「フォード・マスタング」に40台の限定モデル

2013.02.19 自動車ニュース

「フォード・マスタング」に走りを楽しむ40台の限定モデル登場

フォード・ジャパン・リミテッドは2013年2月19日、「フォード・マスタング」の特別仕様車「V8 GTパフォーマンスパッケージ」を、同年3月16日から40台限定で販売すると発表した。

今回の限定モデルは、「マスタングV8 GTクーペ プレミアム」をベースに、スポーティーな走りを楽しむための専用装備を多数採用したものである。

エンジンはベース車と同じ5リッターV8DOHCで、426psの最高出力と53.9kgmの最大トルクを発生。マニュアルモード付きの6段AT仕様と、ファイナルギアレシオを3.73にローギアード化した、専用の6段MT仕様が用意されている。

また専用チューニングのスプリングやストラット、リアコントロールアームなどでサスペンションを強化。足まわりは専用デザインの19インチアルミホイールと255/40R19サイズのタイヤの組み合わせで、フロントブレーキにはブレンボ製の大径ローター&キャリパーが装備される。

さらに、ESC(横滑り防止装置)のプログラムもよりスポーティーな走行に対応した内容に変更され、シートも専用のレカロ社製スポーツレザーシートとなっている。

ボディーカラーは、標準車にも設定のある「スターリンググレー」のほか、専用の「GHIグリーン」をMT仕様のみに設定。価格はMT仕様、AT仕様ともに540万円で、前者が25台、後者が15台の台数限定で販売される。

(webCG)

「フォード・マスタングV8 GTパフォーマンスパッケージ」
「フォード・マスタング」に40台の限定モデル

「フォード・マスタング」に40台の限定モデル

「フォード・マスタング」に40台の限定モデル

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • 「水野和敏的視点」 vol.106 フォード・マスタング 50 YEARS EDITION(前編) 2015.6.26 mobileCG 外観はレトロ、でも中身は最新。水野和敏氏は新型「マスタング」をこう見る。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
  • フォード・マスタング エコブースト(FR/6AT)/マスタングGT(FR/6AT)【海外試乗記】 2014.10.15 試乗記 フォードの看板スポーティーカーのモデルチェンジともなれば、それだけでちまたは大騒ぎだが、今度の新型はちょっと違う。「マスタング」の心臓として、いよいよ直4ユニットが載るのだ。“再定義されたアメリカンマッスル”をロサンゼルス郊外で試した。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る