プジョーのミニバン「5008」が日本上陸

2013.02.14 自動車ニュース

プジョーのミニバン「5008」が日本上陸

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョーブランドのミニバン「5008」を2013年2月25日に発売する。

「5008」は、プジョーブランドとして、日本市場に初めて導入されるミニバンだ。エンジンやプラットフォームなど、基幹部分の多くを「シトロエンC4ピカソ」と共有するが、内外装はプジョー独自のものとなる。

パッケージングは、2-3-2のフォーメーションからなる7人乗り。7つの独立型シートがもたらす多彩なシートアレンジや、最大2506リッター(2、3列目収納時)の荷質容量が自慢である。
なお、ボディーサイズ(カッコ内はC4ピカソとの差)は、全長×全幅×全高=4530(−60)×1840(+10)×1645(−40)mm。C4ピカソと同様、ドアはスライド式でなく、4枚ともヒンジ式となる。

パワーユニットは、156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpmを発生する1.6リッター直4ターボのみ。6段ATを介して、前輪を駆動する。

モデルラインナップは、エントリーグレードの「5008プレミアム」と装備充実の「5008シエロ」の2種類で、価格は以下のとおり。

・5008プレミアム:300万円
・5008シエロ:330万円

なお、後者「5008シエロ」をベースとしたオプション装備車も、以下の価格で用意される。

・5008シエロ レザーパッケージ:355万円
・5008シエロ ビデオパッケージ(ファブリック):340万円
・5008シエロ ビデオパッケージ(レザー):365万円

(webCG 関)

「プジョー5008」(写真は欧州仕様車)
「プジョー5008」(写真は欧州仕様車)
インテリアの様子。「シトロエンC4ピカソ」とは基幹部分を共有するが、C4ピカソでは左右対称のインストゥルメントパネルが「プジョー5008」ではドライバーを囲む形状となるなど、デザインは大きく異なる。
インテリアの様子。「シトロエンC4ピカソ」とは基幹部分を共有するが、C4ピカソでは左右対称のインストゥルメントパネルが「プジョー5008」ではドライバーを囲む形状となるなど、デザインは大きく異なる。
 
プジョーのミニバン「5008」が日本上陸の画像
 
プジョーのミニバン「5008」が日本上陸の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5008の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー5008シエロ(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2013.4.24 試乗記 ……330万円 総合評価……★★★★ ミニバン大国・日本に、プジョーが満を持して投入したミドルサイズモデルの「5008」。ファミリーカーの生命線ともいえる使い勝手と、プジョーならではの走りの魅力を検証した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • 三菱自動車、「RVR」のフロントマスクを一新 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を実施し、同年2月16日に発売すると発表した。今回の改良ではフロントマスクを一新し、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を採用した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
ホームへ戻る