「SLS AMG」の高性能バージョン、25台限定発売

2013.02.22 自動車ニュース
「SLS AMGクーペ ブラックシリーズ」
「SLS AMG」の高性能バージョン、25台限定発売

「SLS AMG」の高性能バージョン、25台限定発売

メルセデス・ベンツ日本は2013年2月22日、ハイパフォーマンススポーツカー「SLS AMG」の高性能バージョン「SLS AMGクーペ ブラックシリーズ」を25台の限定で発売すると発表した。

「ブラックシリーズ」は、サーキット走行など本格的なスポーツドライビングに対応した少量生産の限定車。これまで日本には「SL65 AMG ブラックシリーズ」「C63 AMG クーペ ブラックシリーズ」が導入されており、「SLS AMGクーペ ブラックシリーズ」がその第3弾となる。

搭載される6.2リッターV8エンジンは、カムシャフトの改良や新設計のバルブトレインの採用などにより、最高回転数がベースモデルより800rpm高い8000rpmに引き上げられ、最高出力は60psアップの631ps/7400rpm、最大トルクは64.8kgm/5500rpmを発生する。
組み合わされる7段トランスミッションは、取り付け位置が10mm下げられ、変速にかかる時間も短縮された。また、電子制御LSDの採用により、スラローム走行や高速でのレーンチェンジ時の挙動がいっそう安定したという。

サスペンションには専用チューニングが施されるほか、専用のフロントハブキャリアやフロントスタビライザーを採用。前後とも拡大されたトレッドにより高速コーナリング時のロール低減とグリップ力の向上が図られている。
ブレーキディスクはカーボンセラミック製が標準装備され、フロント19インチ/リア20インチのホイールが装着される。

ボンネットやアンダーボディー補強ブレース、エンジンとトランスミッションを結ぶトルクチューブなどにカーボンファイバーを使用することで、車重は1550kg(DIN)とベースモデルより70kg軽量化された。

エクステリアでは、カーボンファイバー製のフロントエプロンやフロントフリックが採用され、エアロダイナミクスが向上。ディフューザー付きのリアエプロンやリアウイングスポイラーにより、リアアクスルへのダウンフォースも強化されている。

ブラックレザーとアルカンターラを使用したインテリアは、黒を基調に赤のアクセントが施される。また、ヘッドレストにAMGエンブレムがエンボス加工されたスポーツバケットシートは、ベースモデルより15kg軽量化されている。

これらのチューニングにより、0-100km/h加速は3.6秒、パワーウエイトレシオは2.45kg/psを達成している。

価格は3250万円。日本国内では25台の限定販売となり、デリバリーは2013年8月下旬より開始される予定だ。

(文と写真=工藤考浩)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLSクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――アストンマーティン・ヴァンキッシュ(後編) 2017.2.2 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす当企画。今回も引き続き「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」がテーマ。高い走行性能だけでなく、優雅なスタイリングを併せ持つヴァンキッシュの魅力を、同車と恋に落ちた谷口が力説する!
ホームへ戻る