「レクサスCT200h」に専用内装の特別仕様車

2012.09.21 自動車ニュース
「レクサスCT200h “Creative Textile Interior”」(プラチナムシルバーメタリック)
「レクサスCT200h」に専用内装の特別仕様車

「レクサスCT200h」に専用内装の特別仕様車

トヨタ自動車は、レクサスのコンパクトHV「CT200h」に特別仕様車「Creative Textile Interior」を設定し、2012年10月9日に発売する。

ミディアムシルバーのオーナメントパネル
「レクサスCT200h」に専用内装の特別仕様車

今回の特別仕様車は、「CT200h」の標準仕様をベースに「version C」の装備に加え、本革に近い風合いと手触りを追求した合成皮革「L tex(エルテックス)」シートを採用。ブラックのシートには、ブルーまたはレッドのステッチが施される。また、ダッシュボードにはミディアムシルバーのオーナメントパネル(専用メタリックフィルム)を採用し、特別感のある室内空間としている。

さらに、専用の17インチアルミホイール(ハイグロス塗装)のほか、LEDヘッドランプ+ヘッドランプレベリングシステム、雨滴感応式間欠フロントワイパー、運転席8Way調整式パワーシート(電動ランバーサポート付き)&助手席4Way調整式パワーシートなども装備する。

ボディーカラーは、専用色「スターライトブラックガラスフレーク」を含む全10色を用意。価格は、ベース車より50万円高の406万円。

(webCG ワタナベ)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスCT200h“Fスポーツ”(FF/CVT)【試乗記】 2014.4.16 試乗記 「LS」「HS」と、マイナーチェンジで劇的なまでにクルマを進化させてきたレクサス。プレミアムコンパクト「CT」はどこまでの変貌を遂げたのか。その実力をチェックした。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • レクサスCT200h バージョンL/Fスポーツ(FF/CVT)【動画試乗記】 2011.4.22 試乗記 レクサスCT200h"バージョンL"(FF/CVT)/"Fスポーツ"(FF/CVT)
    ……484万6000円/482万4900円

    レクサスの最新ハイブリッドカー「CT200h」に試乗。「バージョンL」と「Fスポーツ」の2モデルをワインディングに連れだし、味つけの違いを探った。
  • レクサスCT200h“Fスポーツ”(FF/CVT)/CT200h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2014.2.25 試乗記 マイナーチェンジを受けた「レクサスCT200h」の見どころは、フロントエンドの「スピンドルグリル」だけではない。ボディー剛性の見直しなど、プレミアムコンパクトカーとしての“体幹”も一段と強化されているという。その仕上がりはいかに?
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
ホームへ戻る