「フォード・マスタング」に40台の限定モデル

2013.02.19 自動車ニュース

「フォード・マスタング」に走りを楽しむ40台の限定モデル登場

フォード・ジャパン・リミテッドは2013年2月19日、「フォード・マスタング」の特別仕様車「V8 GTパフォーマンスパッケージ」を、同年3月16日から40台限定で販売すると発表した。

今回の限定モデルは、「マスタングV8 GTクーペ プレミアム」をベースに、スポーティーな走りを楽しむための専用装備を多数採用したものである。

エンジンはベース車と同じ5リッターV8DOHCで、426psの最高出力と53.9kgmの最大トルクを発生。マニュアルモード付きの6段AT仕様と、ファイナルギアレシオを3.73にローギアード化した、専用の6段MT仕様が用意されている。

また専用チューニングのスプリングやストラット、リアコントロールアームなどでサスペンションを強化。足まわりは専用デザインの19インチアルミホイールと255/40R19サイズのタイヤの組み合わせで、フロントブレーキにはブレンボ製の大径ローター&キャリパーが装備される。

さらに、ESC(横滑り防止装置)のプログラムもよりスポーティーな走行に対応した内容に変更され、シートも専用のレカロ社製スポーツレザーシートとなっている。

ボディーカラーは、標準車にも設定のある「スターリンググレー」のほか、専用の「GHIグリーン」をMT仕様のみに設定。価格はMT仕様、AT仕様ともに540万円で、前者が25台、後者が15台の台数限定で販売される。

(webCG)

「フォード・マスタングV8 GTパフォーマンスパッケージ」
「フォード・マスタングV8 GTパフォーマンスパッケージ」

「フォード・マスタング」に40台の限定モデルの画像

「フォード・マスタング」に40台の限定モデルの画像

関連キーワード:
マスタングフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • マックイーンのあのマスタングが復活!
    50年目の「マスタング ブリット」にアメリカ車の輝きを見た
    2018.2.5 デイリーコラム 気分はスティーブ・マックイーン! 映画史に残るカーチェイスを繰り広げた、世界一有名な「フォード・マスタング」の雄姿と、“劇中車”の50周年を記念した特別仕様車の登場に、長年にわたり銀幕を彩ってきたアメリカ車の輝きを見た。
  • 「フェラーリ・ポルトフィーノ」が日本デビュー 2018.2.19 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2018年2月19日、東京都千代田区のパレスホテル東京において、新型オープンスポーツカー「ポルトフィーノ」を日本初公開した。税込み価格は2530万円となる。
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • ホンダのSUV「ヴェゼル」がマイナーチェンジ 2018.2.15 自動車ニュース 本田技研工業は2018年2月15日、マイナーチェンジしたSUV「ヴェゼル」を発表した。同年2月16日に販売を開始する。
ホームへ戻る