クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4795×1795×1420mm/ホイールベース=2850mm/車重=1550kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(318ps/6400rpm、38.7kgm/4800rpm)/価格=420万円(テスト車=452万1405円)

トヨタ・マークX 350S “G’s”(FR/6AT)【試乗記】

ドイツ物を思わせる 2013.02.15 試乗記 トヨタ・マークX 350S “G’s”(FR/6AT)【短評】
……452万1405円

専用チューンを施し「走りの味」を追求したという、トヨタのコンプリートカー「マークX G's」。実際に乗ってみたら、どうだった?

外見より中身

「マークX G's」をひと目見た瞬間、佐藤浩市部長の娘さんのことが気になった。オリジナルのマークXは、昔はやんちゃもしたハンサムなお父さんという雰囲気だから、娘さんが助手席に乗っても違和感を覚えなかった。
けれども眉毛をそってコワモテになったマークXに、あの品のよさそうなお嬢さんは乗ってくれるのだろうか。そしてお父さんに失恋の悩みを打ち明けてくれるのだろうか。

てなことをモヤモヤ考えながら乗り込んで、運転席に座った瞬間、モヤモヤが少し晴れた。ステアリングホイールやシフトセレクター、それにシートなどに施されたステッチの鮮やかな赤が、目に飛び込んできたからだ。G's専用の文字盤が白いメーターも新鮮だ。
オリジナルのマークXのインテリアは落ち着いた雰囲気ではあったけれど、落ち着きすぎてお父さんよりおじいちゃんに似合いそうだった。浩市部長のお嬢さんも、インテリアはこっちを支持するのではないか。

順序が逆になってしまったけれど、「G's(ジーズ)」とはトヨタがレース活動で得たノウハウを注ぎ込んだスポーツ仕様。「クルマの楽しさや夢を、より多くの人に楽しんでもらうために生まれたのがG SPORTS(通称G's=ジーズ)です」(オフィシャルHPより)とのことだ。

専用の足まわりの開発にはGAZOO Racingのテストドライバーが関わっており、サスペンションのセッティングだけでなくボディー剛性や空力性能の向上といった根っこの部分まで手が入っている。マークXには2.5リッターV6エンジンを積む「250G“Sパッケージ・G's”」も用意されるけれど、今回試乗したのは3.5リッターV6の「350S“G's”」だ。

いざ走りだして、「ほほーっ」とうなる。

「マークX G's」の内外装、特にフロントまわりには独自のカスタマイズが施される。X型のエンブレムは廃され、グリルやバンパーはオリジナルのものに。
「マークX G's」の内外装、特にフロントまわりには独自のカスタマイズが施される。X型のエンブレムは廃され、グリルやバンパーはオリジナルのものに。 拡大
運転席からの眺め。レッドステッチ付きのステアリングホイールやパッド類、白い文字盤のオプティトロンメーターなど独自の装備が目を引く。
運転席からの眺め。レッドステッチ付きのステアリングホイールやパッド類、白い文字盤のオプティトロンメーターなど独自の装備が目を引く。 拡大
赤いラインの入った19インチ鍛造アルミホイールも外観の特徴。標準の色はハイグロスブラックだが、ダークスパッタリング仕上げのもの(写真)も7万2450円のメーカーオプションとして用意される。ボディー下端に見える「G's専用ボディーストライプ」は、3万1500円のディーラーオプション。
赤いラインの入った19インチ鍛造アルミホイールも外観の特徴。標準の色はハイグロスブラックだが、ダークスパッタリング仕上げのもの(写真)も7万2450円のメーカーオプションとして用意される。ボディー下端に見える「G's専用ボディーストライプ」は、3万1500円のディーラーオプション。 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

走りの違いは体感できる

ノーマルよりフロントを約20mm、リアを約15mmローダウンしたサスペンションは、はっきりと硬い。特に市街地だと、路面の凸凹をダイレクトにドライバーに伝える。
それでも「ツラいな〜」とは感じない理由は、ガッチリしたボディーが路面からのショックをしっかりと受け止めるからだ。ビシッとくる衝撃は瞬時に吸収され、イヤな振動を残さない。だから乗り心地は硬いけれど、粗くはない。資料を見ると、ボディー下まわりのあちこちに補強パーツが装着されているほか、溶接のスポット追加なども施されているけれど、確かに効いている。

スピードを上げると、鍛え抜かれた足腰がステアリングの正確さにつながっていることが明らかになる。
車線変更をする時、ウインカーを操作した右手がステアリングホイールに戻った時には、すでに車線変更が始まっているかのような錯覚に陥る。そして自分がステアリングホイールを操作する量とスピードが、寸分の狂いなく前輪に伝わっているように感じる。
コーナリングも同じだ。さぁコーナーだとステアリング操作を意識した瞬間に、すでに曲がりはじめているような印象で、とにかく操舵(そうだ)に対する遅れが全然ない。

