「アウディS3スポーツバック」の新型あらわる

2013.02.13 自動車ニュース

「アウディS3スポーツバック」の新型あらわる

独アウディは2013年2月13日、高性能5ドアハッチバック「アウディS3スポーツバック」の新型を発表した。

アウディの「S3」は、3ドアハッチバック「A3」をベースとするハイパフォーマンスモデル。第3世代となるその新型が2012年9月のパリサロンで公開されたのに続き、今回、5ドアバージョンの「S3スポーツバック」が発表された。

他の最新アウディ車にも通じるデザインのエクステリアは、アルミ調のドアミラーやルーフスポイラー、18インチアルミホイール、4本出しマフラーなどで高性能をアピール。インテリアについても、下部がフラットな形状のステアリングホイールやアルミ製ペダルなど、「Sモデル」らしいアイテムが与えられる。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4324×1785×1404mm。現行車の日本仕様では1450mmある全高こそ低くなったと感じられるものの、これまでの「S3スポーツバック」に比べて大きくは変わらない。

一方、キモとなる2リッター直4ターボエンジンのパフォーマンスは大幅にレベルアップ。先代モデルが256ps/6000rpm、33.7kgm/2400-5200rpmであったのに対し、新型は300hp/5500rpm、38.7kgm/1800-5500rpmを発生。
先代モデルより約70kg軽く仕上げられたボディー(1445kg)やローンチコントロールシステムなどと相まって、0-100km/h加速を5.0秒でこなす(6段Sトロニック仕様車)。
燃費の向上もセリングポイントで、6段Sトロニック車で14.5km/リッター、6段MT車で14.2km/リッター(ともに独アウディ公表値)を実現。先代モデルに比べ、100km走行あたり1.5リッターの燃料を節約できるという。

なお駆動方式は、アウディがクワトロと呼ぶ4WDシステムが採用される。ボタン操作によりドライバー好みの走行モードが選択できる「アウディドライブセレクト」も搭載。刺激的な走りを安全に提供するという。

アウディによれば、デリバリーが始まるのは2013年の9月。欧州市場における価格は、3万9800ユーロ(497万5000円、1ユーロ=125円換算)からとなっている。

(webCG 関)

「アウディS3スポーツバック」
「アウディS3スポーツバック」の新型あらわる
 
「アウディS3スポーツバック」の新型あらわる
 
「アウディS3スポーツバック」の新型あらわる
 
「アウディS3スポーツバック」の新型あらわる

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S3スポーツバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • アウディ、A3/S3などの車両価格を改定 2015.9.1 自動車ニュース アウディ ジャパンは2015年9月1日、「アウディA3スポーツバック/S3スポーツバック/A3セダン/S3セダン」の日本における販売価格を、同日付で改定すると発表した。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI(FF/7AT)【試乗記】 2013.11.26 試乗記 3代目となるアウディのコンパクトハッチバック「A3」に試乗。新たな機能を多数盛り込んだという新型の使い勝手、そして走りは?
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る