、これぞ、走りのニッサン! と膝をうつファンもいらっしゃることだろう。

ファミリーカーながらステアリングは正確で、ハンドリングはスポーティーといってよかった。いっときハンドリング世界一を目指した日産の面目躍如ではあるまいか。機械面での不満をあえてあげるとすれば、エンジンが凡庸なことだろう。新開発の1.8リッター直4DOHCは、最高出力131ps/6000rpm、最大トルク17.7kgm/3600rpmを発生するロングストロークの実用タイプで、無段変速機(CVT)と組み合わされる。CVTはエンジン回転を低めに制御して燃費を稼ぎつつ、アクセルの開閉に合わせた加速フィールをうまくつくり出していて、CVTゆえの違和感は微塵もない。だからこそ、である。足まわりとの関係でもって、自動車の魂であるエンジンにもうちょっとスポーティーな香りがあったりしたら、よりいっそう魅力的なsylph(「ほっそりした優美な少女」の意)になるのではないか? 新型シルフィは新型でありながら、少なくとも少女という感じはない。どっちかというと、おばさんである。

ないものねだりであるやも知れぬ。少女もいずれおばさんになることを、私も知っている。ひとによっては、具体的にはキャンディーズのランちゃんかミキちゃんかスーちゃんであるが、フツウのおばさんになりたい、といっときは思ったのである。平凡であることが幸福を意味したりもする。新型シルフィに乗っていると、幸せってなんだっけ、と思うのだった。

パワーユニットは1.8リッター直4エンジンとCVTの組み合わせのみ。従来型モデルと比べた場合、2リッター車に匹敵する加速性能と、1.5リッター車を上まわる燃費性能を併せ持つ。
パワーユニットは1.8リッター直4エンジンとCVTの組み合わせのみ。従来型モデルと比べた場合、2リッター車に匹敵する加速性能と、1.5リッター車を上まわる燃費性能を併せ持つ。 拡大
新開発の1.8リッター直4エンジン「MRA8DE」。既存の「MR18DE」よりシリンダーがロングストローク化しているほか、ヘッドには可変バルブ機構のツインVTCを採用。燃費と動力性能の向上を図っている。
新開発の1.8リッター直4エンジン「MRA8DE」。既存の「MR18DE」よりシリンダーがロングストローク化しているほか、ヘッドには可変バルブ機構のツインVTCを採用。燃費と動力性能の向上を図っている。 拡大
試乗したのは3種類あるグレードのうち、最上級グレードにあたる「G」。195/60R16サイズのタイヤとアルミホイールを標準装備する。
試乗したのは3種類あるグレードのうち、最上級グレードにあたる「G」。195/60R16サイズのタイヤとアルミホイールを標準装備する。 拡大
注目の記事PR
  • 「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった!
    「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった! レンジローバー特集
注目の記事一覧へ

ターゲットは世界中の「サザエさん」

ポン酢しょうゆのあるウチさ。冬の夜、家族で鍋を囲む。親兄弟がいて、祖母や祖父がいて、笑顔がはじける。それはもはや昭和の光景であるかもしれない。日本のモータリゼーションは、「日産サニー」と「トヨタ・カローラ」が発売された1966年から本格化した。唐突ながら、もしも波野ノリスケが当時、日産シルフィの新車を月賦で買ったりしたら、フグ田マスオは、「ノリスケくん、いいクルマ、買ったねぇ」とうらやむことしきり。サザエもカツオもワカメもタラちゃんも、「今度、ドライブに連れていって」と懇願したに違いない。

平成の御代でありながら、昭和の家族を演じ続けているテレビのサザエさんであるが(タラちゃんもワカメもアップになるとシワだらけ、という4コマ漫画を江口寿史が描いてから、はや幾歳月が流れただろう)、世界にはいま、高度経済成長期を迎えている国々があって、新型シルフィはそれらセダンがメインの、中国やタイや南米向けに開発された日産のグローバル戦略車、平成のサニーなのである。かの国々のノリスケやマスオやサザエやカツオやワカメやタラちゃんが、ま、カツオ以下はまだ免許もないわけだけれど、手が届き始めたマイカーとして考える選択肢のうちの一台なのであります。

だからなのだろうか、新型シルフィにはわが日本の高度経済成長期にあった幸せが、いまもつまっているように私には思われる。見よ、そのゴージャス感あふれるクロムグリルを。LEDを採用した最新流行のヘッドライトとテールランプを。抑揚のあるボディーは間違いなく、日産の最高級車「フーガ」、あるいは日産の高級ブランド、インフィニティの最新作たる「Q50」(次期「スカイライン」)との近似性を感じさせる。それはつまり、日産のヒエラルキーの底辺であることを示唆しているわけだけれど、その一方で、これで十分、とオーナーに思わせる説得力を漂わせている、と私は思うのである。