速度を上げると乗り心地の硬さも気にならなくなる。どちらかといえばボヨヨ〜ン系の乗り心地を好む自分であるけれど、姿勢変化の少ない締まった乗り味は気持ちがいいとさえ感じた。硬いけれど粗くはない、と書いたのはここで上方修正。硬くて上等な足だ。ポルシェやBMWに通じるスポーティーさがある。
専用の4ポットキャリパーのブレーキシステムも、ストッピングパワーが十分なことに加えて、カチッとしたペダルの踏み応えがうれしい。このあたりのフィーリングも、ドイツ物を思わせた。

足まわりには、G's専用チューニングサスペンションがおごられる。ノーマルに比べて、車高はフロントで約20mm、リアで約15mmダウン。
足まわりには、G's専用チューニングサスペンションがおごられる。ノーマルに比べて、車高はフロントで約20mm、リアで約15mmダウン。 拡大
本革とアルカンターラのコンビシート。レッドステッチがアクセント。
本革とアルカンターラのコンビシート。レッドステッチがアクセント。 拡大
リアエンド。4本出しのマフラーやスモークタイプのコンビランプ、トランクリッドのスポイラーが個性を主張する。
リアエンド。4本出しのマフラーやスモークタイプのコンビランプ、トランクリッドのスポイラーが個性を主張する。 拡大
トランクルームは、後席を倒すことで、その容量を拡大することができる。(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます)
トランクルームは、後席を倒すことで、その容量を拡大することができる。(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます) 拡大

“薄味エンジン”も悪くない

マフラーが専用のものに換えられているけれど、エンジンとトランスミッションはノーマルと同じ。最高出力は318psと十分だし、6段ATの変速は素早くてショックも少ないから特に不満は感じない。

でも正直なところ、びしっとキマった足まわりと比べると、見劣りしてしまうのは事実だ。これ以上のパワーはいらないので、胸がわくわくするような音だとか、ため息が出るような回転フィールだとか、“味”の部分でもう少し楽しませてほしい。

と、試乗した時には思ったわけです。でもしばらく時間がたったいま、あのパワートレインはあれでもいいのではないかと、コロッと意見がひっくり返る。

「数学の成績が上がったんだから国語もがんばれ」的に要求すると、結局、バランスのいいフツーのクルマが出来上がってしまうような気がするのだ。一点突破で突き抜けた、このG'sみたいなクルマが必要ではないか。

そうだそうだ、八方美人の優等生でばかりでなく、こういう一芸に秀でた不良がいるからこそ、クルマ界も盛り上がる。
初めて見た時には気が合いそうもなかったのに、試乗を終える頃には共感してしまった。気合の入りすぎたルックスだけは最後までなじめなかったけれど、乗ると抜群にいい。初めて価格を見た時には頭の中に「?」が浮かんだのに、試乗を終える頃には納得してしまった。

(文=サトータケシ/写真=荒川正幸)

サスペンションとタイヤの性能を引き出すべく、ボディー剛性の向上も図られる。ボディー溶接のスポット増しに加え、アンダーボディーの全12カ所には、新たに補強材が追加されている。
サスペンションとタイヤの性能を引き出すべく、ボディー剛性の向上も図られる。ボディー溶接のスポット増しに加え、アンダーボディーの全12カ所には、新たに補強材が追加されている。 拡大
エンジンは、ベースモデルと変わらない。今回テストした3.5リッターV6のほか、「G's」仕様として2.5 リッターV6モデルもラインナップする。
エンジンは、ベースモデルと変わらない。今回テストした3.5リッターV6のほか、「G's」仕様として2.5
リッターV6モデルもラインナップする。 拡大
【テスト車のオプション装備】
ボディーカラー<ホワイトパールクリスタルシャイン>=3万6750円/G's専用鍛造アルミホイール(レッドライン仕様+ダークスパッタリング)=7万2450円/エクセレントナビ G-BOOK mXモデル=19万5300円/ETCビルトインタイプ=1万6905円
【テスト車のオプション装備】
ボディーカラー<ホワイトパールクリスタルシャイン>=3万6750円/G's専用鍛造アルミホイール(レッドライン仕様+ダークスパッタリング)=7万2450円/エクセレントナビ G-BOOK mXモデル=19万5300円/ETCビルトインタイプ=1万6905円 拡大

関連キーワード:
マークXトヨタ試乗記

あなたにおすすめの記事