アルファ・ロメオが新型スポーツカーを発表【ジュネーブショー2013】

2013.02.12 自動車ニュース

【ジュネーブショー2013】アルファ・ロメオが新型スポーツカー「4C」の量産型を発表

伊フィアットは2013年2月12日、ジュネーブモーターショー(会期:2013年3月5日〜3月17日)で、「アルファ・ロメオ 4C」の量産型を公開すると発表した。2011年に発表されたコンセプトモデルに近いかたちでの量産化で、1750cc直4ターボエンジンをキャビン背後に搭載するミドシップレイアウトを採用する。イタリア・モデナにあるマセラティの工場が組み立てを担当し、2013年中の発売を目指す。

■パワーウエイトレシオは4kg/ps未満

スタイリングはアルファ・ロメオ社内のスタイルセンターが担当した。設計にはスーパースポーツカー「8Cコンペティツィオーネ」での経験が生かされており、ボディーやシャシーにはカーボンファイバーやアルミなどの軽量素材が用いられている。
ボディーサイズは全長4.00×全幅2.00×全高1.18mとコンパクト、かつ他に例を見ないユニークな縦横比が特徴。ホイールベースは2.4m以下に抑えて敏しょう性を際立たせる設計にするとともに、過去最高レベルのダウンフォース係数を達成したという。

エンジンは1750ccの直4ターボ。「ジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデ」に使用されているものをベースに専用の吸排気システムなどが与えられており、最高出力は未発表ながらもパワーウエイトレシオは4kg/ps未満とされる。「Alfa TCT」と呼ばれる乾式デュアルクラッチのセミATが組み合わされる。
また、ターボの過給圧や電動パワーステアリングのアシスト力、VDC(横滑り防止装置)などを統合制御する「Alfa Romeo D.N.A.システム」には、サーキットでの走行を目的とした「Race」という新たなモードが加わるという。

8Cコンペティツィオーネと同様に、組み立てはモデナにあるマセラティの工場で行われ、アメリカ市場にも輸出される予定。これが実現すれば、アルファ・ロメオの量産車の実質的なアメリカ復帰となる。

(webCG)

「アルファ・ロメオ 4C」
アルファ・ロメオが新型スポーツカーを発表【ジュネーブショー2013】

アルファ・ロメオが新型スポーツカーを発表【ジュネーブショー2013】

アルファ・ロメオが新型スポーツカーを発表【ジュネーブショー2013】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

4Cの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【試乗記】 2015.8.17 試乗記 アルファ・ロメオのヒストリーにおいて、極めてまれな量産型のMRスポーツカー「4C」に試乗。カーボンを用いた軽量ボディーや専用設計のシャシー、最新のターボエンジンは、どんな走りをもたらすのか? 燃費の上方も、あわせて報告する。
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)【試乗記】 2016.2.25 試乗記 アルファ・ロメオのスポーツカー「4C」に、オープンバージョンの「スパイダー」が登場。フェラーリをはじめ、これまでMRスポーツに乗り継いできた清水草一が、その走りをリポートする。
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【海外試乗記】 2013.10.9 試乗記 ボディーの下にはレーシングカーさながらのカーボン製センターモノコックを隠し、パワー・ウェイト・レシオは3.7kg/ps、0-100km/hをわずか4.5秒で走り切る。しかも、ベースモデルの価格は600万円台!? これまで、こんなイタリアンスーパーカーがあっただろうか。スーパーカー・トゥ・ザ・ピープル! 北イタリアにあるアルファ・ロメオの“聖地”、バロッコ・テストコースからの第一報。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る