【スペック】全長×全幅×全高=4370×1785×1440mm/ホイールベース=2645mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(180ps/5700rpm、24.5kgm/1600-5000rpm)/燃費=16.2km/リッター(JC08モード)/価格=309万円(テスト車=417万5000円)

ボルボV40 T4 SE(FF/6AT)【試乗記】

「ヒューマン・センタード」という考え方 2013.02.19 試乗記 ボルボV40 T4 SE(FF/6AT)
……417万5000円

充実した安全装備や心地良いインテリアは、新型「ボルボV40」の大きな見どころ。しかしライバルと一番違うのは、「ヒューマン・センタード(human-centered)」という設計思想かもしれない。

“全部盛り”なら400万円コース

THE ALL-NEW「VOLVO V40」とは、どんなクルマか。以下、プレスリリースより引用。
「ボルボのラインナップにおいて最も小さな5ドア プレミアム・スポーツコンパクト」「作動速度域を50km/hまで高めた自動ブレーキ『シティ・セーフティ』を全モデルに標準装備」「『Elegance』『Eco』『Performance』の3種類が表示可能なカラー液晶メーターを搭載」「最新の1.6リッター直噴ターボエンジンは、従来型比約40%向上の燃費16.2km/リッターを達成」「世界初の『歩行者エアバッグ』をオプションで設定」

輸入元の説明によると、コンペティターは例えばベンツの新型「Aクラス」。BMWの「1シリーズ」。アウディの「A3」。アルファ・ロメオの「ジュリエッタ」。レクサスの「CT」。「プレミアム」で「スポーツ」なCセグメントのハッチバック、ということで。なお新型V40の車名、輸入元としては「Vフォーティー」と読んで、または呼んでほしいと強く希望している。「ヨンジュウ」ではなく。

グレードは2種類あって、“素”相当の「T4」が車両本体価格269万円。高いほうの「T4 SE」は309万円。歩行者エアバッグは要プラス6万円。「歩行者検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」その他からなる「セーフティ・パッケージ」は同じく20万円。

「やっぱボルボはレザーじゃないと」の場合は、SEをお選びいただいたうえでさらにプラス20万円の「レザー・パッケージ」。せっかくだから純正ナビも、の場合も同じくで、プラス20万円。広報活動のためにわざわざ来日した担当チーフデザイナーさんが強く推奨していた「パノラマ・ガラスルーフ」もやはりSEでだけ選べて、プラス18万円。

そういう次第で、高いほうを買ってほいほいオプション装備群を盛っていくと合計金額は400万円ぐらいになる。でも取りあえず、ベース価格は頑張って安くした……といっていいでしょう。あと、いまのイマなら安全パッケージの20万円ぶんはタダになる。詳しくはウェブで……ってここもウェブ上ですね。

歩行者用エアバッグはボンネットを持ち上げる形でウインドシールド方向に広がる。市街地走行を想定した20〜50km/hで作動。
歩行者用エアバッグはボンネットを持ち上げる形でウインドシールド方向に広がる。市街地走行を想定した20〜50km/hで作動。
1.6リッター直4ターボエンジンは180psと24.5kgmを発生。湿式デュアルクラッチの6段ギアトロニックトランスミッションと組み合わされる。
1.6リッター直4ターボエンジンは180psと24.5kgmを発生。湿式デュアルクラッチの6段ギアトロニックトランスミッションと組み合わされる。
ボルボらしいソフトな造形のインテリア。インパネの中央には、定番の「フローティングセンタースタック」が据えられる。
ボルボらしいソフトな造形のインテリア。インパネの中央には、定番の「フローティングセンタースタック」が据えられる。
メーターは液晶パネルに映しだされ、3つのテーマから好みのものを選ぶことができる。写真は中央のダイヤルが赤いタコメーターになる「Performance」。(クリックすると3種類のテーマが見られます)
メーターは液晶パネルに映しだされ、3つのテーマから好みのものを選ぶことができる。写真は中央のダイヤルが赤いタコメーターになる「Performance」。(クリックすると3種類のテーマが見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第7回:エコランでV40 D4の燃費を確かめる 2015.8.10 特集 すぐれた燃費性能がうたわれる、ボルボのクリーンディーゼル搭載車。では、実際に満タン・無給油で、どれだけの距離を走れるのか? “ミスター・テスター”笹目二朗が、「V40 D4 SE」でテストした。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGN(ポールスター・パフォーマンス・パッケージ装着車)(FF/8AT)【試乗記】 2015.12.25 試乗記 台数限定ではもったいない? 「ボルボV40」のディーゼルモデルにスポーティーな意匠とサスペンションチューニングが特徴の「R-DESIGN」が200台限定で登場。純正ROMチューンの「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」が施された車両に試乗し、その実力を確かめた。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • 「レクサスNX」にブラックで引き締めた特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月24日、レクサスブランドのコンパクトSUV「NX」に特別仕様車「Urban Style」を設定し、販売を開始した。「Iパッケージ」グレードをベースに、ブラック塗装のスピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールが採用されている。
ホームへ戻る