花をイメージした「ルノー・カングー」登場

2013.02.22 自動車ニュース
「ルノー・カングー クルール」
花をイメージした特別色の「ルノー・カングー」登場

花をイメージした特別色の「ルノー・カングー」登場

ルノー・ジャポンは2013年2月22日、「毎日に花を」をテーマにした専用ボディーカラーを採用した限定車「カングー クルール」を、3色合計180台限定で発売した。

「タンタシオン ヴィオレ」
「タンタシオン ヴィオレ」
「クラージュ ジョン」
「クラージュ ジョン」
「カルム ブルー」
「カルム ブルー」

「カングー クルール」はフランス語で「色」を意味する「クルール」という名前の通り、ボディーカラーが特徴の限定車で、2010年から毎年販売されている。第4弾となる今回はフランス人の生活になじみが深い「花」をイメージした3色が用意される。
「毎日に花を」をテーマに選ばれたボディーカラーは、「気になる人の心を“誘惑”する紫の花色。Tentation VIOLET(タンタシオン ヴィオレ)」「元気になってほしい人を“勇気”づける黄の花色。Courage JAUNE(クラージュ ジョン)」「がんばっている人の心を“癒やす”青の花色。Calme BLEU(カルム ブルー)」の3色。合計180台の限定販売となる。

「カングー」が生産されるフランス北部のモーブージュ工場で、通常の塗装ラインから離れ、職人の手作業によってペイントされたというボディーカラーは、3色とも鮮やかで個性的だ。
またボディーカラーを際だたせるために、前後のバンパー、ドアミラー、リアランプガーニッシュにはブラックが採用される。

3色それぞれに5段MTと4段ATのモデルが設定される。価格はMT仕様が219万8000円。AT仕様が229万8000円。

(文と写真=工藤考浩)


花をイメージした「ルノー・カングー」登場の画像
大極 司ルノー・ジャポン社長が身に付けているストールは、「タンタシオン ヴィオレ」を表現した物で、ルノーウェブショップにて20枚限定で販売される。価格は1万5750円。
大極 司ルノー・ジャポン社長が身に付けているストールは、「タンタシオン ヴィオレ」を表現した物で、ルノーウェブショップにて20枚限定で販売される。価格は1万5750円。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • ルノーが「ルーテシアR.S.」をマイナーチェンジ 2017.7.6 自動車ニュース ルノー・ジャポンは、高性能ハッチバック「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」にマイナーチェンジを実施した。外装のブラッシュアップに加えて、新たに「シャシーカップ」グレードが設定された。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る