「フォード・マスタング」に40台の限定モデル

2013.02.19 自動車ニュース

「フォード・マスタング」に走りを楽しむ40台の限定モデル登場

フォード・ジャパン・リミテッドは2013年2月19日、「フォード・マスタング」の特別仕様車「V8 GTパフォーマンスパッケージ」を、同年3月16日から40台限定で販売すると発表した。

今回の限定モデルは、「マスタングV8 GTクーペ プレミアム」をベースに、スポーティーな走りを楽しむための専用装備を多数採用したものである。

エンジンはベース車と同じ5リッターV8DOHCで、426psの最高出力と53.9kgmの最大トルクを発生。マニュアルモード付きの6段AT仕様と、ファイナルギアレシオを3.73にローギアード化した、専用の6段MT仕様が用意されている。

また専用チューニングのスプリングやストラット、リアコントロールアームなどでサスペンションを強化。足まわりは専用デザインの19インチアルミホイールと255/40R19サイズのタイヤの組み合わせで、フロントブレーキにはブレンボ製の大径ローター&キャリパーが装備される。

さらに、ESC(横滑り防止装置)のプログラムもよりスポーティーな走行に対応した内容に変更され、シートも専用のレカロ社製スポーツレザーシートとなっている。

ボディーカラーは、標準車にも設定のある「スターリンググレー」のほか、専用の「GHIグリーン」をMT仕様のみに設定。価格はMT仕様、AT仕様ともに540万円で、前者が25台、後者が15台の台数限定で販売される。

(webCG)

「フォード・マスタングV8 GTパフォーマンスパッケージ」
「フォード・マスタングV8 GTパフォーマンスパッケージ」 拡大

「フォード・マスタング」に40台の限定モデルの画像 拡大

「フォード・マスタング」に40台の限定モデルの画像 拡大

関連キーワード:
マスタングフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • フォード・マスタング エコブースト(FR/6AT)/マスタングGT(FR/6AT)【海外試乗記】 2014.10.15 試乗記 フォードの看板スポーティーカーのモデルチェンジともなれば、それだけでちまたは大騒ぎだが、今度の新型はちょっと違う。「マスタング」の心臓として、いよいよ直4ユニットが載るのだ。“再定義されたアメリカンマッスル”をロサンゼルス郊外で試した。
  • ポルシェ・パナメーラ4 Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.18 試乗記 電動パワートレインを搭載した、“シューティングブレーク”スタイルの高性能ツアラー「ポルシェ・パナメーラ4 Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。ラインナップ拡充と電動化を推し進める今日のポルシェを象徴するかのような一台に、リポーターは何を感じたか?
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
ホームへ戻る