ボルボが新型「V40」を発売

2013.02.19 自動車ニュース
「ボルボV40」
ボルボが新型「V40」を発売

ボルボが新型「V40」を発売

ボルボ・カー・ジャパンは2013年2月19日、新型ハッチバックモデル「V40」を発売した。作動速度域が高められた改良版の「シティ・セーフティ」や、世界初の「歩行者用エアバッグ」(オプション)が装着されるなど、充実した安全装備が自慢。車両本体価格は269万円からで、エコカー減税75%対象モデルとなっている。


ボルボが新型「V40」を発売の画像

ボルボが新型「V40」を発売の画像
ボルボ初採用の「フル液晶メーターパネル」。3種類の表示が選べる。写真は「パフォーマンス」と呼ばれるもの。
ボルボ初採用の「フル液晶メーターパネル」。3種類の表示が選べる。写真は「パフォーマンス」と呼ばれるもの。

■「1シリーズ」や「Aクラス」がライバル

昨年のジュネーブモーターショーでデビューした「ボルボV40」。すでに欧州では販売されており、『webCG』でも海外試乗会でのインプレッションを紹介しているが、ワールドプレミアから1年弱で日本に上陸した。

5ドアワゴンだった初代「V40」以来、9年ぶりにその名を冠して登場した新型は、現行ボルボのラインナップ中、5ドアモデルでは最も小柄な「プレミアム・スポーツコンパクト」。先行していた「アウディA3スポーツバック」や「BMW 1シリーズ」に加え、「メルセデス・ベンツAクラス」が参入したことによって、日本でも市場が活発化しそうな、スポーティーでスタイリッシュなプレミアムコンパクトハッチバックである。

日本仕様のボディーサイズは、全長4370mm、全幅1785mm、全高1440mm、ホイールベース2645mm。「ダイナミックなクーペフォルムとモダン・スカンジナビアデザインの融合」をうたったスタイリングは、「C30」に始まるボルボのデザインランゲージを受け継ぐもので、リアドアの後方でフックしたキャラクターラインやウィンドウグラフィックスなどは、往年のスポーツクーペである「P1800」や、それをベースとしたスポーツワゴン「P1800ES」へのオマージュという。

選ばれた素材とカラーを用い、人間工学に基づいてデザインされた、スカンジナビアンテイストあふれる快適なインテリア。特徴は気分に応じて「エレガンス」「エコ」「パフォーマンス」の3テーマからグラフィックが選択可能な、ボルボ初採用の「フル液晶メーターパネル」。そのほか夜間に7色のアンビエントライトを選択できる「インテリア・シアターライト」、オプションの「パノラマ・ガラスルーフ」などの魅力的な装備も用意される。


ボルボが新型「V40」を発売の画像
世界初となる「歩行者用エアバッグ」がオプションで用意される。
世界初となる「歩行者用エアバッグ」がオプションで用意される。
ボルボ・カー・ジャパンのアラン・デッセルス代表取締役社長(写真左)と、ボルボ本社のセーフティーセンターでシニアセーフティーエンジニアを務めるステファン・ライバーグ氏(右)。
ボルボ・カー・ジャパンのアラン・デッセルス代表取締役社長(写真左)と、ボルボ本社のセーフティーセンターでシニアセーフティーエンジニアを務めるステファン・ライバーグ氏(右)。

■世界初の「歩行者用エアバッグ」を搭載

パワーユニットは最高出力180ps、最大トルク24.5kgmを発生する直4DOHC1.6リッター直噴ターボ。すでに日本仕様のボルボではおなじみのエンジンだが、「V40」ではボルボとしては初めて「スタート/ストップ機能」(アイドリングストップ)が採用された。このエンジンとスポーツモードを備えた高効率の6段湿式デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせ、さらにブレーキエネルギー回生システムなどの採用によって、高い動力性能はそのままに燃費とCO2排出量の低減を達成。燃費は従来型コンパクトモデル(「C30」「S40」「V50」)比で約40%改善され、JC08モードでリッターあたり16.2km。これによってエコカー減税対象モデルとなっている。

ボルボならではの革新的な安全思想も「V40」に息づいている。全車標準装備の低速域用自動ブレーキシステム「シティ・セーフティ」は、従来の30km/hから50km/h以下へと作動速度域が向上。ミリ波レーダーとカメラを併用した歩行者検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキシステムである「ヒューマン・セーフティ」をはじめとする10種類の先進的な安全技術を20万円というリーズナブルな価格で提供する「セーフティ・パッケージ」を全車種にオプション設定。
さらに車両が歩行者との衝突を感知すると、エアバッグが緩衝材としてアルミ製のボンネットを持ち上げ、フロントウィンドウに向けてエアバッグを展開、歩行者がガラス面やAピラー下部といった硬い部分で負傷しないよう保護する、世界初となる画期的な「歩行者用エアバッグ」もオプションで用意される。また、「パーク・アシスト・パイロット(PAP)」と呼ばれる縦列駐車支援システムも新たに設定された。

新しい「V40」、グレードは「T4」と「T4 SE」の2種類で、車両本体価格は前者が269万円、後者が309万円となっている。

(文=沼田亨/写真=webCG)

関連記事
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 第34回:ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
  • 第33回:ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
  • ディーゼルの「ボルボV40」にスポーティーな限定車 2017.1.25 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年1月25日、スポーティーな装備を特徴とする特別仕様車「V40 D4 R-DESIGNポールスターエディション」を発表。同日、150台限定で発売した。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • AMG設立50周年を記念したスペシャルな「Gクラス」発売 2017.5.10 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年5月10日、「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」を発表し、50台の台数限定で発売した。価格は2220万円。
  • 第409回:「アウディQ2」のデザイナー
    若者が求める“クルマ像”を語る
    2017.5.8 エディターから一言 アウディのコンパクトSUV「Q2」の発売に伴い、同車のデザイナーを務めたマティアス・フィンク氏が来日。同車がターゲットとしている、若者が求める“クルマ像”とはどのようなものなのか、自身も30代という若手デザイナーが語った。
ホームへ戻る