日産ラフェスタ ハイウェイスターがより低燃費に

2013.02.14 自動車ニュース

「日産ラフェスタ ハイウェイスター」の燃費が16.2km/リッターに向上

日産自動車は2013年2月14日、2リッターミニバンの「ラフェスタ ハイウェイスター」をマイナーチェンジし、同年3月1日に発売すると発表した。

「ラフェスタ ハイウェイスター」は、マツダから日産にOEM供給される、2リッターの3列7人乗りミニバンである。今回の改良は、ベース車である「マツダ・プレマシー」がマイナーチェンジされたことによるもので、新採用の直噴ガソリンエンジンや6段AT、改良型のアイドリングストップ機能などを一部のグレードに採用。「ハイウェイスター」および「ハイウェイスターG」では、燃費が16.2km/リッター(JC08モード)に向上した。

また、これまで特別仕様車として販売していた「ハイウェイスターG スプレモ」を、最上級グレードとしてラインナップに追加。同グレードのみの専用装備として、ステアリングシフトスイッチやASCD(オートスピードコントロール装置)、自動防眩式ルームミラー、6スピーカーなどを新たに採用した。

内外装も一部を変更しており、エクステリアでは新色のメテオグレーとジールレッドを含む計5色をボディーカラーに設定。アルミホイールのセンターキャップはブラックとなる。

一方インテリアでは、一部のグレードでシート地のデザインを変更。センタークラスターにピアノブラック調のパネルを採用したほか、本革巻きシフトノブのデザインも変更となった。また運転席シートバックポケットの採用や、ラゲッジアンダーボックスの容量拡大など、使い勝手の向上も図られている。

バリエーションと価格は以下の通り。
・ハイウェイスター Jパッケージ:199万1850円
・ハイウェイスター:214万5150円
・ハイウェイスターG:223万8600円
・ハイウェイスターG スプレモ:249万9000円
・ハイウェイスター(4WD):228万9000円
・ハイウェイスターG(4WD):251万3700円

(webCG)

「日産ラフェスタ ハイウェイスター」
「日産ラフェスタ ハイウェイスター」
新色のジールレッド。
新色のジールレッド。
「ハイウェイスターG スプレモ」の車内。
「ハイウェイスターG スプレモ」の車内。
新採用の2リッター直噴ガソリンエンジン。
新採用の2リッター直噴ガソリンエンジン。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ラフェスタ ハイウェイスターG(5AT/FF)【試乗記】 2011.7.13 試乗記 日産ラフェスタ ハイウェイスターG(5AT/FF)
    ……243万750円

    「マツダ・プレマシー」の兄弟車として生まれ変わった、日産のミニバン「ラフェスタ ハイウェイスター」。クルマとしての実力は、どれほどのものなのか?
  • 日産、「ラフェスタ ハイウェイスター」FF車の装備を充実 2016.7.5 自動車ニュース 日産自動車が「ラフェスタ ハイウェイスター」の装備を強化。電動スライドドアとスライドドアイージークロージャーを全車標準装備とした。グレードによってはインテリジェントキーやキセノンヘッドランプも標準となる。
  • マツダ・プレマシー23S(4AT)/ 20S(4AT)/ 20C(4AT) 【試乗速報】 2005.2.23 試乗記 マツダ・プレマシー23S(4AT)/20S(4AT)/20C(4AT)
    ……299万2500円/279万3000円 /239万4000円

    マツダの新型「プレマシー」は、引き算の発想でミニバンのユーティリティを向上させようという野心作である。「7」から「6」へと座席を一つ減らすことで、自由な空間を得た。『NAVI』鈴木真人が速報する。


  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • 「日産セレナ」に生誕25周年を記念した特別仕様車 2016.11.30 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月30日、「セレナ」の生誕25周年を記念した特別仕様車「25thスペシャルセレクション」を設定し、販売を開始した。2017年3月末までの期間限定販売となる。
ホームへ戻る