3台限定の日本向けスーパー「ガヤルド」発売

2013.02.15 自動車ニュース

3台限定の日本向けスーパー「ガヤルド」発売

ランボルギーニは2013年2月15日、日本向けの特別仕様車「ガヤルドLP570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ ブラック フォー ジャパン」を3台限定で発売すると発表した。

このモデルは「ランボルギーニ・ガヤルド」のワンメイクレース「ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ」が2012年にアジア地区で初めて開催されたことを記念して発売されるもの。

レース用車両をベースにして作られた「ガヤルドLP570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ」のボディーカラーを黒とし、ブレーキキャリパーやリアスポイラーサイドを赤として個性を強めた。
また、インテリアも黒と赤にコーディネートされ、限定車であることを証明するシリアルナンバー入り「スーパートロフェオアジアプレート」が取り付けられている。

日本向け3台の限定発売で、発売時期は2月中旬を予定。価格は3136万8750円。

(webCG)

「ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ ブラック フォー ジャパン」
「ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ ブラック フォー ジャパン」

3台限定の日本向けスーパー「ガヤルド」発売の画像

3台限定の日本向けスーパー「ガヤルド」発売の画像

3台限定の日本向けスーパー「ガヤルド」発売の画像

関連キーワード:
ガヤルドランボルギーニ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4(4WD/6AT)【試乗記】 2010.7.8 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4(4WD/6AT)
    ……3052万2975円

    560psを誇るスーパーカーに試乗したら「ランボルギーニ・カウンタック」に憧れたあのころを思い出した。スーパーカーってやっぱり……。
  • 「日産スカイライン」が新デザインになって登場 2017.12.20 自動車ニュース 日産が「スカイライン」をマイナーチェンジ。新デザインのグリルやバンパーを採用するなどしてフロントまわりの意匠を変えたほか、インテリアではステアリングホイールやシフトセレクター、メーターなどの意匠を変更している。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”/LS500“Fスポーツ”/LS500h“Fスポーツ”【試乗記】 2017.12.21 試乗記 11年ぶりにフルモデルチェンジした、レクサスのフラッグシップセダン「LS」の仕上がりは? 伊豆の峠道やクローズドコースで、ハイブリッドモデル「LS500h」と、新開発ターボエンジン搭載車「LS500」に試乗した。
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP560-2 50° アニヴェルサリオ(MR/6AT)【試乗記】 2013.9.9 試乗記 デビューから11年目に入り、モデルライフの最終章にある「ガヤルド」。しかし、その走りの切れ味は今なお新鮮だ。ランボルギーニの創業50周年を祝うスペシャルモデルで、ワインディングロードに挑んだ。
  • BMW i3s(RR)【海外試乗記】 2018.1.6 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。
ホームへ戻る