第283回:『西部警察』から『ニュー・シネマ・パラダイス』まで、まぶたに浮かぶ劇中車たち

2013.02.15 エッセイ

第283回:『西部警察』から『ニュー・シネマ・パラダイス』まで、 まぶたに浮かぶ劇中車たち

課長のクルマは「日産ガゼール」

ボクが少年時代を過ごした1970年代から80年代初頭にかけて、テレビドラマを見る楽しみのひとつに、「劇中車」があった。特に刑事物は大抵、車両協力しているメーカーのものに統一されていた。

最もわかりやすかったのは『西部警察』シリーズだ。協力は日産自動車で、まずは「ガゼール」(S110型)の未発売オープン仕様が登場して、ボクはシビれたものである。その白いガゼールには、当時珍しかった自動車電話が装備されていて、石原裕次郎扮(ふん)する小暮課長が(今では社会通念上使えるシーンではないが)片手で受話器を持ちながら運転している姿が格好よく映ったものだ。
ファンには釈迦(しゃか)に説法であろうが、同番組は他にも「スカイライン」をベースにした「マシンX」をはじめ、さまざまな日産系改造車が登場し、それは回を重ねるごとにエスカレートしていった。

『太陽にほえろ!』は、車両協力のテロップこそ出なかったが、ボクが熱心に見ていた時代、刑事たちの乗るクルマは基本的にトヨタ車で統一されていた。特に印象に残っているのは、5代目「クラウン」の「ピラードハードトップ」である。

上記2番組ほどメジャーではなかったが、草刈正雄と田中邦衛がコンビを組んだ『華麗なる刑事』というドラマもあった。1977年に放映されたこちらは三菱自動車が車両協力を担当していて、劇中で草刈は赤い「ギャランラムダ」に乗っていた。そしてエンディングタイトルでも、「高速道路を、ゆるやかに〜♪」という草刈の歌とともに、ラムダが疾駆する姿が見られてうれしかったものだ。

1979年「日産ガゼール」(S110型)
(写真=日産自動車)
1979年「日産ガゼール」(S110型)
(写真=日産自動車)
1974年「トヨタ・クラウン4ドア ピラードハードトップ スーパーデラックス」
(写真=トヨタ自動車)
1974年「トヨタ・クラウン4ドア ピラードハードトップ スーパーデラックス」
(写真=トヨタ自動車)
初代「三菱ギャランラムダ」
(写真=三菱自動車)
初代「三菱ギャランラムダ」
(写真=三菱自動車)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。