フォルクスワーゲンが「ゴルフGTI」を発表【ジュネーブショー2013】

2013.02.27 自動車ニュース

【ジュネーブショー2013】フォルクスワーゲンが新型「ゴルフGTI」を発表

独フォルクスワーゲンは2013年2月27日、スイスで開催されるジュネーブモーターショー(会期:2013年3月5日〜3月17日)に、新型「ゴルフGTI」を出展すると発表した。

今回発表された新型「ゴルフGTI」は、最高出力220ps/4500-6200rpm、最大トルク35.7kgm-1500-4400rpmを発生する2リッターTSIエンジンを搭載し、0-100km/h加速は6.5秒、最高速は246km/hを実現。また最高出力を230ps/4700-6200rpmに高めた高性能版の「GTIパフォーマンス」も設定されており、こちらは0-100km/h加速6.4秒、最高速250km/hの動力性能を発揮する。

一方で、アイドリングストップ機構を採用するなど環境性能にも配慮しており、燃費は6段MT仕様で6.0リッター/100km(16.7km/リッター)、オプションの6段DSG仕様では、6.4リッター/100km(15.6km/リッター)と6.5リッター/100km(15.4km/リッター)となっている。

また、スポーツサスペンションや17インチホイール、225/45R17サイズのタイヤを採用するなど、足まわりも強化。「GTIパフォーマンス」のフロントアクスルには、デファレンシャルロックも装備される。

内外装も他の「ゴルフ」とは異なり、エクステリアには赤でペイントされたブレーキキャリパーや、クロム加工の2本出しテールパイプを採用。専用のサイドシルやディフューザー、スモークカラーのLEDテールランプ、同じくLEDのライセンスプレートイルミネーションなども備えられている。一方インテリアには、専用のスポーツステアリングホイールやシフトグリップ、「GTI」伝統のタータンチェックのスポーツシート、ステンレス製のフットペダルなどが装備される。

ボディーカラーはトルネードレッド、ブラック、ピュアホワイトの3色。ドイツ本国では2013年3月5日の発売を予定している。価格は2万8350ユーロ。(340万2000円、1ユーロ=120円換算)

(webCG)

新型「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」
新型「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」

フォルクスワーゲンが「ゴルフGTI」を発表【ジュネーブショー2013】の画像

フォルクスワーゲンが「ゴルフGTI」を発表【ジュネーブショー2013】の画像

フォルクスワーゲンが「ゴルフGTI」を発表【ジュネーブショー2013】の画像

フォルクスワーゲンが「ゴルフGTI」を発表【ジュネーブショー2013】の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 谷口信輝の新車試乗――フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(前編) 2017.7.13 mobileCG SUPER GTで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に試乗する。最新のデジタルインターフェイスを得て、一段と洗練された“ホットハッチの定番”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2013.7.7 試乗記 フルモデルチェンジで7世代目となった「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。このモデルには格別な思いがあるという巨匠 徳大寺有恒が、その仕上がりを吟味した。
ホームへ戻る