【スペック】全長×全幅×全高=3700×1690×1460mm/ホイールベース=2365mm/車重=1090kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(134ps/6750rpm、16.3kgm/4400rpm)/価格=245万円(テスト車=同じ)

ルノー・トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール(FF/5MT)【試乗記】

個性派ホットハッチのいいところ 2012.09.21 試乗記 ルノー・トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール(FF/5MT)
……245万円
ルノーのホットハッチ「トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール」に試乗。マイナーチェンジを受け、見た目が大きく変わった新型の乗り心地やいかに?

ルノーの新しい顔

世界一長い名前のフレンチホットハッチ「トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジした。のっぺりしたフロントマスクを一新したのが最大の変更点。中央のひし型エンブレムからヘッドライトに向けて翼を延ばしたようなデザインが、今後のルノーの新しい顔になっていくらしい。「日産ジューク」みたい、と言っている人がいた。ま、同じグループですから。

ボディーカラーには、これまでのゴルディーニブルー(ブルーマルトメタリック)のほかに白の新色が登場した。ゴルディーニの名をタンスからひっぱり出してきたのは、あのブルーに塗りたかったからじゃないの!? とも思うが、選択の幅が広がるのはいいことだ。そのかわり、以前はいろいろあったトゥインゴのスポーティーモデルは、ゴルディーニR.S.に一本化された。

試乗車はその新色「ブラン グラシエ(氷河の白)」。ストライプが白になるゴルディーニブルーに対して、こちらの2本線は濃いグレー。ゴルディーニブルーよりシックで、あれほど派手ではないところが長所かもしれない。
ボディーが旧型より大きくなったように見えるのは、膨張色のせいかと思ったが、新型は前後のオーバーハングが延び、全長で9cm長くなった。

このトゥインゴもほかのスポーティールノーと同じく左ハンドルである。スペースに余裕のない小さな左ハンドル車の場合、右ハンドル化するとモンダイが起きることがままある。運転はしづらくなるが、クルマは本国オリジナルのハンドル位置がベストである。左ハンドル/マニュアルの本国仕様で乗れるのは、日本でルノーを選ぶ大きなインセンティブだろう。

ヘッドランプやバンパーに新デザインを採用した新型。新色「ブラン グラシエ」(白)のボディーには、グレーのストライプが施される。もちろんイニシャル「G」入り。
ヘッドランプやバンパーに新デザインを採用した新型。新色「ブラン グラシエ」(白)のボディーには、グレーのストライプが施される。もちろんイニシャル「G」入り。
黒基調のインテリア。ボディーカラーに合わせ、グレー系のアクセントが採用される。新型には、エンジンや加速Gのデータを表示する「R.S.モニター」や、BluetoothやUSBジャックで外部データを取り込めるカーラジオなどが装備される。
黒基調のインテリア。ボディーカラーに合わせ、グレー系のアクセントが採用される。新型には、エンジンや加速Gのデータを表示する「R.S.モニター」や、BluetoothやUSBジャックで外部データを取り込めるカーラジオなどが装備される。
「GORDINI」のロゴ入りシフトノブ。
「GORDINI」のロゴ入りシフトノブ。
新色のブラン グラシエでは、ドアミラーやリアスポイラーがグレーメタルとなる。
新色のブラン グラシエでは、ドアミラーやリアスポイラーがグレーメタルとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥインゴR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る