第285回:クルマ史をひもとけば見えてくる? iPhoneの未来

2013.03.01 エッセイ

第285回:クルマ史をひもとけば見えてくる? iPhoneの未来

君もiPhone、われもiPhone

アップル社が腕時計型の端末装置に関する特許申請をしていることが2013年2月21日、アメリカの特許商標庁によって明らかになった。「アップルがブレスレット型コンピューターを開発しているのでは」との情報は、かねて憶測記事が飛び交っていたが、うわさは本当だったことが証明された。その新端末は、同社製のスマートフォン「iPhone」と無線連携する機能が装備されるものと思われる。

それにちなんで、今回はiPhoneの話をしよう。
ボクの場合、1台目が「iPhone 3GS」、2台目が「iPhone 4S」である。ベースモデルを飛ばして「S」を2代続けてしまった。クルマを買うときもそうだが、「マイナーチェンジ後の製品のほうが、品質が安定しているに違いない」というのが表向きの理由。ぐだぐだ考えている間に、ベースモデルから「S」に移行されてしまった、というのが本当の理由である。

最近イタリアでもフランスでも、街を歩いていて気づくのは、iPhoneユーザーの多さである。バスや地下鉄車内で周囲をちょっと見回しただけで、一人といわず数名が必ずiPhoneを操作している。他社製スマートフォン使用者もいるが、やはり目撃率が高いのはiPhoneである。与謝野晶子風に言えば「君もiPhone、われもiPhone」。ついでに灰田勝彦や小林克也が歌っていた「野球小僧」の歌詞「僕のようだね、君のよう〜」を思い出してしまう。

この単一ブランドでの普及率、モノの歴史を振りかえれば、あの「フォードT型」以来ではないだろうか。1908年、量産化に成功したフォードT型は、たちまち路上を埋め尽くし、アメリカで生産されるクルマの2台に1台はフォード、世界でも路上を走るクルマの数台に1台はフォードという時代をもたらした。iPhoneのヒットは、まさに現代のフォードT型といえる。

無数の歴代電話機の果てに、iPhoneがある(写真左下)。米ヘンリー・フォード博物館にて。
第285回:クルマ史をひもとけば見えてくる? iPhoneの未来
生産方式だけでなく、社会も変えた「フォードT型」。ただし、その末路は……。ヘンリー・フォード博物館にて。
第285回:クルマ史をひもとけば見えてくる? iPhoneの未来

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。