日産ラフェスタ ハイウェイスターがより低燃費に

2013.02.14 自動車ニュース

「日産ラフェスタ ハイウェイスター」の燃費が16.2km/リッターに向上

日産自動車は2013年2月14日、2リッターミニバンの「ラフェスタ ハイウェイスター」をマイナーチェンジし、同年3月1日に発売すると発表した。

「ラフェスタ ハイウェイスター」は、マツダから日産にOEM供給される、2リッターの3列7人乗りミニバンである。今回の改良は、ベース車である「マツダ・プレマシー」がマイナーチェンジされたことによるもので、新採用の直噴ガソリンエンジンや6段AT、改良型のアイドリングストップ機能などを一部のグレードに採用。「ハイウェイスター」および「ハイウェイスターG」では、燃費が16.2km/リッター(JC08モード)に向上した。

また、これまで特別仕様車として販売していた「ハイウェイスターG スプレモ」を、最上級グレードとしてラインナップに追加。同グレードのみの専用装備として、ステアリングシフトスイッチやASCD(オートスピードコントロール装置)、自動防眩式ルームミラー、6スピーカーなどを新たに採用した。

内外装も一部を変更しており、エクステリアでは新色のメテオグレーとジールレッドを含む計5色をボディーカラーに設定。アルミホイールのセンターキャップはブラックとなる。

一方インテリアでは、一部のグレードでシート地のデザインを変更。センタークラスターにピアノブラック調のパネルを採用したほか、本革巻きシフトノブのデザインも変更となった。また運転席シートバックポケットの採用や、ラゲッジアンダーボックスの容量拡大など、使い勝手の向上も図られている。

バリエーションと価格は以下の通り。
・ハイウェイスター Jパッケージ:199万1850円
・ハイウェイスター:214万5150円
・ハイウェイスターG:223万8600円
・ハイウェイスターG スプレモ:249万9000円
・ハイウェイスター(4WD):228万9000円
・ハイウェイスターG(4WD):251万3700円

(webCG)

「日産ラフェスタ ハイウェイスター」
「日産ラフェスタ ハイウェイスター」
新色のジールレッド。
新色のジールレッド。
「ハイウェイスターG スプレモ」の車内。
「ハイウェイスターG スプレモ」の車内。
新採用の2リッター直噴ガソリンエンジン。
新採用の2リッター直噴ガソリンエンジン。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ラフェスタ ハイウェイスターG(5AT/FF)【試乗記】 2011.7.13 試乗記 日産ラフェスタ ハイウェイスターG(5AT/FF)
    ……243万750円

    「マツダ・プレマシー」の兄弟車として生まれ変わった、日産のミニバン「ラフェスタ ハイウェイスター」。クルマとしての実力は、どれほどのものなのか?
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • 日産、「ラフェスタ ハイウェイスター」FF車の装備を充実 2016.7.5 自動車ニュース 日産自動車が「ラフェスタ ハイウェイスター」の装備を強化。電動スライドドアとスライドドアイージークロージャーを全車標準装備とした。グレードによってはインテリジェントキーやキセノンヘッドランプも標準となる。
  • 5段MTを搭載した「フィアット500S」発売NEW 2016.12.6 自動車ニュース FCAジャパンは、「フィアット500」の5段MTモデル「500S」を、2016年12月10日に発売する。エンジンは85psと14.8kgmを発生する0.9リッター直2ターボの「ツインエア」を搭載。150台の限定販売で、価格は234万3600円。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る