プジョーのミニバン「5008」が日本上陸

2013.02.14 自動車ニュース

プジョーのミニバン「5008」が日本上陸

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョーブランドのミニバン「5008」を2013年2月25日に発売する。

「5008」は、プジョーブランドとして、日本市場に初めて導入されるミニバンだ。エンジンやプラットフォームなど、基幹部分の多くを「シトロエンC4ピカソ」と共有するが、内外装はプジョー独自のものとなる。

パッケージングは、2-3-2のフォーメーションからなる7人乗り。7つの独立型シートがもたらす多彩なシートアレンジや、最大2506リッター(2、3列目収納時)の荷質容量が自慢である。
なお、ボディーサイズ(カッコ内はC4ピカソとの差)は、全長×全幅×全高=4530(−60)×1840(+10)×1645(−40)mm。C4ピカソと同様、ドアはスライド式でなく、4枚ともヒンジ式となる。

パワーユニットは、156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpmを発生する1.6リッター直4ターボのみ。6段ATを介して、前輪を駆動する。

モデルラインナップは、エントリーグレードの「5008プレミアム」と装備充実の「5008シエロ」の2種類で、価格は以下のとおり。

・5008プレミアム:300万円
・5008シエロ:330万円

なお、後者「5008シエロ」をベースとしたオプション装備車も、以下の価格で用意される。

・5008シエロ レザーパッケージ:355万円
・5008シエロ ビデオパッケージ(ファブリック):340万円
・5008シエロ ビデオパッケージ(レザー):365万円

(webCG 関)

「プジョー5008」(写真は欧州仕様車)
「プジョー5008」(写真は欧州仕様車)
インテリアの様子。「シトロエンC4ピカソ」とは基幹部分を共有するが、C4ピカソでは左右対称のインストゥルメントパネルが「プジョー5008」ではドライバーを囲む形状となるなど、デザインは大きく異なる。
インテリアの様子。「シトロエンC4ピカソ」とは基幹部分を共有するが、C4ピカソでは左右対称のインストゥルメントパネルが「プジョー5008」ではドライバーを囲む形状となるなど、デザインは大きく異なる。
 
プジョーのミニバン「5008」が日本上陸の画像
 
プジョーのミニバン「5008」が日本上陸の画像
関連記事
  • プジョー5008シエロ(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2013.4.24 試乗記 ……330万円 総合評価……★★★★ ミニバン大国・日本に、プジョーが満を持して投入したミドルサイズモデルの「5008」。ファミリーカーの生命線ともいえる使い勝手と、プジョーならではの走りの魅力を検証した。
  • プジョーのミニバン「5008」が日本上陸 2013.2.14 自動車ニュース プジョーブランドのミニバン「5008」が日本上陸。2013年2月25日に発売される。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • BMW 218dグランツアラー Mスポーツ(FF/8AT)【レビュー】 2015.7.31 試乗記 BMWにとって初の3列シートミニバンである「2シリーズ グランツアラー」が登場。クリーンディーゼルエンジンを搭載した「218d」に試乗し、ミニバンユーザーにとって気になる装備の充実度やユーティリティー性能、そして走りの実力をリポートする。
  • BMW 218dグランツアラー Mスポーツ(FF/8AT)【試乗記】 2015.7.21 試乗記 “7人で乗れるBMW”「2シリーズ グランツアラー」の、ディーゼルモデルに試乗。ミニバンとしての実用性は、どれほどのものなのか? 走りの質感とあわせてリポートする。
ホームへ戻る