ロールスが新型クーペを再びチラ見せ【ジュネーブショー2013】

2013.02.14 自動車ニュース

【ジュネーブショー2013】ロールス・ロイスが新型クーペ「レイス」を再びチラ見せ

徐々に浮かび上がる新型ラグジュアリークーペ「レイス」の姿。英ロールス・ロイス・モーター・カーズはジュネーブモーターショー(会期:2013年3月5日〜3月17日)で「レイス」を公開するにあたり、第2、第3のティーザー画像を公開した。(関連記事はこちら)

ロールス・ロイスはすでに「レイス(wraith)」のサイドビューがうっすらと浮かび上がったティーザー画像を公開している。それに続き、今回は後ろ姿とフロントグリル周りが紹介された。

リアビューはその大部分が暗く、輪郭がうっすらとわかる程度でしかない。しかし、サルーンモデルに比べるとキャビンが小さく、クーペらしい引き締まったフォルムであることが想像できる。

一方、フロントグリルは動画で公開された。こちらもサルーン系と比較すると小ぶりで、直上にトレードマークの「スピリット・オブ・エクスタシー」像が据えられているのが確認できる。

「レイス」は「ファントム」「ゴースト」に続くロールス・ロイス第3のモデル。「これまでで最も大胆なデザインと、最もドラマチックな性能を備えた、史上最もパワフルなロールス・ロイス」などとうたわれている。

(webCG)

「ロールス・ロイス レイス」
「ロールス・ロイス レイス」
フロントグリル周りは動画で公開された。直上に「スピリット・オブ・エクスタシー」像が確認できる。
フロントグリル周りは動画で公開された。直上に「スピリット・オブ・エクスタシー」像が確認できる。
カメラが左側のヘッドランプに差し掛かったところで“おあずけ”に。
カメラが左側のヘッドランプに差し掛かったところで“おあずけ”に。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レイスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロールス・ロイス・レイス(FR/8AT)【試乗記】 2014.12.19 試乗記 ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス」に試乗。歴史ある高級車メーカーが現代に送り出す、“ドライバーズカー”の運転感覚や乗り心地を報告する。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
ホームへ戻る