メルセデス「Bクラス」に211psの高性能モデル

2013.02.27 自動車ニュース
「B250ブルーエフィシェンシー」
「Bクラス」に211psの高性能モデル登場

「メルセデス・ベンツBクラス」に2リッターターボの高性能モデル登場

メルセデス・ベンツ日本は2013年2月26日、コンパクトカー「Bクラス」に高性能グレードの「B250ブルーエフィシェンシー」を追加し、販売を開始した。


「Bクラス」に211psの高性能モデル登場

「メルセデス・ベンツBクラス」は、全長4365mmのボディーに最大1545リッターのラゲッジ容量を備えたスペース系コンパクトモデルで、これまで日本仕様には1.6リッターターボ車のみが設定されていた。

今回追加された「B250ブルーエフィシェンシー」は、2リッター直噴ターボエンジンを搭載する高性能グレードである。最高出力は211ps/5500rpm、最大トルクは35.7kgm/1200-4000rpmを発生。トランスミッションには「7G-DCT」と呼ばれるデュアルクラッチ式7段セミATを採用する。また「BlueDIRECTテクノロジー」と呼ばれる最新の直噴システムや、ECOスタートストップ機能(アイドリングストップ機能)が備わるなど、燃費にも配慮したモデルとなっている。

内外装も専用の仕立てとなっており、エクステリアには18インチのAMGマルチスポークアルミホイールやフロントグリル、ドアミラーなど、随所にアクセントカラーとしてブラックを採用。一方インテリアには、クロムインサート付きの本革巻きスポーツステアリングホイールや、ステンレスのフットペダルなどを装備する。インストゥルメントパネルはブラックアッシュウッドとなる。

また、左右の席で個別に温度や風量の調整が可能なオートエアコンや、カップホルダー付きの後席アームレストが追加されるなど、装備も充実。縦列駐車時にステアリング操作を自動で行う「アクティブパーキングアシスト」や、リアシートのリクライニング&スライド調整機構、前席のアンダーシートボックスなども標準で備わる。

安全に関する機能についても、レーダー型衝突警告システム「CPA」や「インテリジェントライトシステム」「パークトロニック」などを標準装備。オプションで「ブラインドスポットアシスト」などの安全運転支援システムを組み合わせた「セーフティパッケージ」も用意されている。

ハンドル位置は右のみの設定で、価格は435万円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2013.10.15 試乗記 「メルセデス・ベンツAクラス」で初のハイパフォーマンスモデル「A45 AMG 4MATIC」に試乗。0-100km/h加速4.6秒、車両価格640万円の“コンパクトハッチ”が持つ、本当の価値とは?
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
  • メルセデス・ベンツB250 4MATIC(4WD/7AT)【海外試乗記】 2014.11.26 試乗記 メルセデス・ベンツのコンパクト・ピープルムーバー「Bクラス」がフェイスリフトを受けた。その内容は外装の部分的な変更にとどまらず、内装のアップグレードに安全装備の拡充と多岐に及んでいる。「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」を迎え撃つ態勢はこれで万全か? 2リッターのガソリンターボエンジンを搭載する「B250 4MATIC」に試乗した。
  • 装備を強化した最新の「メルセデス・ベンツSクラス」上陸 2017.8.9 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年8月9日、フラッグシップセダン「メルセデス・ベンツSクラス」のマイナーチェンジモデルを発表。同日、予約受注を開始した。価格は「S400」の1128万円から「メルセデスAMG S65ロング」の3323万円まで。
ホームへ戻る