MINI、2ドアクロスオーバー「ペースマン」を発表

2013.02.13 自動車ニュース
「MINIペースマン」
MINI、2ドアクロスオーバー「ペースマン」を発表

MINI、2ドアクロスオーバー「ペースマン」を発表

BMWジャパンは2013年2月13日、MINIブランド7番目のボディーバリエーションとなる2ドアクロスオーバー「MINI Paceman(ペースマン)」を発表した。同年3月2日に発売する。

「MINIペースマン」は「MINIクロスオーバー」の2ドア版に当たるモデル。BMWは“スポーツアクティビティークーペ”と表現している。
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4120×1785×1530mm(MINIクーパー ペースマンの場合)。4ドアのクロスオーバーよりも全長で15mm長く、全幅で5mm狭く、全高で20mm低い(MINIクーパー クロスオーバーとの比較)。
後端に向けて傾斜したルーフラインや、逆に上昇するショルダーラインの効果により、引き締まった印象のエクステリアは、「多くのクーペモデルに採用されているワイド&ローコンセプトを表現している」(プレスリリース)という。
リアのデザインも「MINIクロスオーバー」とは異なり、水平基調のテールランプを採用する独自のデザインとなっている。

インテリアでは「大人4人が楽しく、ゆったりとくつろげる空間」をテーマに、後席にはラウンジコンセプトを採用。ドリンクホルダーやスマートフォンホルダー、小物入れなどを取り付けることが可能なセンターレールも装備する。

また「MINIクロスオーバー」同様に、4WDシステム「MINI ALL4」を搭載するモデルも用意される。
搭載されるエンジンは、「クーパー」が122psの自然吸気の1.6リッター直4、「クーパーS」と4WDの「クーパーS ALL4」が184psの1.6リッター直4ターボで、いずれのグレードでも6段ATと6段MTが選択できる。

価格は「MINIクーパー ペースマン」の312万円(6段MT)から「MINIクーパーS ペースマン ALL4」の396万円(6段AT)まで。
販売は世界に先駆け、“ミニの日”である、2013年3月2日に開始される。

(文と写真=工藤考浩)

関連キーワード:
MINIペースマンMINI自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD ペースマン(FF/6AT)【試乗記】 2015.2.12 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「MINIクーパーD ペースマン」に試乗。強力なトルクと、しっかりストロークするサスペンションが織りなす走りに触れた。
  • MINIジョンクーパーワークス ペースマン(4WD/6AT)【試乗記】 2013.9.4 試乗記 個性派「MINIペースマン」のハイパワーバージョン、「ジョンクーパーワークス ペースマン」に試乗。その走りは、他のMINIとはどう違う?
  • BMW R nineTアーバンG/S(MR/6MT)【レビュー】 2017.10.7 試乗記 BMWの人気モデル「R nineT」シリーズに、往年の「R80G/S」をほうふつとさせるルックスが特徴の「アーバンG/S」が登場。クラシカルなスタイリングとモダンなメカニズムを融合させたニューモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • プジョー、3列7人乗りSUVの「5008」を発売 2017.9.26 自動車ニュース プジョーが新型SUV「5008」を発売。3列7人乗りのミドルサイズSUVで、エンジンには1.6リッターガソリンターボと2リッターディーゼルターボの2種類を用意。自動緊急ブレーキや前走車追従機能付きクルーズコントロールなどが標準装備される。
ホームへ戻る