「レンジローバー」に新たな3リッターV6モデル

2013.02.21 自動車ニュース

「レンジローバー」に新たな3リッターV6モデルが登場

英ジャガー・ランドローバーは2013年2月20日、高級SUV「レンジローバー」に、新開発のV6エンジンを搭載すると発表した。

2012年8月にその概要が発表され、2013年1月に日本上陸を果たした、第4世代の「レンジローバー」。デビュー当初のガソリンエンジンは、出力が異なる2種類のV8ユニットに限られたが、このたび新たにスーパーチャージャー付きの3リッターV6も用意されることになった。

新エンジンは、340ps/6500rpmと45.9kgm/3500-5000rpmを発生。先にジャガーのミドル級セダン「XF」にも採用されているものと基本構造は同じだが、悪路の走行を想定して出力特性やオイルパンの形状が改められるなど、「レンジローバー」独自のチューニングが施されている。
組み合わされるトランスミッションは、ZF製の8段AT。0-100km/h加速を7.4秒でこなすパフォーマンスを発揮しながら、CO2排出量は5リッターV8モデルより15%少ないと、ランドローバーは胸を張る。

このV6エンジン搭載車は、今後世界の主要マーケットで展開されるとのことだが、日本市場への導入時期は、いまのところ未定となっている。

(webCG 関)

第4世代となる新型「レンジローバー」。写真はV8エンジンを搭載する「5.0 V8ヴォーグ」。
第4世代となる新型「レンジローバー」。写真はV8エンジンを搭載する「5.0 V8ヴォーグ」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • 価格を抑えた「メルセデスAMG CLA45 4MATIC」限定発売 2017.3.21 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年3月21日、高性能モデル「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC」をベースとする限定車「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC Racing Edition」を発表した。同年4月上旬に90台限定で発売する。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.9 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ティグアン」に試乗。同社の生産モジュール「MQB」をSUVシリーズとして初めて採用したティグアンは、どのモデルよりも「ゴルフ」を思わせる、折り目正しいクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る