クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4885×1915×1355mm/ホイールベース=2940mm/車重=1920kg/駆動方式=FR/4.7リッターV8DOHC32バルブ(460ps/7000rpm、53.0kgm/4750rpm)/価格=1800万円(テスト車=2090万3000円)

マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ(FR/6AT)【試乗記】

円熟のイタリアンGT 2013.02.20 試乗記 マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ(FR/6AT)
……2090万3000円

自然吸気の4.7リッターV8エンジンを搭載する4シーターイタリアンGT、「マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ」の6段ロボタイズドMTモデルに試乗した。

今が最もうまい時期

マセラティは1914年にマセラティ兄弟がイタリアのボローニャで創業した。創業以来、いろいろな企業に経営権が渡った。ここで歴史を詳しくひもとくつもりはないが、僕なりに分類すると、60年代以前はオルシ家が経営し、美しすぎるクーペを生んだだけで十分のFR黄金期。60年代後半から70年代前半はシトロエンが経営し、流行のミドシップを取り入れ、得意のハイドロを盛り込んだ“調子良ければ最高”期。70年代後半から90年代はデ・トマソが手を差し伸べ、カクカク、ギラギラ、ツインターボでドーピングの北方謙三期。そしてフィアット傘下となり、フェラーリと関係を深める現在に分けられると思う。

現在のマセラティは、この「グラントゥーリズモ」と「クアトロポルテ」の二本立て。クアトロポルテは先に本国で新型に切り替わり、日本でも年内に切り替わる。となると、グラントゥーリズモもそろそろカウントダウン、円熟期に入ったと見ることができる。果物や刺し身同様、最もうまい時期といえよう。

現在、グラントゥーリズモには、4.2リッターV8エンジンのベースモデルと、4.7リッターV8の「スポーツ」、それにスポーツを軽量化して走りを研ぎ澄ました「MCストラダーレ」がある。ベースモデルは6段AT(マセラティは「MCオートシフト」と呼ぶ)のみの設定、スポーツは6段ATとシングルクラッチの6段ロボタイズドMT(「MCシフト」と呼ぶ)を選べ、MCストラダーレはロボタイズドMTのみとなる。加えて、オープンの「グランカブリオ」とその「スポーツ」(いずれもAT)の計5種類。1550万〜2125万円の豪華なラインナップだ。


マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ(FR/6AT)【試乗記】の画像 拡大
テスト車にはオプションのブラックレザーとカーボンファイバーのステアリングホイール(12万2000円)が装着されていた。7インチのスクリーンを持つナビゲーションシステムは標準装備。
テスト車にはオプションのブラックレザーとカーボンファイバーのステアリングホイール(12万2000円)が装着されていた。7インチのスクリーンを持つナビゲーションシステムは標準装備。 拡大
ロボタイズドMT搭載モデルにはアルカンターラシートが装着される。
ロボタイズドMT搭載モデルにはアルカンターラシートが装着される。 拡大

マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ(FR/6AT)【試乗記】の画像 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ(FR/6AT)【試乗記】の画像 拡大
搭載される4.7リッターV8エンジンは460psと53.0kgmを発生する。
搭載される4.7リッターV8エンジンは460psと53.0kgmを発生する。 拡大
MC(マセラティ コルサ)のロゴが入るアルミペダルはオプション装備。価格は7万4000円。
MC(マセラティ コルサ)のロゴが入るアルミペダルはオプション装備。価格は7万4000円。 拡大

過給器付きでは得られないドラマ

試乗したのはMCシフトのスポーツ。普通のATたるMCオートシフトの場合、トランスミッションはエンジン直後にあるが、MCシフトはリア車軸直前にトランスミッションを置くトランスアクスルレイアウトを採用する。トランスアクスルだと何が素晴らしいか。響きが素晴らしいじゃないか! 響きのためだけじゃなく、前後重量配分適正化という目的があるのだが、グラントゥーリズモの場合、ATモデルもエンジンが可能な限り後ろへマウントされているため、前後重量配分は前49:後51とほぼ理想的で、トランスアクスル化により、前48:後52と1%の重量が後ろに移ったにすぎない。人や荷物の配置によってはかき消されてしまいそうだが、そういうことじゃない。オーナーに「これ、トランスアクスルなんだぜ」と言わせてあげる姿勢が大事なのではないだろうか。

このクルマには何度も乗ったが、ヌケのよい乾いたエキゾーストノートは甘美で、毎度ほれぼれする。音量が大きいだけの下品な音ではなく、キレイな音。昨年、元ヤマハの研究者が立ち上げたサウンドデザインラボと、中央大学理工学部精密機械工学科の戸井武司研究室による合同チームがこのクルマの音を解析し、バイオリンの名器、ストラディバリウスと比較したところ、予想通り両者に倍音が豊かという共通点があることをつきとめたという。なるほど、で倍音て何? ともかく、他のクルマではこうはいかなかったらしいから、科学的にもいい音なのは間違いないようだ。

このクルマが積む4.7リッターV8エンジンは自然吸気だけに、近頃の同じような排気量に過給器を取り付けたライバルほどのパワーはない。この手のクルマにとって絶対的なパワーは商売のためにも名誉のためにも大切なはず。にもかかわらず、なぜマセラティが自然吸気にこだわるのか。それはドラマをつくるためだと僕は思う。このクルマは最高出力460psを7000rpmで発し、最大トルク53.0kgmを4750rpmで発する。ここまで高回転型のエンジンは珍しい。過給器付きのエンジンは――それを目指しているのだから当たり前だが――低回転からドカッと太いトルクを発するので、上まで回しても意味がない。そっちのほうが体感的速さを得やすいし、回さないから燃費もいい。

