「アウディS3スポーツバック」の新型あらわる

2013.02.13 自動車ニュース

「アウディS3スポーツバック」の新型あらわる

独アウディは2013年2月13日、高性能5ドアハッチバック「アウディS3スポーツバック」の新型を発表した。

アウディの「S3」は、3ドアハッチバック「A3」をベースとするハイパフォーマンスモデル。第3世代となるその新型が2012年9月のパリサロンで公開されたのに続き、今回、5ドアバージョンの「S3スポーツバック」が発表された。

他の最新アウディ車にも通じるデザインのエクステリアは、アルミ調のドアミラーやルーフスポイラー、18インチアルミホイール、4本出しマフラーなどで高性能をアピール。インテリアについても、下部がフラットな形状のステアリングホイールやアルミ製ペダルなど、「Sモデル」らしいアイテムが与えられる。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4324×1785×1404mm。現行車の日本仕様では1450mmある全高こそ低くなったと感じられるものの、これまでの「S3スポーツバック」に比べて大きくは変わらない。

一方、キモとなる2リッター直4ターボエンジンのパフォーマンスは大幅にレベルアップ。先代モデルが256ps/6000rpm、33.7kgm/2400-5200rpmであったのに対し、新型は300hp/5500rpm、38.7kgm/1800-5500rpmを発生。
先代モデルより約70kg軽く仕上げられたボディー(1445kg)やローンチコントロールシステムなどと相まって、0-100km/h加速を5.0秒でこなす(6段Sトロニック仕様車)。
燃費の向上もセリングポイントで、6段Sトロニック車で14.5km/リッター、6段MT車で14.2km/リッター(ともに独アウディ公表値)を実現。先代モデルに比べ、100km走行あたり1.5リッターの燃料を節約できるという。

なお駆動方式は、アウディがクワトロと呼ぶ4WDシステムが採用される。ボタン操作によりドライバー好みの走行モードが選択できる「アウディドライブセレクト」も搭載。刺激的な走りを安全に提供するという。

アウディによれば、デリバリーが始まるのは2013年の9月。欧州市場における価格は、3万9800ユーロ(497万5000円、1ユーロ=125円換算)からとなっている。

(webCG 関)

「アウディS3スポーツバック」
「アウディS3スポーツバック」
 
「アウディS3スポーツバック」の新型あらわるの画像
 
「アウディS3スポーツバック」の新型あらわるの画像
 
「アウディS3スポーツバック」の新型あらわるの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S3スポーツバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディ、マイナーチェンジした「A3」を発売 2017.1.26 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年1月26日、マイナーチェンジによりデザインやエンジンのアウトプット、装備の内容を変更した「A3」「S3」を発表し、同日より販売を開始した。
  • アウディS1(4WD/6MT)【試乗記】 2015.1.12 試乗記 コンパクトハッチバック「A1」をベースとする、アウディの小さな高性能車「S1」が登場。1980年代に活躍したラリーマシンの名を冠する、ニューモデルの走りは……? 燃費も含め、試乗の結果を報告する。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • アウディが「Q2」や新型「Q5」「A5」の年内導入を発表 2017.1.26 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年1月26日、東京都内で記者発表会を開催し、2016年の販売実績を報告。「Q2」「Q5」「A5」といった、2017年の新型車導入計画も発表した。
  • アウディS1スポーツバック(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.18 試乗記 「S3」譲りの“ダブルインジェクション”エンジンに、クワトロ4WDシステム、そして4リンク・リアサスペンションと、小さなボディーにアウディのホットなテクノロジーが詰まった「S1/S1スポーツバック」。6段MTを駆使して、路面に231psをたたきつけると……? S1スポーツバックで箱根のワインディングロードに繰り出した。
ホームへ戻る