第284回:『トップ・ギア』登場車に見る、フクザツなイギリスのクルマ愛

2013.02.22 エッセイ

第284回:『トップ・ギア』登場車に見る、フクザツなイギリスのクルマ愛

名(迷)自動車バラエティー番組

ボクが小学生だった1970年代、東京12チャンネル(現:テレビ東京)は、世界の珍しい番組を放送する、ありがたい放送局だった。特に覚えているのはカナダ制作の料理バラエティー『世界の料理ショー』と、イギリスのコメディー『空飛ぶモンティ・パイソン』だ。『空飛ぶモンティ・パイソン』は特に衝撃的だった。イギリス公共放送BBCの番組にもかかわらず、エリザベス女王を含むイギリス王室をねたにした、きわどいギャグをたびたび流していたからだ。子どもながらに、自由なヨーロッパの風を感じたものだった。

その同じBBCの、今日における名物番組といえば、自動車バラエティー『Top Gear(トップ・ギア)』だろう。日本でも、現在までいくつかのメディアを通じて紹介されているので、ご存じの方も多いと思う。1977年の放送開始以来、硬軟とりまぜ、ありとあらゆる企画が実施されてきた。特に、超高性能車のインプレッションものはファンの間で知名度が高い。

おかげで、“低性能車”ファンのボクは当初、あまりこの番組に興味を持っていなかったのだが、関心をもつきっかけとなったのは別コーナーで出演者3人が繰り広げる、カスタムカー企画の数々であった。
その面白さを通り越して、ばかばかしさ満点の歴代カスタムカーたちを見られるのが、イギリス南部のハンプシャー州ビューリーにある「ナショナルモーターミュージアム」である。「The World of Top Gear」と名付けられた展示は、屋外テントの下に設けられたものだが、期限のない、ほぼ常設展扱いとなっている。 

「ナショナルモーターミュージアム」の「The World of Top Gear」展から。
『トップ・ギア』2006年放送「メルセデスコテージ」の回に登場した、トランクリッドから煙突を突き出した「メルセデス・ベンツSクラス」。
第284回:『トップ・ギア』登場車に見る、フクザツなイギリスのクルマ愛
写真は構想図。
第284回:『トップ・ギア』登場車に見る、フクザツなイギリスのクルマ愛
椅子が固定されていないため、ターンすると乗員は転げまわり、装備していた暖炉のおかげで、高速走行中の室内は煙に包まれることになる。
第284回:『トップ・ギア』登場車に見る、フクザツなイギリスのクルマ愛

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。