けれど、例えばETCゲートを20km/h程度で抜けた後、ガバっとではなく、しかしゆっくりとでもなくアクセルペダルを床まで踏むと、グラントゥーリズモ スポーツは次第に音を高め、五感を刺激しながら加速していく。6000rpmは祭りの始まりだ。そこからの1000rpmには、過給器付きエンジンでは得られないドラマがある。アクセル操作に対する敏感な音と挙動の変化は何物にも代えがたい。上まで回して3速へ入れればまた新たな祭りが始まるが、捕まったらあとの祭りだから3速以上はサーキットで。

ATでもほぼ同じ楽しみを得られるし、街中での変速はスムーズだが、祭り中の“研ぎ澄まされた感”はロボタイズドMTのほうが上。街中でも同種のトランスミッションの中では洗練されているほうなので、僕なら50万円高くても迷わずMCシフトを選ぶ。

それがイタリアンGT

グラントゥーリズモは姿かたちから想像するよりもずっと乗り心地がいい。減衰特性可変式のスカイフックサスペンションは、くねくねのワインディングロードでは頼もしく踏ん張ってくれる一方で、街中での段差などをマイルドに吸収してくれる。さきほど強調したエンジン音も、迫力満点なのはスポーツボタンを押して排気の経路を変えた時のみで、普段はジェントルだ。必要な快適装備はすべて備わり、むやみに深いバケット形状ではなく、長距離移動を考慮した居心地のいいシートもある。

リアの居住空間は外から見るよりずっと現実的で、乗り降りこそ腰を折る必要があるが、乗ってしまえば大人でも長時間過ごすことができる。テスト車両にはインテリアにカーボンを多用したパッケージがついていたが、僕ならアルカンターラのパッケージにしたい。待つことさえできれば仕様を細かく決められるのは、この価格帯を新車で買う人の特権だ。僕はすでにコンフィギュレーター上で4台ほど仕上げた。

それに4人分の1泊2日程度の荷物なら楽に飲み込むトランクもある。グラントゥーリズモという直球な名前はだてではない。知人にこのクルマについて聞かれたことがある。彼は「派手に見られすぎないか」を心配していたが、派手に見られるに決まっているじゃないか! イタリアンGTなんだから。そうしたある種のやせ我慢が苦痛だという人は素直に黒いドイツ車に乗ろう。車重は1920kgあり、経験上、燃費はどう気を使ってもおそらく7km/リッター以上は難しいが、それがなんだ! イタリアンGTなんだから。

次期グラントゥーリズモが気になるが、マセラティはその前にクアトロポルテよりも少し小さい4ドアサルーンを発表し、大事な大事な「ギブリ」という名前を与えるというから、先にそっちを楽しみに待とう。SUVの「クーバン」もどんだけコンセプト煮詰めるんだよ! という期間を経たが、まもなく登場しそうだ。

(文=塩見智/写真=荒川正幸)


マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ(FR/6AT)【試乗記】の画像 拡大
後席は大人でも長時間過ごせる実用性を備えている。
後席は大人でも長時間過ごせる実用性を備えている。 拡大
荷室の容量は260リッター。荷室内には12Vの電源ソケットも用意される。
荷室の容量は260リッター。荷室内には12Vの電源ソケットも用意される。 拡大
【テスト車のオプション装備】アルカンターラルーフライニング=18万3000円/アルカンターラパック=12万2000円/ステッチカラー=2万1000円/SEAL/ALPAエリアステッチカラー=2万1000円/ヘッドレストトライデントステッチ=6万3000円/メタリックカラー=15万2000円/マットブラックルックヘッドライト=4万9000円/マットブルーブレーキキャリパー=6万8000円/20インチアストロデザインホイール=8万7000円/MCサスペンションセットアップ=24万8000円/MCインテリアカーボンパッケージ=34万6000円/MCインテリアカーボンパッケージI=18万2000円/MCインテリアカーボンパッケージII=24万6000円/MCデザインアルミペダル=7万4000円/MCカーボン製スイッチコントロールパネル=13万6000円/ブラックレザーステアリング&カーボン製ホイールリム=12万2000円/MCエアロダイナミクスパッケージI=23万1000円/MCエアロダイナミクスパッケージII=55万2000円
【テスト車のオプション装備】アルカンターラルーフライニング=18万3000円/アルカンターラパック=12万2000円/ステッチカラー=2万1000円/SEAL/ALPAエリアステッチカラー=2万1000円/ヘッドレストトライデントステッチ=6万3000円/メタリックカラー=15万2000円/マットブラックルックヘッドライト=4万9000円/マットブルーブレーキキャリパー=6万8000円/20インチアストロデザインホイール=8万7000円/MCサスペンションセットアップ=24万8000円/MCインテリアカーボンパッケージ=34万6000円/MCインテリアカーボンパッケージI=18万2000円/MCインテリアカーボンパッケージII=24万6000円/MCデザインアルミペダル=7万4000円/MCカーボン製スイッチコントロールパネル=13万6000円/ブラックレザーステアリング&カーボン製ホイールリム=12万2000円/MCエアロダイナミクスパッケージI=23万1000円/MCエアロダイナミクスパッケージII=55万2000円 拡大

関連キーワード:
グラントゥーリズモマセラティ試乗記

あなたにおすすめの記事