プジョーのミニバン「5008」が日本上陸

2013.02.14 自動車ニュース

プジョーのミニバン「5008」が日本上陸

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョーブランドのミニバン「5008」を2013年2月25日に発売する。

「5008」は、プジョーブランドとして、日本市場に初めて導入されるミニバンだ。エンジンやプラットフォームなど、基幹部分の多くを「シトロエンC4ピカソ」と共有するが、内外装はプジョー独自のものとなる。

パッケージングは、2-3-2のフォーメーションからなる7人乗り。7つの独立型シートがもたらす多彩なシートアレンジや、最大2506リッター(2、3列目収納時)の荷質容量が自慢である。
なお、ボディーサイズ(カッコ内はC4ピカソとの差)は、全長×全幅×全高=4530(−60)×1840(+10)×1645(−40)mm。C4ピカソと同様、ドアはスライド式でなく、4枚ともヒンジ式となる。

パワーユニットは、156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpmを発生する1.6リッター直4ターボのみ。6段ATを介して、前輪を駆動する。

モデルラインナップは、エントリーグレードの「5008プレミアム」と装備充実の「5008シエロ」の2種類で、価格は以下のとおり。

・5008プレミアム:300万円
・5008シエロ:330万円

なお、後者「5008シエロ」をベースとしたオプション装備車も、以下の価格で用意される。

・5008シエロ レザーパッケージ:355万円
・5008シエロ ビデオパッケージ(ファブリック):340万円
・5008シエロ ビデオパッケージ(レザー):365万円

(webCG 関)

「プジョー5008」(写真は欧州仕様車)
「プジョー5008」(写真は欧州仕様車)
インテリアの様子。「シトロエンC4ピカソ」とは基幹部分を共有するが、C4ピカソでは左右対称のインストゥルメントパネルが「プジョー5008」ではドライバーを囲む形状となるなど、デザインは大きく異なる。
インテリアの様子。「シトロエンC4ピカソ」とは基幹部分を共有するが、C4ピカソでは左右対称のインストゥルメントパネルが「プジョー5008」ではドライバーを囲む形状となるなど、デザインは大きく異なる。
 
プジョーのミニバン「5008」が日本上陸の画像
 
プジョーのミニバン「5008」が日本上陸の画像

関連キーワード:
5008プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー5008シエロ(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2013.4.24 試乗記 ……330万円 総合評価……★★★★ ミニバン大国・日本に、プジョーが満を持して投入したミドルサイズモデルの「5008」。ファミリーカーの生命線ともいえる使い勝手と、プジョーならではの走りの魅力を検証した。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • 新しいフロントデザインの「プジョー5008」登場 2014.2.18 自動車ニュース プジョーが一部改良を施したミニバン「5008」を2014年3月3日に発売する。
  • ホンダ CBR250RR(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.16 試乗記 250ccの排気量で動力性能を極める……。ここにきて再燃の兆しを見せる“ニーハン”クラスのバイク競争に、ホンダがニューモデル「CBR250RR」を投入した。由緒正しき“RR”の名を冠する、小さなスーパーバイクの実力を試す。
ホームへ戻る