「メルセデス・ベンツSLKクラス」にMTモデル登場

2013.02.20 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツSLKクラス」にマニュアルトランスミッション車が登場

メルセデス・ベンツ日本は2013年2月20日、オープン2シーターの「SLKクラス」に、6段MT仕様の「SLK200ブルーエフィシェンシー MT」と、エントリーグレード「SLK200ブルーエフィシェンシー トレンド」を追加。販売を開始した。

今回追加されたSLK200ブルーエフィシェンシー MTは、SLKクラスの1.8リッター直4ターボモデルに、ダイムラーが自主開発した最新式の6段MTを搭載したものだ。メルセデス・ベンツの日本導入モデルにMT仕様が設定されるのは、1992年に絶版となった「190Eアンファング」以来、実に21年ぶりのこととなる。

シフトレバーには、素早い変速操作が可能なショートストロークタイプを採用。坂道発進などで車両が後退するのを防ぐヒルスタートアシストや、アイドリングストップ機構などを標準装備している。

また同時に追加されたSLK200ブルーエフィシェンシー トレンドは、充実した装備と手ごろな価格設定で人気を博した特別仕様車「SLK200ブルーエフィシェンシー 1stアニバーサリーエディション」を、標準ラインナップとしたものである。専用装備としてトランクリッドスポイラーや17インチ10スポークアルミホイールを採用しながら、500万円を切る価格を実現している。

価格はSLK200ブルーエフィシェンシー MTが493万円で、SLK200ブルーエフィシェンシー トレンドが498万円。

(webCG)

「メルセデス・ベンツSLK200ブルーエフィシェンシー MT」
「メルセデス・ベンツSLK200ブルーエフィシェンシー MT」 拡大

「メルセデス・ベンツSLKクラス」にMTモデル登場の画像 拡大

「メルセデス・ベンツSLKクラス」にMTモデル登場の画像 拡大

「メルセデス・ベンツSLKクラス」にMTモデル登場の画像 拡大

関連キーワード:
SLKクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.20 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗した。“先代よりも大きく広くなった”とはいえ、セダンと比べると実用性では大きく劣るのがオープントップモデルの宿命。過去に3台のオープンモデルを乗り継いできたリポーターは、どこに価値を見いだした?
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.7.17 試乗記 今やアイコン的存在となっているメルセデス・ベンツのクロスカントリーモデル「Gクラス」。新設計のボディーやフロント独立懸架の足まわりを得て、劇的な進化を遂げたというニューモデルの出来栄えを、“オン”と“オフ”の両方で確かめた。
ホームへ戻る