MINI、2ドアクロスオーバー「ペースマン」を発表

2013.02.13 自動車ニュース
「MINIペースマン」
MINI、2ドアクロスオーバー「ペースマン」を発表

MINI、2ドアクロスオーバー「ペースマン」を発表

BMWジャパンは2013年2月13日、MINIブランド7番目のボディーバリエーションとなる2ドアクロスオーバー「MINI Paceman(ペースマン)」を発表した。同年3月2日に発売する。

「MINIペースマン」は「MINIクロスオーバー」の2ドア版に当たるモデル。BMWは“スポーツアクティビティークーペ”と表現している。
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4120×1785×1530mm(MINIクーパー ペースマンの場合)。4ドアのクロスオーバーよりも全長で15mm長く、全幅で5mm狭く、全高で20mm低い(MINIクーパー クロスオーバーとの比較)。
後端に向けて傾斜したルーフラインや、逆に上昇するショルダーラインの効果により、引き締まった印象のエクステリアは、「多くのクーペモデルに採用されているワイド&ローコンセプトを表現している」(プレスリリース)という。
リアのデザインも「MINIクロスオーバー」とは異なり、水平基調のテールランプを採用する独自のデザインとなっている。

インテリアでは「大人4人が楽しく、ゆったりとくつろげる空間」をテーマに、後席にはラウンジコンセプトを採用。ドリンクホルダーやスマートフォンホルダー、小物入れなどを取り付けることが可能なセンターレールも装備する。

また「MINIクロスオーバー」同様に、4WDシステム「MINI ALL4」を搭載するモデルも用意される。
搭載されるエンジンは、「クーパー」が122psの自然吸気の1.6リッター直4、「クーパーS」と4WDの「クーパーS ALL4」が184psの1.6リッター直4ターボで、いずれのグレードでも6段ATと6段MTが選択できる。

価格は「MINIクーパー ペースマン」の312万円(6段MT)から「MINIクーパーS ペースマン ALL4」の396万円(6段AT)まで。
販売は世界に先駆け、“ミニの日”である、2013年3月2日に開始される。

(文と写真=工藤考浩)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIペースマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーD ペースマン(FF/6AT)【試乗記】 2015.2.12 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「MINIクーパーD ペースマン」に試乗。強力なトルクと、しっかりストロークするサスペンションが織りなす走りに触れた。
  • MINIクーパー ペースマン(FF/6AT)【試乗記】 2013.3.15 試乗記 MINIクーパー ペースマン(FF/6AT)
    ……410万9000円

    MINIブランド7番目のボディーバリエーションとなる「ペースマン」。SUVクーペという新しいトレンドを取り入れたMINIの最新モデルを試した。
  • MINIジョンクーパーワークス ペースマン(4WD/6AT)【試乗記】 2013.9.4 試乗記 個性派「MINIペースマン」のハイパワーバージョン、「ジョンクーパーワークス ペースマン」に試乗。その走りは、他のMINIとはどう違う?
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
ホームへ戻る