メルセデス「Bクラス」に211psの高性能モデル

2013.02.27 自動車ニュース
「B250ブルーエフィシェンシー」
「Bクラス」に211psの高性能モデル登場

「メルセデス・ベンツBクラス」に2リッターターボの高性能モデル登場

メルセデス・ベンツ日本は2013年2月26日、コンパクトカー「Bクラス」に高性能グレードの「B250ブルーエフィシェンシー」を追加し、販売を開始した。


「Bクラス」に211psの高性能モデル登場

「メルセデス・ベンツBクラス」は、全長4365mmのボディーに最大1545リッターのラゲッジ容量を備えたスペース系コンパクトモデルで、これまで日本仕様には1.6リッターターボ車のみが設定されていた。

今回追加された「B250ブルーエフィシェンシー」は、2リッター直噴ターボエンジンを搭載する高性能グレードである。最高出力は211ps/5500rpm、最大トルクは35.7kgm/1200-4000rpmを発生。トランスミッションには「7G-DCT」と呼ばれるデュアルクラッチ式7段セミATを採用する。また「BlueDIRECTテクノロジー」と呼ばれる最新の直噴システムや、ECOスタートストップ機能(アイドリングストップ機能)が備わるなど、燃費にも配慮したモデルとなっている。

内外装も専用の仕立てとなっており、エクステリアには18インチのAMGマルチスポークアルミホイールやフロントグリル、ドアミラーなど、随所にアクセントカラーとしてブラックを採用。一方インテリアには、クロムインサート付きの本革巻きスポーツステアリングホイールや、ステンレスのフットペダルなどを装備する。インストゥルメントパネルはブラックアッシュウッドとなる。

また、左右の席で個別に温度や風量の調整が可能なオートエアコンや、カップホルダー付きの後席アームレストが追加されるなど、装備も充実。縦列駐車時にステアリング操作を自動で行う「アクティブパーキングアシスト」や、リアシートのリクライニング&スライド調整機構、前席のアンダーシートボックスなども標準で備わる。

安全に関する機能についても、レーダー型衝突警告システム「CPA」や「インテリジェントライトシステム」「パークトロニック」などを標準装備。オプションで「ブラインドスポットアシスト」などの安全運転支援システムを組み合わせた「セーフティパッケージ」も用意されている。

ハンドル位置は右のみの設定で、価格は435万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Bクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2013.10.15 試乗記 「メルセデス・ベンツAクラス」で初のハイパフォーマンスモデル「A45 AMG 4MATIC」に試乗。0-100km/h加速4.6秒、車両価格640万円の“コンパクトハッチ”が持つ、本当の価値とは?
  • メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.17 試乗記 「AMG」の名を冠する初のスポーツコンパクト「メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC」に試乗。控えめなデザインのボディーに隠された「ダンディズム」に触れた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • 価格を抑えた「メルセデスAMG CLA45 4MATIC」限定発売 2017.3.21 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年3月21日、高性能モデル「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC」をベースとする限定車「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC Racing Edition」を発表した。同年4月上旬に90台限定で発売する。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
ホームへ戻る