【スペック】全長×全幅×全高=4795×1795×1420mm/ホイールベース=2850mm/車重=1550kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(318ps/6400rpm、38.7kgm/4800rpm)/価格=420万円(テスト車=452万1405円)

トヨタ・マークX 350S “G’s”(FR/6AT)【試乗記】

ドイツ物を思わせる 2013.02.15 試乗記 トヨタ・マークX 350S “G’s”(FR/6AT)【短評】
……452万1405円

専用チューンを施し「走りの味」を追求したという、トヨタのコンプリートカー「マークX G's」。実際に乗ってみたら、どうだった?

外見より中身

「マークX G's」をひと目見た瞬間、佐藤浩市部長の娘さんのことが気になった。オリジナルのマークXは、昔はやんちゃもしたハンサムなお父さんという雰囲気だから、娘さんが助手席に乗っても違和感を覚えなかった。
けれども眉毛をそってコワモテになったマークXに、あの品のよさそうなお嬢さんは乗ってくれるのだろうか。そしてお父さんに失恋の悩みを打ち明けてくれるのだろうか。

てなことをモヤモヤ考えながら乗り込んで、運転席に座った瞬間、モヤモヤが少し晴れた。ステアリングホイールやシフトセレクター、それにシートなどに施されたステッチの鮮やかな赤が、目に飛び込んできたからだ。G's専用の文字盤が白いメーターも新鮮だ。
オリジナルのマークXのインテリアは落ち着いた雰囲気ではあったけれど、落ち着きすぎてお父さんよりおじいちゃんに似合いそうだった。浩市部長のお嬢さんも、インテリアはこっちを支持するのではないか。

順序が逆になってしまったけれど、「G's(ジーズ)」とはトヨタがレース活動で得たノウハウを注ぎ込んだスポーツ仕様。「クルマの楽しさや夢を、より多くの人に楽しんでもらうために生まれたのがG SPORTS(通称G's=ジーズ)です」(オフィシャルHPより)とのことだ。

専用の足まわりの開発にはGAZOO Racingのテストドライバーが関わっており、サスペンションのセッティングだけでなくボディー剛性や空力性能の向上といった根っこの部分まで手が入っている。マークXには2.5リッターV6エンジンを積む「250G“Sパッケージ・G's”」も用意されるけれど、今回試乗したのは3.5リッターV6の「350S“G's”」だ。

いざ走りだして、「ほほーっ」とうなる。

「マークX G's」の内外装、特にフロントまわりには独自のカスタマイズが施される。X型のエンブレムは廃され、グリルやバンパーはオリジナルのものに。
「マークX G's」の内外装、特にフロントまわりには独自のカスタマイズが施される。X型のエンブレムは廃され、グリルやバンパーはオリジナルのものに。
運転席からの眺め。レッドステッチ付きのステアリングホイールやパッド類、白い文字盤のオプティトロンメーターなど独自の装備が目を引く。
運転席からの眺め。レッドステッチ付きのステアリングホイールやパッド類、白い文字盤のオプティトロンメーターなど独自の装備が目を引く。
赤いラインの入った19インチ鍛造アルミホイールも外観の特徴。標準の色はハイグロスブラックだが、ダークスパッタリング仕上げのもの(写真)も7万2450円のメーカーオプションとして用意される。ボディー下端に見える「G's専用ボディーストライプ」は、3万1500円のディーラーオプション。
赤いラインの入った19インチ鍛造アルミホイールも外観の特徴。標準の色はハイグロスブラックだが、ダークスパッタリング仕上げのもの(写真)も7万2450円のメーカーオプションとして用意される。ボディー下端に見える「G's専用ボディーストライプ」は、3万1500円のディーラーオプション。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マークXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース トヨタが5ナンバーセダンの「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装デザインを変更したほか、赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を新採用するなど、安全装備の強化も図っている。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
ホームへ戻る