ヘッドランプには6連のLEDクリアランスランプを内蔵。クロム調のグリルも、ルーバーをメタリックとブラックで塗り分けるなど、手の込んだデザインとなっている。
ヘッドランプには6連のLEDクリアランスランプを内蔵。クロム調のグリルも、ルーバーをメタリックとブラックで塗り分けるなど、手の込んだデザインとなっている。 拡大
インパネまわりの形状は、横方向の伸びやかさとセンターコンソールのボリューム感を重視。ダッシュボード下部やドアトリムに光沢を抑えた「マイクログレイン」を新採用するなど、素材の質感も吟味されている。
インパネまわりの形状は、横方向の伸びやかさとセンターコンソールのボリューム感を重視。ダッシュボード下部やドアトリムに光沢を抑えた「マイクログレイン」を新採用するなど、素材の質感も吟味されている。 拡大
車内空間は、広さや内装の質感はもちろん、静けさにも留意。格上の「ティアナ」に匹敵する静粛性を実現している。
車内空間は、広さや内装の質感はもちろん、静けさにも留意。格上の「ティアナ」に匹敵する静粛性を実現している。 拡大

身の丈にあう心地よさ

インテリアは木目調パネル等で、建売住宅っぽいモダンな印象を与えるわけだけれど、マイカー、マイホーム、それこそが幸せであると感じる人のためのクルマである。私もそのひとりなのである。身の丈にあった感じがして、居心地がいいのである。この木目調プラスチックを本物のウォルナットパネルに換え、10万円値上げしたところで、「これぞ本物だ!」と喜ぶ粋人がいたら教えていただきたい。

後席、とくにレッグルームは日産が自慢するだけあって、ものすごく広い。これは先代「ブルーバード シルフィ」から引き継いだものだ。有効室内長(前席のトーボードから後席ヒップポイントまでの長さ)は、1クラス上の「ティアナ」よりも広いらしい。ホイールベースは先代と同じ2700mmながら、全幅が65mm広げられたことも効いている。カツオとワカメとタラちゃんの3人が座っても楽々であろう。なにしろ子どもだし。
仮の話ばかりで恐縮ながら、1980年代に「行革の鬼」といわれた土光敏夫がいまも生きていて、黒塗りにして公用車として使ったらいいのでは、と思うくらい広い。シートバックがやや寝過ぎであることは確かだが、土光さんは喜んで座ってくれるに違いない。「シルフィの土光さん」とマスコミは間違いなく書くだろう。ハイブリッドすら選ばないその質素な生活ぶり。新型シルフィは「清廉潔白」な人柄を感じさせるのである。かのファームな足まわりと平凡なるエンジン、正確なステアリングからなる実直ぶりゆえである。

「G」グレードは、フロントドアやセンタークラスターに木目調の加飾パネルを採用。「S」と「X」はいずれもシルバー塗装となる。
「G」グレードは、フロントドアやセンタークラスターに木目調の加飾パネルを採用。「S」と「X」はいずれもシルバー塗装となる。 拡大
内装色は写真のブラックのほか、明るいフェザーグレーも用意。「G」にはスエード調素材と起毛織物を採用した、コンビタイプのファブリックシートが装備される。
内装色は写真のブラックのほか、明るいフェザーグレーも用意。「G」にはスエード調素材と起毛織物を採用した、コンビタイプのファブリックシートが装備される。 拡大
広々とした後席は従来モデルから受け継がれた美点。有効室内長のほか、後席のニールームも格上のLクラスセダンに匹敵する広さとなっている。
広々とした後席は従来モデルから受け継がれた美点。有効室内長のほか、後席のニールームも格上のLクラスセダンに匹敵する広さとなっている。 拡大

往年の日産車の美点を受け継ぐ佳作

今回試乗したモデルは冒頭記したように238万9800円。ナビやバックビューモニター等、プラス約30万円のセットオプションが装着されている。これ以上運転に必要な装備は、事実上ないといってさしつかえない。

結論である。伝統的かつ普遍的な価値観に基づいたハードウエアのできばえは、「技術の日産」の美点がよく出ている。比較的コンパクトなセダンが欲しい日産ファンの人、全員に薦められます。佳作です。日本が最も得意とする、安くていいものをつくる、というポスト工業化社会以前のやり方に徹していて、そこがいい。幸福な時代を思い出させてくれるのである。

蛇足ながら、そのむかし、「パルサー」ベースのスカイラインズ・ミニとか「ローレル」のグリルをつけた「サニー」とかがあった。新型シルフィは、日産のそれら小さな高級車の試みの系譜に連なってもいる。日本市場におけるターゲットカスタマー、と広報資料にあるのをご紹介しますと、「62歳、男性で、妻とふたり暮らし。子どもは独立していて、定年退職後、書道教室を開いている」。幸せそうである。

(文=今尾直樹/写真=荒川正幸)

ディーラーオプションのカーナビには、バックモニターとフロント&サイドビューモニター機能も完備。価格はメモリーナビが30万7119円。HDDナビが31万7119円。
ディーラーオプションのカーナビには、バックモニターとフロント&サイドビューモニター機能も完備。価格はメモリーナビが30万7119円。HDDナビが31万7119円。 拡大
トランクルームの広さは510リッター。後席を倒すことはできないが、それでも9インチ×46インチのゴルフバッグ4本をしまうことができる。
トランクルームの広さは510リッター。後席を倒すことはできないが、それでも9インチ×46インチのゴルフバッグ4本をしまうことができる。 拡大
 
日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
シルフィ日産試乗記

あなたにおすすめの記事