【スペック】全長×全幅×全高=4080×1720×1490mm/ホイールベース=2510mm/車重=1260kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4SOHC16バルブターボ(180ps/5750rpm、27.5kgm/2500rpm )/燃費=14.3km/リッター(10・15モード)/価格=309万円(テスト車=同じ)

アバルト・プント スーパースポーツ(FF/6MT)【試乗記】

ちょうどいいアバルト 2013.02.25 試乗記 アバルト・プント スーパースポーツ(FF/6MT)
……309万円

ホットハッチ「アバルト・プント」に、さらにパワフルなグレードが登場。その走りを、富士スピードウェイのショートサーキットで試した。

3モデルで再スタート

2009年2月の日本導入以来、玄人好みな魅力でイタ車ファンの人気をキープし続けている、“アバルトチューン”の「フィアット・プント」。そのグレード体系が、このたび「アバルト500」シリーズとともに変更された。
まず最もベーシックなモデルが、「アバルト・プント」。その上級モデルが「アバルト・プント スーパースポーツ」で、さらにチューンを極めた「アバルト・プント スコルピオーネ」も、世界限定199台(日本市場は40台)で販売される。

それにしてもアバルト・プント、ややこしいのは車名の変遷である。
最初に登場したときは、「アバルト・グランデプント」だった。2010年10月には、進化とともに「アバルト・プント エヴォ」になり、2012年10月からは「アバルト・プント」。これまで2回も名前が変わっている。
度重なる変更の理由は、ベースとなるフィアット・プントが、ころころと名前を変えたせいだが、とにかくこのたび、シンプルな「アバルト・プント」に落ち着いたというわけである。

車名は変わっても、その内容はプント エヴォから変更なし。エンジンは、インタークーラー付きの1.4リッター直4ターボ「マルチエア」。アウトプットは163ps/5500rpm、23.5kgm/2250rpmで、トランスミッションはコンベンショナルな6段MTのみ。アバルト500に見られる、オートマ走行も可能なロボタイズドMTは用意されない。
なお、人気のオプションである「アバルト・プント エッセエッセKONIキット」(エンジンパフォーマンスが180ps、27.5kgmへ向上。ブレーキシステムやサスペンションも強化品になる)と、「アバルト プントKONIキット」(足まわりのみアップグレード)も、これまでどおり用意される。

 
アバルト・プント スーパースポーツ(FF/6MT)【試乗記】の画像
「アバルト・プント スーパースポーツ」のインテリア。ファブリックのシートには、赤と黄色のステッチが入れられる。
「アバルト・プント スーパースポーツ」のインテリア。ファブリックのシートには、赤と黄色のステッチが入れられる。
リアビュー。「アバルト・プント スーパースポーツ」のボディーカラーは、「グリージョ カンポヴォーロ」と呼ばれるグレー1色のみとなる。
リアビュー。「アバルト・プント スーパースポーツ」のボディーカラーは、「グリージョ カンポヴォーロ」と呼ばれるグレー1色のみとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る