ロールスが新型クーペを再びチラ見せ【ジュネーブショー2013】

2013.02.14 自動車ニュース

【ジュネーブショー2013】ロールス・ロイスが新型クーペ「レイス」を再びチラ見せ

徐々に浮かび上がる新型ラグジュアリークーペ「レイス」の姿。英ロールス・ロイス・モーター・カーズはジュネーブモーターショー(会期:2013年3月5日〜3月17日)で「レイス」を公開するにあたり、第2、第3のティーザー画像を公開した。(関連記事はこちら)

ロールス・ロイスはすでに「レイス(wraith)」のサイドビューがうっすらと浮かび上がったティーザー画像を公開している。それに続き、今回は後ろ姿とフロントグリル周りが紹介された。

リアビューはその大部分が暗く、輪郭がうっすらとわかる程度でしかない。しかし、サルーンモデルに比べるとキャビンが小さく、クーペらしい引き締まったフォルムであることが想像できる。

一方、フロントグリルは動画で公開された。こちらもサルーン系と比較すると小ぶりで、直上にトレードマークの「スピリット・オブ・エクスタシー」像が据えられているのが確認できる。

「レイス」は「ファントム」「ゴースト」に続くロールス・ロイス第3のモデル。「これまでで最も大胆なデザインと、最もドラマチックな性能を備えた、史上最もパワフルなロールス・ロイス」などとうたわれている。

(webCG)

「ロールス・ロイス レイス」
「ロールス・ロイス レイス」
フロントグリル周りは動画で公開された。直上に「スピリット・オブ・エクスタシー」像が確認できる。
フロントグリル周りは動画で公開された。直上に「スピリット・オブ・エクスタシー」像が確認できる。
カメラが左側のヘッドランプに差し掛かったところで“おあずけ”に。
カメラが左側のヘッドランプに差し掛かったところで“おあずけ”に。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レイスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る