「メルセデス・ベンツSLKクラス」にMTモデル登場

2013.02.20 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツSLKクラス」にマニュアルトランスミッション車が登場

メルセデス・ベンツ日本は2013年2月20日、オープン2シーターの「SLKクラス」に、6段MT仕様の「SLK200ブルーエフィシェンシー MT」と、エントリーグレード「SLK200ブルーエフィシェンシー トレンド」を追加。販売を開始した。

今回追加されたSLK200ブルーエフィシェンシー MTは、SLKクラスの1.8リッター直4ターボモデルに、ダイムラーが自主開発した最新式の6段MTを搭載したものだ。メルセデス・ベンツの日本導入モデルにMT仕様が設定されるのは、1992年に絶版となった「190Eアンファング」以来、実に21年ぶりのこととなる。

シフトレバーには、素早い変速操作が可能なショートストロークタイプを採用。坂道発進などで車両が後退するのを防ぐヒルスタートアシストや、アイドリングストップ機構などを標準装備している。

また同時に追加されたSLK200ブルーエフィシェンシー トレンドは、充実した装備と手ごろな価格設定で人気を博した特別仕様車「SLK200ブルーエフィシェンシー 1stアニバーサリーエディション」を、標準ラインナップとしたものである。専用装備としてトランクリッドスポイラーや17インチ10スポークアルミホイールを採用しながら、500万円を切る価格を実現している。

価格はSLK200ブルーエフィシェンシー MTが493万円で、SLK200ブルーエフィシェンシー トレンドが498万円。

(webCG)

「メルセデス・ベンツSLK200ブルーエフィシェンシー MT」
「メルセデス・ベンツSLK200ブルーエフィシェンシー MT」

「メルセデス・ベンツSLKクラス」にMTモデル登場の画像

「メルセデス・ベンツSLKクラス」にMTモデル登場の画像

「メルセデス・ベンツSLKクラス」にMTモデル登場の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • メルセデス・ベンツが「SL」に新しいフロントデザインを採用 2016.6.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが大幅改良を施した「SL」を発売。フロントまわりの意匠を変更したほか、V6モデルのエンジンを新世代の3リッターV6直噴ツインターボとした。また旋回時に車体をコーナーの内側にロールさせる「ダイナミックカーブ機能」を新採用した。
  • メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)【試乗記】 2012.10.17 試乗記 メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)
    ……2245万円

    飛ばせば矢のように速く、流せば無類の底力を発揮する「SL63 AMG」。このスーパーロードスターを心地よく走らせるにはどうしたらいい? 初秋の南房総を行く。
ホームへ戻る