【スペック】全長×全幅×全高=4080×1720×1490mm/ホイールベース=2510mm/車重=1260kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4SOHC16バルブターボ(180ps/5750rpm、27.5kgm/2500rpm )/燃費=14.3km/リッター(10・15モード)/価格=309万円(テスト車=同じ)

アバルト・プント スーパースポーツ(FF/6MT)【試乗記】

ちょうどいいアバルト 2013.02.25 試乗記 アバルト・プント スーパースポーツ(FF/6MT)
……309万円

ホットハッチ「アバルト・プント」に、さらにパワフルなグレードが登場。その走りを、富士スピードウェイのショートサーキットで試した。

3モデルで再スタート

2009年2月の日本導入以来、玄人好みな魅力でイタ車ファンの人気をキープし続けている、“アバルトチューン”の「フィアット・プント」。そのグレード体系が、このたび「アバルト500」シリーズとともに変更された。
まず最もベーシックなモデルが、「アバルト・プント」。その上級モデルが「アバルト・プント スーパースポーツ」で、さらにチューンを極めた「アバルト・プント スコルピオーネ」も、世界限定199台(日本市場は40台)で販売される。

それにしてもアバルト・プント、ややこしいのは車名の変遷である。
最初に登場したときは、「アバルト・グランデプント」だった。2010年10月には、進化とともに「アバルト・プント エヴォ」になり、2012年10月からは「アバルト・プント」。これまで2回も名前が変わっている。
度重なる変更の理由は、ベースとなるフィアット・プントが、ころころと名前を変えたせいだが、とにかくこのたび、シンプルな「アバルト・プント」に落ち着いたというわけである。

車名は変わっても、その内容はプント エヴォから変更なし。エンジンは、インタークーラー付きの1.4リッター直4ターボ「マルチエア」。アウトプットは163ps/5500rpm、23.5kgm/2250rpmで、トランスミッションはコンベンショナルな6段MTのみ。アバルト500に見られる、オートマ走行も可能なロボタイズドMTは用意されない。
なお、人気のオプションである「アバルト・プント エッセエッセKONIキット」(エンジンパフォーマンスが180ps、27.5kgmへ向上。ブレーキシステムやサスペンションも強化品になる)と、「アバルト プントKONIキット」(足まわりのみアップグレード)も、これまでどおり用意される。

 
アバルト・プント スーパースポーツ(FF/6MT)【試乗記】の画像
「アバルト・プント スーパースポーツ」のインテリア。ファブリックのシートには、赤と黄色のステッチが入れられる。
「アバルト・プント スーパースポーツ」のインテリア。ファブリックのシートには、赤と黄色のステッチが入れられる。
リアビュー。「アバルト・プント スーパースポーツ」のボディーカラーは、「グリージョ カンポヴォーロ」と呼ばれるグレー1色のみとなる。
リアビュー。「アバルト・プント スーパースポーツ」のボディーカラーは、「グリージョ カンポヴォーロ」と呼ばれるグレー1色のみとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アバルト695ビポスト フルスペック仕様(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.29 試乗記 0-100km/h加速5.9秒をうたう究極のアバルト、「695ビポスト」に試乗。ノンシンクロの“ドグミッション”を搭載したスーパーアバルトは、一体どんな走りを見せるのだろうか。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • FCA合同試乗会(前編)【試乗記】 2016.4.16 試乗記 大磯ロングビーチに特設のジムカーナコースが出現! FCAがフィアット、アルファ・ロメオ、アバルトの最新モデルを一度に試すことができる特別試乗会を開催した。前編では、刺激的な走りが身上の、アバルト各モデルの魅力をリポートする。
  • アバルト695トリブートフェラーリ(FF/5AT)【試乗記】 2011.6.1 試乗記 アバルト695トリブートフェラーリ(FF/5AT)
    ……569万5000円(テスト車=同じ)

    「フィアット500」をベースにチューンした「アバルト500」の、そのまたハイチューン版コンプリートカーが、「アバルト695トリブートフェラーリ」だ。“アバルト”と“フェラーリ”、ふたつのブランドを冠するスーパーハッチの乗り味は?
  • 第345回:「ABARTH DRIVING ACADEMY」に参加
    最新のアバルトで富士スピードウェイを爆走する!
    2016.5.19 エッセイ アバルトオーナーを対象としたドライビングセミナー「ABARTH DRIVING ACADEMY(アバルトドライビングアカデミー)」に、最新モデルの「595コンペティツィオーネ」で参加。富士スピードウェイを全開走行して感じた、現代版アバルトの魅力とは?
ホームへ戻る