第10回:創業50周年の祝賀イベントは要チェック! 
インポーターに聞きました〜ランボルギーニ編〜

2013.02.22 特集

第10回:創立50周年の祝賀イベントは要チェック! インポーターに聞きました〜ランボルギーニ編〜

新型フラッグシップの「アヴェンタドール」に「ロードスター」を追加し、「ガヤルド」にマイナーチェンジを施すなど、商品力の強化に努めた2012年のランボルギーニ。創業50周年となる今年の動向を聞いた。

好スタートのアヴェンタドール、衰え知らずのガヤルド人気

――2012年はランボルギーニにとってどんな年でしたか?

おかげさまで、全世界における販売台数は、前年の1602台から2083台に増加しました。中でも日本では、前年比68%増にあたる99台と、他国と比較して最高レベルの成長率を達成しました。

――現在、販売をけん引している車種、イチオシの車種はどのモデルですか?

販売開始から1年を迎えた「アヴェンタドールLP700-4」が、ブランド成長の大きな原動力となっていることはもちろんですが、「ガヤルド」シリーズも安定した販売実績を示しています。全世界の累計販売はすでに1万3000台を超えていますし、歴史上最も成功したランボルギーニ車と言えるでしょう。
日本市場においても、2012年11月29日にデザインを進化させた新「ガヤルドLP560-4」を発売しました。おかげさまで、大変注目をいただいています。

――今年導入を予定している車種、注目の車種はありますか?

2012年にアジアで初開催された「ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ」を記念して、「ガヤルドLP570-4スーパートロフェオ ストラダーレ ブラック フォー ジャパン」を、1月末に発表いたしました。販売台数は限定3台の予定です。

――全国のwebCG読者へ一言お願いします。

ランボルギーニは今年で創業50周年。それに合わせて、世界中で記念イベントが計画されています。中でもハイライトとなるのが、5月にイタリアで開催される「グランデ・ジーロ・ランボルギーニ 50th アニベルサリオ」。何百台ものランボルギーニ車とそのオーナーが、ミラノを出発点としてイタリアの壮麗な都市や名所を巡り、ランボルギーニ生誕の地であるサンターガタ・ボロネーゼを目指すというものです。
日本でも、より多くの方にランボルギーニを知っていただき、極上の体験を提供できる企画を検討しておりますので、どうぞご期待ください。

(文=webCG 堀田/写真=田村弥)


第10回:創業50周年の祝賀イベントは要チェック! インポーターに聞きました〜ランボルギーニ編〜の画像
2010年の11月に発表された「アヴェンタドールLP700-4」。昨年には2シーターオープンの「ロードスター」が追加された。(写真=webCG)
2010年の11月に発表された「アヴェンタドールLP700-4」。昨年には2シーターオープンの「ロードスター」が追加された。(写真=webCG)
デビュー10周年を前に、2度目のマイナーチェンジを受けた「ガヤルドLP560-4」。軽量・高出力のハイパフォーマンスモデルや、後輪駆動バージョンなど、バラエティー豊かなラインナップも魅力。
デビュー10周年を前に、2度目のマイナーチェンジを受けた「ガヤルドLP560-4」。軽量・高出力のハイパフォーマンスモデルや、後輪駆動バージョンなど、バラエティー豊かなラインナップも魅力。
日本限定の特別仕様車として登場した「ガヤルドLP570-4スーパートロフェオ ストラダーレ ブラック フォー ジャパン」。ワンメイクレース用マシンの公道仕様である「スーパートロフェオ ストラダーレ」をベースに、専用の内外装を採用したものだ。(写真=アウトモビリ ランボルギーニ ジャパン)
日本限定の特別仕様車として登場した「ガヤルドLP570-4スーパートロフェオ ストラダーレ ブラック フォー ジャパン」。ワンメイクレース用マシンの公道仕様である「スーパートロフェオ ストラダーレ」をベースに、専用の内外装を採用したものだ。(写真=アウトモビリ ランボルギーニ ジャパン)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「JAIA輸入車試乗会2013」の過去記事リストへ