海外向け「マツダCX-9」がマイナーチェンジ

2012.09.21 自動車ニュース

海外向け「マツダCX-9」がマイナーチェンジ

マツダは、海外向けクロスオーバーSUV「マツダCX-9」にマイナーチェンジを施し、オーストラリア国際自動車ショー(会期:10月18日〜10月28日)で公開する。

「マツダCX-9」は、3.7リッターV6エンジンを搭載する全長5m級の大型クロスオーバー車。マツダの最上級モデルとして、北米やオーストラリアをはじめとする世界74カ国で販売されている。2007年のデビュー以来の世界累計販売台数は21万台を超えた(2012年7月末時点)。

今回のマイナーチェンジで、同社の新しいデザインテーマ「魂動(こどう)」の要素を取り入れた外観デザインに改められる。また装備類が見直され、前方衝突警報、車線逸脱警報、ハイビームコントロールなどの安全装備が採用される。

(webCG 竹下)

「マツダCX-9」
「マツダCX-9」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CX-9の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダCX-9 2015.11.19 画像・写真 マツダが米国ロサンゼルスオートショーで新型「CX-9」を発表した。同車は全長5065mmという大きさの3列シートのクロスオーバーモデルであり、新開発の2.5リッター直噴ターボ「SKYACTIV-G 2.5T」が搭載される。2016年春にデビューするニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • マツダ、運転支援システムの設定を大幅に拡大 2017.3.13 自動車ニュース マツダが「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」と呼ばれる運転支援システムの設定を大幅に拡大。2017年度中に、「デミオ」「アクセラ」「アテンザ」「CX-3」「CX-5」の5モデルにおいて、標準装備化すると発表した。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
ホームへ戻る