MINI、2ドアクロスオーバー「ペースマン」を発表

2013.02.13 自動車ニュース
「MINIペースマン」
MINI、2ドアクロスオーバー「ペースマン」を発表

MINI、2ドアクロスオーバー「ペースマン」を発表

BMWジャパンは2013年2月13日、MINIブランド7番目のボディーバリエーションとなる2ドアクロスオーバー「MINI Paceman(ペースマン)」を発表した。同年3月2日に発売する。

「MINIペースマン」は「MINIクロスオーバー」の2ドア版に当たるモデル。BMWは“スポーツアクティビティークーペ”と表現している。
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4120×1785×1530mm(MINIクーパー ペースマンの場合)。4ドアのクロスオーバーよりも全長で15mm長く、全幅で5mm狭く、全高で20mm低い(MINIクーパー クロスオーバーとの比較)。
後端に向けて傾斜したルーフラインや、逆に上昇するショルダーラインの効果により、引き締まった印象のエクステリアは、「多くのクーペモデルに採用されているワイド&ローコンセプトを表現している」(プレスリリース)という。
リアのデザインも「MINIクロスオーバー」とは異なり、水平基調のテールランプを採用する独自のデザインとなっている。

インテリアでは「大人4人が楽しく、ゆったりとくつろげる空間」をテーマに、後席にはラウンジコンセプトを採用。ドリンクホルダーやスマートフォンホルダー、小物入れなどを取り付けることが可能なセンターレールも装備する。

また「MINIクロスオーバー」同様に、4WDシステム「MINI ALL4」を搭載するモデルも用意される。
搭載されるエンジンは、「クーパー」が122psの自然吸気の1.6リッター直4、「クーパーS」と4WDの「クーパーS ALL4」が184psの1.6リッター直4ターボで、いずれのグレードでも6段ATと6段MTが選択できる。

価格は「MINIクーパー ペースマン」の312万円(6段MT)から「MINIクーパーS ペースマン ALL4」の396万円(6段AT)まで。
販売は世界に先駆け、“ミニの日”である、2013年3月2日に開始される。

(文と写真=工藤考浩)

関連記事
  • MINIクーパー ペースマン ALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2014.5.20 試乗記 「MINI ペースマン」に4WDの新グレードが登場。“ちょっと非力”だからこそ味わえるMINIならではの走りとともに、あらためてペースマンの魅力に触れた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • MINIクーパーD ペースマン(FF/6AT)【試乗記】 2015.2.12 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「MINIクーパーD ペースマン」に試乗。強力なトルクと、しっかりストロークするサスペンションが織りなす走りに触れた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • レクサスLC500h 2017.3.16 画像・写真 新世代レクサスの変革を象徴するフラッグシップクーペ「LC」がデビュー。このうち、3.5リッターV6エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドバージョン「レクサスLC500h」の姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る