【スペック】全長×全幅×全高=4655×1800×1680mm/ホイールベース=2670mm/車重=1840kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブ(118ps/4500rpm、19.0kgm/4500rpm)+交流同期電動機<前>(82ps、14.0kgm)+交流同期電動機<後ろ>(82ps、19.9kgm)/プラグインハイブリッド燃費=67.0km/リッター、ハイブリッド燃費=18.6km/リッター(どちらもJC08モード)/価格=397万8000円(テスト車=425万3100円)

三菱アウトランダーPHEV G ナビパッケージ(4WD)【試乗記】

これぞ本当の“SUV” 2013.03.04 試乗記 三菱アウトランダーPHEV G ナビパッケージ(4WD)
……425万3100円

持続可能なクルマ社会に向けて、避けて通れないのが環境負荷の問題。独自のプラグインハイブリッドシステムを搭載した「三菱アウトランダーPHEV」は、そんな時代の要求に対する、三菱からの一つの回答だった。

これまでの常識を覆す

クルマ界の今とこれからは、どこまで燃費をよくできるか(CO2 排出量を減らせるか)が最大の目標。だったら、新しい「三菱アウトランダーPHEV」こそ、正義の味方ナンバーワンだ。
67.0km/リッター(!)にも達する低燃費ぶりは、これまでの常識では想像すらできない。

この途方もない数値は、国交省の定めるプラグイン専用の算出方式によるもので、普通のJC08モードでは18.6km/リッターだが、全長4.7m近く、重量ほぼ1.8トンで空気抵抗も大きいSUVとしては掟(おきて)破りの好成績(普通のガソリン仕様のアウトランダーは14.4〜15.2km/リッター)。それは、PHVなのにわざわざPH「E」Vと名乗るのと関係がある。エンジンも持ってはいるものの、実質的には純EVに近いのだ。

簡単に構造を紹介すると、好評のアウトランダー(4WD) の前後デフの代わりに2基の永久磁石型交流同期モーターを仕込んだのが基本。最高出力はともに82ps、最大トルクは前輪用が14.0kgm 、後輪用が19.9kgm(合計33.9kgm は普通のNAガソリンの3リッター級をしのぐ)。ここに床下のリチウムイオンバッテリーからの電力を電子制御で適切に配分する。4気筒2リッターエンジンは118psと控えめで、普段は駆動に参加せず、発電機を回すのが主な仕事だ。増殖めざましい電気駆動車の中では「発電機付き電気自動車(レンジエクステンダーEV)」に分類される。強い加速などのために深く踏めばエンジンも駆動するが、変速機がなく普通のトップギアに相当する単一レシオなので、60km/h以下では活躍できない。

エクステリアは専用デザインのグリルやホイール、リアコンビランプなどによって、ガソリン車と差別化が図られている。
エクステリアは専用デザインのグリルやホイール、リアコンビランプなどによって、ガソリン車と差別化が図られている。
駆動力を生み出すのは、前軸用と後軸用に用意された2基のモーターと、2リッター直4ガソリンエンジン。フロントにはジェネレーターも備わっている。
駆動力を生み出すのは、前軸用と後軸用に用意された2基のモーターと、2リッター直4ガソリンエンジン。フロントにはジェネレーターも備わっている。
インテリアでは、シフトレバーならぬセレクターレバーや、専用のハイコントラストメーターなどが「PHEV」ならではの特徴。
インテリアでは、シフトレバーならぬセレクターレバーや、専用のハイコントラストメーターなどが「PHEV」ならではの特徴。
「Gナビパッケージ」のシートは合成皮革とファブリックのコンビタイプが標準。
「Gナビパッケージ」のシートは合成皮革とファブリックのコンビタイプが標準。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 特集 デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 特集 ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
ホームへ戻る