「ボルボV40 T5 R-DESIGN」、2013年4月発売

2013.02.26 自動車ニュース

「ボルボV40 T5 R-DESIGN」、2013年4月発売

ボルボ・カー・ジャパンは2013年2月26日、ハッチバック「V40」のスポーティーバージョン「V40 T5 R-DESIGN」を2013年4月に発売すると発表した。

「ボルボV40 T5 R-DESIGN」は、2013年2月19日に発売された「V40」のスポーティーバージョン。
「V40」の1.6リッター直4ターボエンジンを33psと6.1kgm上回る、2リッター直5ターボエンジン(213ps/6000rpm、30.6kgm/2700-5000rpm)を搭載。アイドリングストップ機構も与えられ、13.2km/リッター(JC08モード)の燃費を実現する。駆動方式はFFのみ。

エクステリアは、「V60」など他のボルボ車に設定される「R-DESIGN」シリーズ同様、スポーティーな専用パーツでドレスアップ。インテリアも、本革とパーフォレーテッドレザーからなるシートやスポーツステアリングホイール、青く発色する専用液晶デジタルメーターパネルなどで飾られる。
前方の障害物を感知して衝突を未然に回避、または衝突被害を軽減する安全装備「シティ・セーフティ」も標準で備わる。

価格は、「V40」(269万円)に比べて130万円高い399万円。本日(2013年2月26日)から予約受け付けが開始され、2013年4月に発売される。

(webCG)

→「ボルボV40 T5 R-DESIGN」のさらに詳しい写真はこちら

「ボルボV40 T5 R-DESIGN」
「ボルボV40 T5 R-DESIGN」 拡大

「ボルボV40 T5 R-DESIGN」、2013年4月発売の画像 拡大

「ボルボV40 T5 R-DESIGN」、2013年4月発売の画像 拡大

「ボルボV40 T5 R-DESIGN」、2013年4月発売の画像 拡大

「ボルボV40 T5 R-DESIGN」、2013年4月発売の画像 拡大

関連キーワード:
V40ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • 第2回:実力検証! 「ボルボV40 T3」 2018.4.12 ボルボV40 解体新書 ボルボのコンパクトハッチバック「V40」には、ユーザーのニーズを踏まえたさまざまなモデルがラインナップされている。今回はその中から、ガソリンエンジン搭載車の「T3モメンタム」をピックアップ。装備の内容や走りの質を検証した。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.5.24 試乗記 ライバルがひしめき合うコンパクトSUVの世界に現れた、ボルボ渾身(こんしん)のニューモデル「XC40」。そのデザインや走りは、北欧ブランドならではの個性にあふれていた。
ホームへ戻る