海外向け「マツダCX-9」がマイナーチェンジ

2012.09.21 自動車ニュース

海外向け「マツダCX-9」がマイナーチェンジ

マツダは、海外向けクロスオーバーSUV「マツダCX-9」にマイナーチェンジを施し、オーストラリア国際自動車ショー(会期:10月18日〜10月28日)で公開する。

「マツダCX-9」は、3.7リッターV6エンジンを搭載する全長5m級の大型クロスオーバー車。マツダの最上級モデルとして、北米やオーストラリアをはじめとする世界74カ国で販売されている。2007年のデビュー以来の世界累計販売台数は21万台を超えた(2012年7月末時点)。

今回のマイナーチェンジで、同社の新しいデザインテーマ「魂動(こどう)」の要素を取り入れた外観デザインに改められる。また装備類が見直され、前方衝突警報、車線逸脱警報、ハイビームコントロールなどの安全装備が採用される。

(webCG 竹下)

「マツダCX-9」
「マツダCX-9」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CX-9の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダCX-9 2015.11.19 画像・写真 マツダが米国ロサンゼルスオートショーで新型「CX-9」を発表した。同車は全長5065mmという大きさの3列シートのクロスオーバーモデルであり、新開発の2.5リッター直噴ターボ「SKYACTIV-G 2.5T」が搭載される。2016年春にデビューするニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • マツダCX-5 2016.12.15 画像・写真 マツダは2016年12月15日、新型「CX-5」を発表した。キーワードは「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」。デザインは「洗練された力強さ」の表現を目指し、「魂動デザイン」のコンセプトをより高い領域へ引き上げた。その姿を画像で紹介する。
  • マツダ、3列シートの新型CX-9を世界初公開【LAショー2015】 2015.11.19 自動車ニュース マツダがロサンゼルスオートショーにおいて3列シート車の新型「CX-9」を発表した。同車は全長5065mmのミドルサイズクロスオーバーモデルであり、エンジンには新開発の2.5リッター直噴ターボ「SKYACTIV-G 2.5T」が採用される。発売は2016年春より、北米を皮切りに開始される予定。
  • ディーゼル+4WDの「BMW 2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー」登場
    2017.1.18 自動車ニュース BMWジャパンは「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」と「BMW 2シリーズ グランツアラー」のラインナップに、2リッター直4ディーゼルターボエンジンと4WDを組み合わせた「218d xDrive」をそれぞれ追加設定し、2017年1月28日に発売する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
ホームへ戻る